アレクサンダー・アルボン 「ミッドフィールドはイライラするほど拮抗」

2022年4月17日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「ミッドフィールドはイライラするほど拮抗」
アレクサンダー・アルボンは、2022年のミッドフィールドの戦いが「イライラするほど拮抗」していることで、ウィリアムズF1チームが一貫してそのバトルに加わることを困難にしていると認める。

F1オーストラリアGPで、アレクサンダー・アルボンは58周のレースの57周を同じハードタイヤで走行するという大胆な戦略を成功させて10位でフィニッシュ。ウィリアムズF1チームに今シーズン初ポイントをもたらした。

アレクサンダー・アルボン 「すべてのセッションをC2タイヤでやるべき!」

2022年4月11日
アレクサンダー・アルボン 「すべてのセッションをC2タイヤでやるべき!」 / ウィリアムズ F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリでほぼレースディスタンスをハードタイヤ(C2)で走り切り、ピレリのC2コンパンヅを称賛した。

C2はオーストラリアグランプリで最も硬いコンパウンドであり、予選失格となって最後尾スタートとなったアレクサンダー・アルボンはそのタイヤを使用することを選択。その戦略が奏功した。

アレクサンダー・アルボン、ほぼタイヤ無交換作戦で最後尾から10位入賞

2022年4月10日
アレクサンダー・アルボン、ほぼタイヤ無交換作戦で最後尾から10位入賞 / ウィリアムズ F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの決勝レースで10位入賞を果たした。

予選で1リットルの燃料サンプルを提出できなかったことで失格となったアレクサンダー・アルボンは最後尾からスタート。そこからハードタイヤで58周のうち57周を走って7番手まで浮上。

アレクサンダー・アルボン、燃料サンプル不足で予選失格

2022年4月9日
アレクサンダー・アルボン、燃料サンプル不足で予選失格 / F1オーストラリアGP
アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズF1)は、チームがFW44から十分な燃料サンプルをFIA(国際自動車連盟)に提出できなかったことからF1オーストラリアGPの予選結果から失格となった。

アレクサンダー・アルボンは、F1オーストラリアGPの予選で16番手を獲得していた。しかし、予選Q1後にコース上でストップ。マシンをピットに押し戻し、その間はQ2のスタートが遅れた。

アレクサンダー・アルボン 「FW44は正しいウィンドウに入れば良い車」

2022年4月3日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「FW44は正しいウィンドウに入れば良い車」
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1マシンであるFW44が、セットアップのスイートスポットにあっている場合には予選とレースで競争力を発揮できるマシンだと信じている。

ウィリアムズF1は、オープニング2レースでグリッドで最も遅いマシンの一台であり、特に予選ではアストンマーティンF1チームと最下位争いを演じた。

アレクサンダー・アルボン、ストロールとの接触で次戦3グリッド降格

2022年3月28日
アレクサンダー・アルボン、ストロールとの接触で次戦3グリッド降格 / F1サウジアラビアGP決勝
ウィリアムズF1チームのアレクサンダー・アルボンは、サウジアラビアグランプリでのランス・ストロールとの接触を引き起こしたとして、次戦オーストラリアグランプリで3グリッド降格ペナルティを科された。

サウジアラビアグランプリの48周目、ランス・ストロールと11位を争っていたアレクサンダー・アルボンは、ターン1でインサイドにもぐりこんだ。だが、ストロールを完全に並んでコーナーに入ることができんかったアルボンは、右フロントタイヤをストロールのサイドポッドにヒットさせ、リムが外れてリタイアした。

アレクサンダー・アルボン、シューマッハへの走行妨害で戒告処分

2022年3月26日
アレクサンダー・アルボン、シューマッハへの走行妨害で戒告処分 / F1サウジアラビアGP
アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)は、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリのフリー走行1回目にミック・シューマッハ(ハースF1チーム)の走行を妨害したとして戒告処分を受けた。

ミック・シューマッハは、ファストラップ中にジェッダ・コーニッシュ・サーキットのターン8とターン8でアクレサンダー・アルボンにブロックされた。

アレクサンダー・アルボン 「セーフティカーの新ルールは見直しが必要」

2022年3月25日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「セーフティカーの新ルールは見直しが必要」
ウィリアムズのアレクサンダー・アルボンは、周回遅れ車両がラップを取り戻すために“1周”しか与えられない新しいF1のセーフティカールールの完全性を疑問視している。

昨年の最終戦アブダビグランプリで、8台すべてではなく、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間の5台だけが周回遅れの解消を許可するというマイケル・マシの決定が物議を醸したことを受け、F1は2022年シーズンに先立ってルールを微調整した。

アレクサンダー・アルボン 「新車の実力はバンピーなトラックで明らかになる」

2022年3月7日
F1:アレクサンダー・アルボン 「新車の実力はバンピーなトラックで明らかになる」
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、路面がパンピーだったり、縁石の使用に依存しているトラックで初めて各チームが2022年F1マシンで新しいレギュレーションにどれだけうまく適応しているかが示されると考えている。

2022年のF1プレシーズンテストは、カレンダーの中でもスムーズなサーキットとして知られるバルセロナとバーレーンで行われる。最初のテストでは多くのF1チームが新しいグラウンドエフェクトカーでポーポイズ現象に苦労した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム