エステバン・オコン、燃料流量違反で失格の可能性 / F1アメリカGP

2018年10月22日
F1 エステバン・オコン アメリカGP
エステバン・オコンとフォースインディアは、F1アメリカGPの決勝レース終了直後に燃料流量違反の疑いでスチュワードに召集された。

エステバン・オコンは、F1アメリカGPを8位でフィニッシュ。しかし、レース終了から15分も経たないうちに1周目に燃料流量を違反した疑いでスチュワードから召集された。

ルイス・ハミルトン、2ストップ戦略という決断を疑問視 / F1アメリカGP

2018年10月22日
F1 ルイス・ハミルトン アメリカGP
ルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPの早い段階でメルセデスが2ストップ戦略を選んだことが自分たちの首を絞めることになったと認める。

セバスチャン・ベッテルに8ポイント差をつければタイトル確定という状況でF1アメリカGPを迎えたルイス・ハミルトン。予選ではポールポジションを獲得、ライバルのベッテルは3グリッド降格で5番手スタートとなったが、そのアドバンテージを生かすことはできなかった。

F1アメリカGP 結果:キミ・ライコネンが113戦ぶりの優勝!

2018年10月22日
F1 アメリカGP 結果
2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリカGPの決勝レースが10月21日(日)にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、キミ・ライコネン(フェラーリ)が優勝。また、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が3位、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が4位でフィニッシュし、2018年のドライバーズ選手権争いは次戦メキシコGP以降に持ち越された。

トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが11位、ピエール・ガスリーが14位でフィニッシュした。

F1アメリカGP | 決勝スターティンググリッド

2018年10月22日
F1 アメリカGP
FIA(国際自動車連盟)は、2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリカGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

ペナルティが適用ドライバーは4名。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは、“スペック3”の課題を修正した新しいパワーニットを搭載。ハートレーはさらにギアボックスを交換し、ガスリーが19番グリッド、ハートレーが20番グリッドと最後列に並ぶ。

ルイス・ハミルトン、2018年のF1タイトル獲得の条件 / F1アメリカGP

2018年10月22日
F1 ルイス・ハミルトン アメリカGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPで5度目のタイトル獲得に王手をかけている。

現在、ランキング首位のルイス・ハミルトンは、2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に67ポイント差をつけており、F1アメリカGP終了時にその差を75ポイント以上に広げれば、5度目のF1ワールドチャンピオンが確定。ファン・マヌエル・ファンジオと並んで歴代2位に浮上する。

トロロッソ・ホンダ、空力アップグレードの実戦投入を見送り

2018年10月21日
F1 トロロッソ・ホンダ アメリカGP
トロロッソ・ホンダは、F1アメリカGPの初日のフリー走行でピエール・ガスリーのマシンに投入していた空力アップグレードの実戦投入を見送った。

トロロッソ・ホンダは、今週末のF1アメリカGPに新型フロントウイング、改良版フロアを含めたアップグレード版の空力パッケージを導入。1台分しか用意できなかったため、ピエール・ガスリーのマシンに搭載された。

トロロッソ・ホンダ:F1アメリカGP 予選レポート

2018年10月21日
F1 トロロッソ・ホンダ アメリカGP
トロロッソ・ホンダは、F1アメリカGPの予選Q1でピエール・ガスリーが7番手タイムをマーク。パワーユニット(PU)交換のペナルティーにより、ブレンドン・ハートレーとともに2台は決勝で最後列から上位進出に挑む。

第18戦アメリカGPは2日目を迎え、P3と予選が行われた。前日までの雨は上がり、空は厚い雲に覆われているものの、降雨の確率は低い予報で一日が始まった。

F1 アメリカGP 予選 | トップ10ドライバーコメント

2018年10月21日
F1 アメリカGP 予選
2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリカGPの予選が10月20日(土)にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。コースレコードを更新する1分32秒237をマークし、今シーズン9回目、通算81回目のポールポジションを獲得し、5度目のチャンピオン獲得にむけて絶好のポジションを手に入れた。

カルロス・サインツ 「間違って変更ボタンを押してしまった」

2018年10月21日
F1 カルロス・サインツ アメリカGP
ルノーのカルロス・サインツは、F1アメリカGPの予選を11番手で終えた。

「今日は励みになったし、再び戦いに混ざれたのは良いニュースだ。残念ながら、Q2から0.002秒足りなかった。間違ってステアリングホイールの変更ボタンを押してしまって、最終コーナーでコンマ2秒くらい失ってしまった」とカルロス・サインツはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム