マクラーレンF1のランド・ノリス 「ネット住民はクズでナンセンス」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、ソーシャルメディアの世界で冷静さを失った。

21歳のランド・ノリスは、Twitch でビデオゲームをストリーミングし、300万人を超えるInstagramフォロワーを抱えているなど、新しくインターネット時代を象徴するドライバーとなっている。

しかし、ランド・ノリスは実際にソーシャルメディアは「面倒くさい」と考えている。

「今でも自分がしていることを楽しんでいる。仕事自体にも多くの焦点が当てられている。それがソーシャルメディアから距離を置いた理由だ」とランド・ノリスは Channel 4 に語った.

「まあ、まだやってはいるけど、もう見ることはない。僕にはミニオンがいる。僕のために働いて、僕のふりをしているような人がね。でも、僕はそれらのすべてから距離を置いている。面倒くさい」

実際、ランド・ノリスは、F1モナコGP後にTwitchで何人かのフォロワーと会話で冷静さを失った。ダニエル・リカルドを周回遅れにしたときに手を振ったことを批判されたためだ。

「いつものように、多くの人がまったくのクズでナンセンスな物を作っているように見える」とランド・ノリスはコメント。


「言わせてもらうけど、誰かがブルーフラッグのために僕を抜かせてくれるたび、彼らがちゃんと道を開けてやるべきことをしてくれたときは、僕は手を挙げて感謝を言っている。わかる?」

「マゼピン、シューマッハ、ダニー(リカルド)・・・僕が抜いた人が誰であろうと、彼らが邪魔をしないようにしてくれたら、僕は手を挙げてお礼を言った」

「だから、僕がダニー抜いたときに、僕が何か間違ったことをしたといちいち騒がないでほしい。人々が多くのストーリーを作り上げているのを目にしたので、その点を明確にしてておきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン