フェルナンド・アロンソにペナルティ裁定のF1スチュワードに誹謗中傷

2022年10月29日
フェルナンド・アロンソにペナルティ裁定のF1スチュワードに誹謗中傷
フェルナンド・アロンソのF1アメリカGPでのペナルティを巡ってFIA(国際自動車連盟)のF1レーススチュワードのシルビア・ベロットに誹謗中傷が起こり、アロンソ自身とアルピーヌF1チームが非難した。

フェルナンド・アロンソは、ランス・ストロールとの激しいクラッシュにも関わらず、レースを7位でフィニッシュした後、30秒ペナルティを科せられていた。

フェルナンド・アロンソのペナルティが撤回 F1アメリカGPの7位が確定

2022年10月28日
フェルナンド・アロンソのペナルティが撤回 F1アメリカGPの7位が確定
フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPの7位を取り戻した。FIA(国際自動車連盟)の決定に対するアルピーヌF1チームの抗議は、一度は却下されたものの、再審によって覆された。

フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPを7位でフィニッシュしていたが、ランス・ストロールとの接触でミラーが外れた状態で走行。今シーズン、損傷した車で3回のブラック&オレンジ フラッグを提示されていたハースF1チームは抗議した。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンの勝利はまるで追悼レースの台本」

2022年10月27日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンの勝利はまるで追悼レースの台本」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年のコンストラクターズタイトルを獲得することになったF1アメリカGPでの勝利は、故ディートリッヒ・マテシッツを追悼するための「台本のよう」に感じたと語った。

このダブルの成功は、レッドブルの創業者兼共同オーナーのディートリッヒ・マテシッツが亡くなった翌日にもたらされたものであり、クリスチャン・ホーナーが示唆した出来事により、マックス・フェルスタッペンは勝利への決意をさらに強くした。

ジェンソン・バトン、ベッテルに魅了される「これまで見た最高のムーブ」

2022年10月27日
元F1王者ジェンソン・バトン、ベッテルに魅了される「これまで見た最高のムーブ」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、F1アメリカGPのファイナルラップでセバスチャン・ベッテルが見せたケビン・マグヌッセンのアウトサイドから“勇敢”なオーバーテイクは、今季限りでF1から引退するバッテルが「依然として偉大なレーサー」であることを証明したと語った。

セバスチャン・ベッテルは、先週末のサーキット・オブ・ジ・アメリカズでのレースで力強い第2スティントを享受し、最後のピットストップの2周前までレースをリードしていた。

フェラーリF1首脳 「レッドブルの直線スピードは優れたプロテクション」

2022年10月26日
フェラーリF1首脳 「レッドブルの直線スピードは優れたプロテクション」
スクーデリア・フェラーリのスポーティングディレクターを務めるローラン・メキーズは、レッドブルの現在の直線速度のアドバンテージは、他チームよりも「非常に優れたプロテクション」を提供していると語る。

レッドブル・レーシングは、F1アメリカGPでマックス・フェルスタッペン優勝、セルジオ・ペレス4位という結果により、2013年以来となるF1コンストラクターズチャンピオンシップを獲得した。

フェルナンド・アロンソ 「抗議の結果は今後F1が向かう方向性を決定づける」

2022年10月26日
フェルナンド・アロンソ 「抗議の結果は今後F1が向かう方向性を決定づける」
フェルナンド・アロンソは、FIA(国際自動車連盟)のF1スチュワードが、F1アメリカGP後のアルピーヌF1チームの抗議について下す決断が、今後F1が向う「方向性」を決定づけるだろうと語る。

フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPのレース後、ハースF1チームから抗議を受け、FIAスチュワードはアロンソの車が危険な状態で走っていたとして10秒のストップ アンド ゴー ペナルティ=30秒加算ペナルティを科した。

数字で見るF1アメリカGP:フェルスタッペンが年間最多記録タイ13勝目

2022年10月26日
数字で見るF1アメリカGP:フェルスタッペンが年間最多記録タイ13勝目
レッドブルにとって感動的なF1アメリカGPの週末は、ダブルタイトルで最高潮に達した。

マックス・フェルスタッペンが素晴らしい激闘の末にアメリカGP決勝を制し、レッドブル・レーシングにとって5回目のF1コンストラクターズチャンピオンを確定させた。セルジオ・ペレスも4位入賞を果たし、チームの大量ポイント獲得に貢献した。

ダリオ・フランキッティ 「ストロールのような動きはいつか誰かを殺す」

2022年10月25日
ダリオ・フランキッティ 「ストロールのような動きはいつか誰かを殺す」 / F1アメリカGP
元インディカードライバーのダリオ・フランキッティは、FIA(国際自動車連盟)に対し、F1アメリカGPでのランス・ストロールのようにドライバーがストレートで移動するのを止めるための変更を実施するよう求めており、そうしなければ、いつかドライバーが「誰かを殺す」ことにだろうと述べた。

フェルナンド・アロンソとランス・ストロールは、日曜日のF1アメリカGPの22 周目に大きな事故に巻き込まれた。

アルファタウリF1 「角田裕毅はハードタイヤに少し苦しんでしまった」

2022年10月25日
アルファタウリF1 「角田裕毅はハードタイヤに少し苦しんでしまった」 / アメリカGP
スクーデリア・アルファタウリのF1テクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1アメリカGPの決勝を振り返った。

F1アメリカGPでは、角田裕毅が19番手から挽回して10位でフィニッシュして13戦ぶりの入賞。ピエール・ガスリーは、序盤をポイント圏内で戦っていたが、2つのペナルティによって14位に分類された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム