カルロス・サインツ 「ペナルティを科せられた理由がまだ理解できない」

2018年10月22日
F1 カルロス・サインツ アメリカGP
ルノーのカルロス・サンツは、F1アメリカGPの決勝レースを7位でフィニッシュ。結果には満足しているとしつつも、オープニングラップでのコースを外れたことに対して科せられた5秒加算ペナルティに不満を述べた。

「全体的に週末の終わり方としては満足している。チームにとって非常の良い結果だし、まさに僕たちが必要としていた結果だ。ここで6位と7位でフィニッシュできたことで多くのポイントを得ることができたし、素晴らしいチーム努力をお祝いしたい」とカルロス・サインツはコメント。

失格のケビン・マグヌッセン 「0.1kgも燃料を使いすぎてしまったよ!」

2018年10月22日
F1 ケビン・マグヌッセン アメリカGP
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1アメリカGPの決勝レースで失格処分を科せられたあと、自身のTwitterでF1の燃料レギュレーションを皮肉った。

12番グリッドからスタートしたケビン・マグヌッセンは、F1アメリカGPを9位でチェッカーを受けたが、レギュレーションで定められているレース全体の燃料使用量の上限である105kgを上回ったことで失格処分を科せられた。

エステバン・オコン、8位フィニッシュも燃料流量違反で失格

2018年10月22日
F1 エステバン・オコン アメリカGP
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1アメリカGPの決勝をレースを8位でフィニッシュ。しかし、レース後、オープニングラップで燃料流量の100kg/hの制限を超過したことにより失格処分となった。

「困難な1周目の後、厳しいレースだった。後ろのクルマが大きなリスクを冒したことでスタートでいくつか順位を失った。僕の意見ではリスクがあまりに大きかったので、彼を先に行かせることに決めた」とエステバン・オコンはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「マクラーレンとの接触でダメージを負った」

2018年10月22日
F1 セルゲイ・シロトキン アメリカGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1アメリカGPの決勝レースを13位で終えた。

「タフなレースだった。とても良いスタートを切って、かなり多くのポジションを稼ぐことができた。1周目のマクラーレンとのインシデントでフロアの右側にダメージを負ったけど、汚れた空気のなかにいてもまったく問題なかった。コース上で多くことが起こっていた」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

ケビン・マグヌッセン、9位フィニッシュも燃料使用量違反で失格

2018年10月22日
F1 ケビン・マグヌッセン アメリカGP
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1アメリカGPの決勝レースを9位でフィニッシュ。しかし、レース全体での燃料使用量105kgを超過したとして失格となった。

「安定したレースだったと思う。クルマはとてもいい感じだった。僕たちには良いペースがあったし、フォースインディア勢にプレッシャーをかけることができた」とケビン・マグヌッセンはコメント。

マーカス・エリクソン、繰り上げ10位も「元々の結果には満足していない」

2018年10月22日
F1 マーカス・エリクソン アメリカGP
ザウバーのマーカス・エリクソンは、F1アメリカGPの決勝レースを12位でフィニッシュ。上位2台が失格となったことで10位に繰り上がり1ポイントを獲得した。

「まずまずのレースだった。最も硬いコンパウンドでスタートするのは大変だったし、ライバルにチャレンジするのが難しくなった」とマーカス・エリクソンはコメント。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ルノー加入以来のベストチームリザルト」

2018年10月22日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ アメリカGP
ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、F1アメリカGPの決勝を6位でフィニッシュ。チームメイトのカルロス・サインツも7位でフィニッシュしてチームとして14ポイントを獲得した。

「今日は僕がルノーに加入して以来のベストチームリザルトだし、嬉しく思っている。チームに関わる全員がとても良い仕事をした結果だ」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

バルテリ・ボッタス 「今日の僕たちはとにかくペースが足りなかった」

2018年10月22日
F1 バルテリ・ボッタス アメリカGP
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1アメリカGPの決勝レースを5位でフィニッシュした。

「難しい午後になることは覚悟してレースに臨んだ。昨日、フェラーリはとても速そうだったし、ドライでの走行が限られていたので疑問符がたくさんあったし、セットアップとタイヤを予測するのはとても難しかった」とバルテリ・ボッタスはコメント。

ストフェル・バンドーン 「僕たちにとって最大限の結果だった」

2018年10月22日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、F1アメリカGPの決勝レースを13位でフィニッシュ。上位2台が失格となったことで最終リザルトは11位となった。

「最終的に今日のリザルトはそれほど悪くはなかった。特にこのような状況ではね。周りはいろいろと修羅場だったけど、僕たちはまずまずのスタートが切れた。1周目では右も左も中央も接触があったし、理想的ではなかった」とストフェル・バンドーンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム