2021年05月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1代表 「ルイス・ハミルトンを倒す以上に刺激的なことはない」

2021年5月29日
レッドブルF1代表 「ルイス・ハミルトンを倒す以上に刺激的なことはない」
メルセデスF1とルイス・ハミルトンは過去10年間、F1でトップに君臨してきた。ハミルトンは“現代F1のキング”と認められており、レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チームが必要するインスピレーションは彼を打ち負かすことだけだと語る。

ルイス・ハミルトンのスタッツは注目に値する。メルセデスF1に移籍して以降、マクラーレン時代に挙げた21勝にさらに77勝を追加し、その過程で6つのF1ワールドチャンピオンを獲得して7回のタイトルを獲得している。

シャルル・ルクレール、次戦F1アゼルバイジャンGPではギアボックスを交換

2021年5月29日
シャルル・ルクレール、次戦F1アゼルバイジャンGPではギアボックスを交換
フェラーリF1は、次戦F1アゼルバイジャンGPでシャルル・ルクレールのマシンのギアボックスを予防措置として新品のものに交換することを決定した。

シャルル・ルクレールは、前戦F1モナコGPでQ3の最初の走行のタイムでポールポジションを獲得したが、最後の走行でクラッシュ。フェラーリF1は、5グリッド降格ペナルティを回避するためにギアボックスを交換しないことを決定した。

マクラーレンF1のランド・ノリス 「ネット住民はクズでナンセンス」

2021年5月29日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「ネット住民はクズでナンセンス」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、ソーシャルメディアの世界で冷静さを失った。

21歳のランド・ノリスは、Twitch でビデオゲームをストリーミングし、300万人を超えるInstagramフォロワーを抱えているなど、新しくインターネット時代を象徴するドライバーとなっている。

しかし、ランド・ノリスは実際にソーシャルメディアは「面倒くさい」と考えている。

レッドブルF1幹部 「フェルスタッペンの成熟度は異なるレベルに達した」

2021年5月29日
レッドブルF1幹部 「フェルスタッペンの成熟度は異なるレベルに達した」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1モナコGPでのマックス・フェルスタッペンの圧勝は、彼が“異なる成熟度”に達したことを証明していると考えている。

マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)の欠場に伴い、日曜日のレースをポールポジションからスタート。そのチャンスを生かし、事実上の一度もリードを譲ることのない完璧にコントオールされたレースでシーズン2勝目を挙げ、ポインリーダに浮上した。

アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅に代えてアルボンを乗せるべき?

2021年5月29日
アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅に代えてアルボンを乗せるべき?
レッドブルF1は、メルセデスとのタイトル争いにおいて少しでもチャンスを増やすために角田裕毅に代えてアレクサンダー・アルボンを起用するべきではないか?オランドの専門サイト racingnews365 が提起した。

レッドブル・ホンダF1は、今シーズンにチャンピオンシップの栄光を手にする可能性が最も高く、F1モナコGPの結果、チームとマックス・フェルスタッペンは両方のチャンピオンシップをリードしている。

MotoGP イタリアGP:F・バニャイアが今季3度目の初日1番手

2021年5月29日
MotoGP イタリアGP:F・バニャイアが今季3度目の初日1番手
2021年のMotoGP 第6戦イタリアGPのフリー走行が5月28日にムジェロ・サーキットで行われ、フランチェスコ・バニャイア(Ducati Lenovo Team)が初日のトップタイムを記録した。

気温25度、路面温度46度のドライコンディションの中、フランチェスコ・バニャイアは1分46秒147で今季4度目のトップタイムをマーク。第3戦ポルトガルGP、第4戦スペインGPに続き、今季3度目の初日総合1番手に進出した。

フェルナンド・アロンソ 「F1はモナコ専用タイヤの開発を検討すべき」

2021年5月29日
フェルナンド・アロンソ 「F1はモナコ専用タイヤの開発を検討すべき」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1モナコGPを盛り上げるために、特別なタイヤや特別なルールの導入を検討した方がいいかもしれないと語る。

現代のF1マシンのサイズとスピード、そして、タイトで曲がりくねったモナコのストリートサーキットのレイアウトの組み合わせの結果、先週末のF1モナコGPは事実上オーバーテイクのない行列のレースとなった。

F1マシン分析:フェラーリF1はなぜモナコで速さを見せたのか?

2021年5月29日
F1マシン分析:フェラーリF1はなぜモナコで速さを見せたのか?
フェラーリF1のF1モナコGPでの速さはサプライズだった。なぜ、フェラーリF1はモナコであれほどの速さを見せたのか。序盤戦のアップデートから紐解いていく。

F1モナコGPの木曜日のフリープラクティスでは、シャルル・ルクレールがトップ、カルロス・サインツが2番手に続いた。フェラーリがセッションでトップタイムを記録してのは2019年のF1ブラジルGP以来となる。

マクラーレンF1、“ガルフカラー”が大好評も「今のところ1回限り」

2021年5月28日
マクラーレンF1、“ガルフカラー”が大好評も「今のところ1回限り」
マクラーレンF1は、先週末のF1モナコGPで纏った“ガルフカラー”が大好評を博したが、今のところ“1回限り”のものだと語る。

マクラーレンF1は、世界3大レースのひとつである伝統のF1モナコGPにパートナーのガルフ・オイルの象徴的なパウダーブルーとオレンジのレトロなデザインを採用し、レースウィークエンド全体で特別なカラーリングで走ることを発表した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 5 | 6 | 7 |...| 74 | 75 | 76 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム