マリオ・アンドレッティ、アメリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行

2022年5月14日
マリオ・アンドレッティ、アメリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、1978年のF1ワールドチャンピオンであるマリオ・アンドレッティが、今年のアマリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行を行うことを明らかにした。

先週末のマイアミGPで、デビッド・ベッカム、マイケル・ジョーダン、元ファーストレディのミシェル・オバマなど多くの有名人とともに参加したマリオ・アンドレッティは、オースティンでのアメリカGPで前世代のF1マシンをドライブする。

「インディカーにとってアメリカでのF1人気は脅威」とアレクサンダー・ロッシ

2022年5月5日
「インディカーにとってアメリカでのF1人気は脅威」とアレクサンダー・ロッシ
元F1ドライバーのアレクサンダー・ロッシは、アメリカでのレースが2つとなり、2023年には3つになることから、F1がアメリカでのインディカーの人気に関して真の脅威だと認める。

今週末、F1はマイアミに向かい、NFLのマイアミ・ドルフィンズの本拠地であるハードロックスタジアムがあるマイアミ・ガーデンズでグランプリを開催する。

インディカー代表 「F1のアメリカ進出を脅威とは捉えていない」

2022年4月12日
インディカー代表 「F1のアメリカ進出を脅威とは捉えていない」
インディカーとインディアナポリスのオーナーであるロジャー・ペンスクーは、F1のアメリカ市場への拡大を脅威だとは捉えていないいないと語る。

アメリカは豊かなレースの伝統と現在の影響力を持つ国であり、F1が今シーズン、アメリカで2つ目の新しいレースとなるF1マイアミGPを主催することは理にかなっている。5月にF1は新しいマイアミ・インターナショナル・オートドロームに向う。ハードロックスタジアムの周りに建設された半常設3.36マイルのトラックには19のコーナーが備えられる。

「F1ラスベガスGPの追加でアメリカ市場が希薄化することはない」

2022年4月6日
「F1ラスベガスGPの追加でアメリカ市場が希薄化することはない」とステファノ・ドメニカリ
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、F1ラスベガスGPの追加がアメリカ市場を希薄化することを懸念していないと語る。

ステファノ・ドメニカリは、今後のシーズンでF1カレンダーをシェイクアップする意欲を秘密にしておらず、2023年にF1ラスベガスGPがデビューすることを発表したことは、それを裏付けている。

F1アメリカGP、COTAでの開催契約を2026年まで5年間延長

2022年2月21日
F1アメリカGP、COTAでの開催契約を2026年まで5年間延長
F1は、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)とのF1アメリカGPの開催契約を2026年まで5年間延長したことを発表した。

テクサス州オースティンに位置し、シルバーストンやイスタンブールパークなどのファンに人気のあるサーキットを組み合わせたティルケ製サーキットであるCOTAは、2012年にF1カレンダーに加わって以来、常に存在している。

F1:2023年にラスベガスでアメリカ第3のグランプリ開催に向けて交渉

2022年1月31日
F1:2023年にラスベガスでアメリカ第3のグランプリ開催に向けて交渉
F1は、2023年にラスベガスにグランプリをもたらすために交渉している。実現すれば、F1カレンダーで第3の米国レースとなる。

Sports Business Journalによると、ラスベガスでのグランプリ開催は2022年前半に発表が行われる可能性があるという。イベントにゴーサインが出た場合、ナイトレースとして有名なネバダシティの鮮やかな光の下で開催されるという。

F1アメリカGP:サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、再舗装でバンプ解消

2022年1月26日
F1アメリカGP:サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、再舗装でバンプ解消
F1アメリカGPを開催するサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)は、最近の主要なイベントを悩ませてきたバンプを解消するためにトラックの一部セクションを再舗装した。

COTAは、2012年から稼働しており、F1アメリカGPおよびMotoGPのアメリカGPの開催地となっているがが、定期的に問題が発生している。

F1、グリッドウォークの有名人のボディガードを制限する“ブランドル条項”

2021年11月10日
F1、グリッドウォークの有名人のボディガードを制限する“ブランドル条項”
F1は、ラッパーのミーガン・ジー・スタリオンの側近とマーティン・ブランドルとの一件を受け、F1グリッドへのボディガードのアクセスを制限するようだ。

新型コロナウイルスの制限が緩和され、F1アメリカGPではグリッドウォークが復活。元F1ドライバーでベテラン専門家であるマーティン・ブランドルは、2年ぶりにSky Sports F1のレポーターとして視聴者にグリッドウォークを届けた。

【動画】 F1ドライバーがフリースロー対決 / F1アメリカGP

2021年11月2日
【動画】 F1ドライバーがフリースロー対決 / F1アメリカGP
F1アメリカGPの週末、F1はNBAの75周年を記念して共同プロモーションを実施。F1ドライバーがフリースロー対決を行った。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズのパドック内に建設されたNBAの75周年をテーマにしたバスケットボールハーフコートでのF1ドライバーによるフリースロー対決が実施された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム