F1、グリッドウォークの有名人のボディガードを制限する“ブランドル条項”

2021年11月10日
F1、グリッドウォークの有名人のボディガードを制限する“ブランドル条項”
F1は、ラッパーのミーガン・ジー・スタリオンの側近とマーティン・ブランドルとの一件を受け、F1グリッドへのボディガードのアクセスを制限するようだ。

新型コロナウイルスの制限が緩和され、F1アメリカGPではグリッドウォークが復活。元F1ドライバーでベテラン専門家であるマーティン・ブランドルは、2年ぶりにSky Sports F1のレポーターとして視聴者にグリッドウォークを届けた。

【動画】 F1ドライバーがフリースロー対決 / F1アメリカGP

2021年11月2日
【動画】 F1ドライバーがフリースロー対決 / F1アメリカGP
F1アメリカGPの週末、F1はNBAの75周年を記念して共同プロモーションを実施。F1ドライバーがフリースロー対決を行った。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズのパドック内に建設されたNBAの75周年をテーマにしたバスケットボールハーフコートでのF1ドライバーによるフリースロー対決が実施された。

ロス・ブラウン 「アメリカでのF1人気の急騰は2レース以上を正当化」

2021年10月30日
ロス・ブラウン 「アメリカでのF1人気の急騰は2レース以上を正当化」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、先週末のF1アメリカGPのチケットがソールドアウトとなり、ファンのエンゲージメントが高まっている状況は、アメリカで2つのレース、そらにはそれ以上のレースを開催することを“快適”に正当化していると語る。

先週末のF1アメリカGPの週末には延べ40万人の観客がサーキット・オブ・ジ・アメリカズを訪れ、F1を観戦した。

角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」

2021年10月30日
角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」 アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1アメリカGPはこれまでのルーキーシーズンのベストレースだったと考えている。

F1アメリカGPで、角田裕毅は、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンの各チームの8台に次ぐ9位でフィニッシュ。予選を10番手で終えた角田裕毅は、カルロス・サインツとともに不利なソフトタイヤでスタートした2人のドライバーのうちの1人だった。

マックス・フェルスタッペン、失神寸前で掴んだF1アメリカGPの勝利

2021年10月29日
マックス・フェルスタッペン、失神寸前で掴んだF1アメリカGPの勝利
F1アメリカGPでの勝利を挙げたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、レース中に体調に苦しんでいたことが明かされた。

チームメイトのセルジオ・ペレスは、胃の不調と1周目からのドリンクシステムの故障によって56周のF1アメリカGPのレースで脱水症状に苦しんでいたことがすでに知られている。

マックス・フェルスタッペン 「F1アメリカGPの勝利は大きなボーナス」

2021年10月29日
マックス・フェルスタッペン 「F1アメリカGPの勝利は大きなボーナス」 レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、山場を迎えているタイトル争いは“簡単にポイントを失う可能性がある”と感じており、F1アメリカGPでのチャンピオンシオップでリードを拡大できたのは「大きなボーナス」だと語る。

ルイス・ハミルトンが5勝を挙げているのに対し、一度しか表彰台を獲得できてなかったサーキット・オブ・ジ・アメリカズで、マックス・フェルスタッペンは下馬評を覆すサプライズな勝利を挙げた。

アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソのリアウイング故障の原因を調査

2021年10月29日
アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソのリアウイング故障の原因を調査
F1アメリカGPでダブルリタイアを喫したアルピーヌF1は、特にフェルナンド・アロンソのリタイアに繋がったリアウイングの故障について調査を進めている。

F1アメリカGPでは、フェルナンド・アロンソがPU交換ペナルティによって19番グリッドに降格した一方で、エステバン・オコンは11番グリッドからのスタートだったため、少なくとも1人のドライバーがポイントを獲得することを期待していた。

ミック・シューマッハ、レッドブルF1の苦情に反論「消えることはできない」

2021年10月29日
ミック・シューマッハ、レッドブルF1の苦情に反論「消えることはできない」
ハースF1のミック・シューマッハは、F1アメリカGPで優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に与えた影響についての自身の見解を語った。

レースの終了間際。マックス・フェルスタッペンよりも8周フレッシュなタイヤを履いたルイス・ハミルトンは、その差を縮めていく過程で、周回遅れのミック・シューマッハに出くわした。

F1:マーティン・ブランドルが自虐「セレブに無視されて有名人になれた」

2021年10月28日
F1:マーティン・ブランドルが自虐「セレブに無視されて有名人になれた」
元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、F1アメリカGPのグリッドウォークでのミーガン・ジー・スタリオンと騒動によってアメリカで突然注目を集めたことを自虐を交えてユーモラスに表現した。

新型コロナウイルスの制限緩和を受け、マーティン・ブランドルは、2年ぶりにSky Sports F1のレポーターとして視聴者にグリッドウォークを届けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム