マックス・フェルスタッペン 「予想よりもはるかに良い結果」

2018年10月22日
F1 マックス・フェルスタッペン アメリカGP
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPの決勝レースを18番グリッドからスタートして2位表彰台でフィニッシュした。

「今日は予想よりもはるかにうまくいったと言って間違いない。1周目にトラブルを避けることができたし、僕のクルマのペースは本当に強かったので順位を上げていくことができた」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

ルイス・ハミルトン 「リスクを冒さずに3位フィニッシュを選んだ」

2018年10月22日
F1 ルイス・ハミルトン アメリカGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPの決勝レースで3位表彰台を獲得した。

ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンだが、スタートでキミ・ライコネンに先行を許す。メルセデスはバーチャルセーフティカー出動時の11周目にピットインして2ストップ戦略を選択するが機能せず、ハミルトンは3位でフィニッシュ。

セバスチャン・ベッテル 「チームを失望させてしまった」 / F1アメリカGP

2018年10月22日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、F1アメリカGPの決勝レースを4位でフィニッシュした。

5番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、オープニングラップに4番手を争っていたダニエル・リカルドと接触してスピン。15番手まで後退するも、そこから挽回して4位でフィニッシュ。ルイス・ハミルトンが3位でフィニッシュしたことで、ハミルトンのタイトル確定を次戦以降まで延ばした。

トロロッソ・ホンダ 「チームにとって貴重な2ポイント」 / F1アメリカGP

2018年10月22日
トロロッソ・ホンダ F1 アメリカGP
トロロッソのチーム代表フランツ・トストが、F1アメリカGPの決勝レースを振り返った。

トロロッソ・ホンダの2台は、パワーユニット交換によるペナルティでピエール・ガスリーが19番手、ブレンドン・ハートレーが20番手からレースをスタート。1周目にハートレーが12番手、ガスリーは14番手まで順位を上げる。

ホンダF1 「パッケージとしてあと一歩実力が足りていなかった」

2018年10月22日
F1 ホンダF1 アメリカGP
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、F1アメリカGPでのトロロッソ・ホンダの戦いを振り返った。

パワーユニットやギアボックス交換のペナルティによって、ピエール・ガスリーが19番手、ブレンドン・ハートレーが20番手からともにスーパーソフトでレースをスタート。

ピエール・ガスリー 「デブリを拾ってダメージを負ってしまった」

2018年10月22日
F1 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アメリカGPの決勝レースを14位でフィニシュした。

パワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティで19番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、バーチャルセーフティカー導入時にピットストップを行ってソフトタイヤに交換、最終スティントをウルトラソフトで行く2ストップ戦略を敢行した。

ブレンドン・ハートレー、繰り上げ9位 「本当に満足している」

2018年10月22日
F1 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1アメリカGPの決勝レースを11位でフィニッシュ。レース後、上位の2台が失格処分となったことから9位に繰り上がり、今季3度目の入賞を果たした。

最後尾20番グリッドからスーパーソフトタイヤでスタートしたブレンドン・ハートレーは、オープニングラップで8つポジションを上げて12番手を走行。8番手を走行していた27周目にピットインしてソフトタイヤに交換する。

【動画】 F1アメリカGP 決勝レース ハイライト

2018年10月22日
F1 2018年 アメリカGP 決勝 動画
2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリカGPの決勝レースが10月21日(日)にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。

ここまで天候が優れなかったオースティンだったが、決勝日は快晴。気温20.9℃、路面温度29.2℃のドライコンディションで56周のレースはスタートした。

F1アメリカGP | エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが失格

2018年10月22日
F1 エステバン・オコン ケビン・マグヌッセン アメリカGP
F1アメリカGPの決勝リザルトからフォースインディアのエステバン・オコンとハースのケビン・マグヌッセンが失格処分となった。

8位でフィニッシュしていたエステバン・オコンは、オープニングラップで燃料流量の100kg/hの制限を超過したことにより失格処分となった。また、9位でフィニッシュしていたケビン・マグヌッセンは、レース全体での燃料使用量105kgを超過したとして同じく失格処分が下された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム