フェルナンド・アロンソ 「F1はモナコ専用タイヤの開発を検討すべき」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1モナコGPを盛り上げるために、特別なタイヤや特別なルールの導入を検討した方がいいかもしれないと語る。

現代のF1マシンのサイズとスピード、そして、タイトで曲がりくねったモナコのストリートサーキットのレイアウトの組み合わせの結果、先週末のF1モナコGPは事実上オーバーテイクのない行列のレースとなった。

「市街地、特にモナコではタイヤが非常に重要だ」とアルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは Soy Motor に語った。

「F1は、他のトラックでは使用しないモナコ用の特別なタイヤを開発することを検討するべきだと思う」

「もしくは、全員に最も柔らかいタイヤを使用することを強制し、硬いタイヤを使用しないようにするとかね。モナコは特別なレースなので、特別なルールを作ることを考える価値があるかもしれない」

F1は、伝説のF1モナコGPを完全に凌駕してしまったと考える人もいるが、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1はモナコでレースを続けるべきだと主張する。

「モナコはF1の代名詞だ」とトト・ヴォルフは語った。

「魅力的でエキサイティングだ。確かにオーバーテイクが少ないトラックのひとつではあるけどね」

「でも、我々がそこにいるべきかどうか私に尋ねられたら、100%イエスと答える。1年で最も重要なグランプリのひとつだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1モナコGP / アルピーヌ