アウディ、“マクラーレンを買収してF1参戦”説が再浮上

2022年1月13日
アウディ、“マクラーレンを買収してF1参戦”説が再浮上
アウディが、マクラーレンのモータースポーツ部門と自動車部門を買収し、2026年からF1に参戦するという噂が再熱している。

昨年、アウディがマクラーレンを買収したというニュースが流れたが、少なくともマクラーレンはその報道を否定していた。しかし、新たな噂として、マクラーレンの主要株主の1社であるムムタラカット・ホールディングが、資金繰りに苦しむ自動車メーカーを売却すること検討しており、双方の弁護士が話し合っているとCar Magazineが報じた。

F1代表 「フォルクスワーゲン・グループのF1参戦にとって重要な1カ月」

2022年1月7日
F1代表 「フォルクスワーゲン・グループのF1参戦にとって重要な1カ月」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、1月はフォルクスワーゲン・グループがF1に参戦する決定にとって「重要な1か月」になる可能性があると語る。

フォルクスワーゲン・グループのブランドであるポルシェとアウディは、最近、F1と密接に関連しており、代表者がF1の将来の方向性、特に次世代F1エンジンについての会議に参加している。

アウディ 「来年初めにF1エントリーを確認するのを楽しみにしている」

2021年12月22日
アウディ 「来年初めにF1エントリーを確認するのを楽しみにしている」
アウディが、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリと前FIA会長に宛てた手紙をAutocar が公開。「来年初めにF1エントリーを確認することを楽しみにしている」との文面で締められている。

先週、FIAモータースポーツ評議会は、2026年の次世代F1エンジンの枠組みを発表。現在の1.6リッター V6ターボエンジンという形式は維持されるものの、複雑なMGU-Hは廃止され、電気出力が350kWに増加される。また、パワーユニット開発にもコスト上限が設けられる

アウディ、F1参戦の意向をFIAに文書で通達との報道

2021年12月21日
アウディ、F1参戦の意向をFIAに文書で通達との報道
アウディは、2022年初めにF1参戦の計画を発表する予定であり、F1とFIA(国際自動車連盟)にその以降を文書で伝えたとRaceFansが報じている。

アウディの取締役会会長であるマルクス ドゥスマンと技術開発員会のメンバーであるオリバー・ホフマンは、FIAが2026年のパワーユニットの新しい技術規制で達成した進歩にメーカーが満足していることを示したとしている。

ロス・ブラウン 「アウディ/ポルシェはF1の持続可能性の推進に関心」

2021年12月8日
ロス・ブラウン 「アウディ/ポルシェはF1の持続可能性の推進に関心」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1の持続可能性への探求、世界の環境問題に関する将来の関連性が、アウディとポルシェの両方がF1に参戦することへの関心を生み出す上で重要であると述べた。

F1の利害関係者は、2025年または2026年からF1を前進させるエンジンプラットフォームをまだ定義していない。

F1代表 「VWがF1参戦してドイツのF1人気が再熱することを願う」

2021年12月2日
F1代表 「VWがF1参戦してドイツのF1人気が再熱することを願う」
F1は、グランプリ主催者とより多くの契約を結ぶためにレース開催にローテンションスキームを導入する可能性がある。

2022年にF1は23戦を予定しているが、F1チームはすでにカレンダーは負担の限界にあると主張している。だが、それを回避する一つの方法として、各年で主催地にローテションシステムを導入して、より多くのレース契約を結ぶという方法が検討されている。

ウィリアムズF1 「フォルクスワーゲンが参入するなら喜んで交渉に応じる」

2021年11月30日
ウィリアムズF1 「フォルクスワーゲンが参入するなら喜んで交渉に応じる」
ウィリアムズF1は、フォルクスワーゲン・グループがF1に参戦する可能性を歓迎しており、ドイツのメーカーと交渉することには“オープン”だと語った。

F1は、2026年シーズンに新しいF1エンジンレギュレーションを導入する予定であり、スポーツに新しいメーカーが参入することを目指している。

「フォルクスワーゲンは既存チームと組んでF1参戦するだろう」

2021年11月28日
「フォルクスワーゲンは既存チームと組んでF1参戦するだろう」とウィリアムズF1代表
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、フォルクスワーゲン・グループがコンストラクターとしてF1に参戦する場合、まったく新しいオペレーションではなく、“パートナー”チームを経由することになると考えている。

フォルクスワーゲンは、アウディとポルシェのいずれか、もしくは両方のブランドで、次世代F1エンジンが導入される2026年にF1に参入すると予想されている。

アウディ 「既存F1チームとの戦略的提携について様々なアイデアを検討」

2021年11月18日
アウディ 「既存F1チームとの戦略的提携について様々なアイデアを検討」
アウディは、F1参戦に向けてマクラーレン、レッドブル、ウィリアムズといった既存チームに提携をオファーしているとBloomberg Newsが伝えた。

報道によると、アウディの取締役会はシュツットガルトでの会議を開き、マクラーレンとの「潜在的な取引」を含めた選択肢について話し合ったという。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム