レッドブルF1代表 「ルイス・ハミルトンを倒す以上に刺激的なことはない」
メルセデスF1とルイス・ハミルトンは過去10年間、F1でトップに君臨してきた。ハミルトンは“現代F1のキング”と認められており、レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チームが必要するインスピレーションは彼を打ち負かすことだけだと語る。

ルイス・ハミルトンのスタッツは注目に値する。メルセデスF1に移籍して以降、マクラーレン時代に挙げた21勝にさらに77勝を追加し、その過程で6つのF1ワールドチャンピオンを獲得して7回のタイトルを獲得している。

レッドブルとホンダF1にとって、今年ルイス・ハミルトンを倒してタイトルを獲得することは究極の目標だ。2005年からレッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「ルイス・ハミルトンとレースをすること以上に刺激的なことはないし、それが我々が望んでいることだ」と New York Times にコメント。

「それが最後の最後まで続くことを願っている。それはファンが見たいと思っていることだ。私の神経がそれを受け入れることができるかどうかはわからないが、それは彼らが熱狂しているものだ」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、開幕戦から飛ばしており、勢いは止まっていない。しかし、ルイス・ハミルトンは開幕5戦で運も味方につけて3勝を挙げ、レッドブル・ホンダの挑戦を退けてきた。

しかし、マックス・フェルスタッペンが絶好調のときは、F1モナコGPでルイス・ハミルトンとメルセデスに圧勝していせたように素晴らしい走りを見せる。メルセデスF1にとってモナコは最大の敗北であり、少なくともタイトルバトルのターニングポイントにひとつになる可能性がある。

2021年のレギュレーション変更でレッドブル・ホンダは好スタートを切り、メルセデスは出遅れた。だが、序盤のレースではルイス・ハミルトンがレースで違いを生んできた。

クリスチャン・ホーナーは「我々は強力な冬を過ごした。レギュレーション変更は我々にとってポジティブだった。我々のマシンの弱点のいくつかに対処することができた。それは主に空力であり、このマシンを決定づけるものだ」と説明する。

エンジンパートナーであるホンダF1も今年のパッケージへの貢献に力を注いでおり、ホンダは堂々とF1を去ろうとしている。

「彼らは素晴らしい仕事をした」とクリスチャン・ホーナーは認める。

「それはすべてが一一体になることの組み合わせだ」

メルセデスF1は、アンダードッグを演じようと無駄に試みました、今シーズンは明らかなぐらつきがあったが、それはすぐに消えた。

クリスチャン・ホーナーは、ほとんどの場合と同様に、煙幕にはだまされなかった。

「メルセデスには1つの悪いテストがあったので、メディアには非常に多くの興奮があったが、メルセデス絶対的な力であり、それは彼らが軌道に乗るのは時間の問題だった」

「レース1で、彼らがすでに競争力を持ることがわかった。我々は彼らにプレッシャーをかけ続けるために非常に懸命に努力しているし、それを続けていく。今日まで非常にタイトな戦いになっている」

「今後、我々に合うトラックが出てくるし、メルセデスに合うトラックもある。今年のチャンピオンシップは潮の満ち引きのようなものになると確信している」

ルイス・ハミルトンは、前人未踏の8回のF1ワールドチャンピオン、そして、メルセデスのダブルタイトル8連覇という大記録を目指している。レッドブルが最後にタイトルを獲得のは2013年まで遡る。

「ここ数年で最も拮抗した戦いになっている。そして、マックスは本当に並外れたパフォーマンスをみせている。間違いなく、彼にはチャンピオンシップを勝ち取れるマシンと、我々が自分たちで止めなければ成功を収めることができるチャンピオンシップを勝ち取れるチームがいる」

「最高の状態、もしくは特定の状況でさらに前に行く可能性がある他チームと戦うのは私にとって好ましいシナリオだ。マックスは今まで以上に経験を積んでおり、より多くのレースに勝ち、チャンピオンシップに勝つことに信じられないほど飢えている」

「我々全員が勝利のためにレースをして、戦うためにここにいる。ゲーム開始だ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス