アルボン F1デビューの転機となったヘルムート・マルコへの電話

2024年1月31日
アレクサンダー・アルボン F1デビューの転機となったヘルムート・マルコへの電話
アレクサンダー・アルボンは、レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコのおかげで、驚くべきことにF1初参戦のチャンスをつかんだことを明かした。

2018年のF2選手権を3位で終えたアルボンの最も近いライバルであるジョージ・ラッセルとランド・ノリスは、それぞれ1位と2位でキャンペーンを終えていたが、それぞれがすぐに2019年のF1シートを獲得した。

ウィリアムズF1代表 “政治とは無縁”のアレクサンダー・アルボンを称賛

2024年1月27日
ウィリアムズF1代表 “政治とは無縁”のアレクサンダー・アルボンを称賛
ウィリアムズ・レーシングのチーム代表であるジェームス・ボウルズは、アレクサンダー・アルボンのレースに対する「政治とは無縁」の姿勢を称賛し、ドライバーが今後数年間でさらに向上することを支援した。

アルボンは昨季、ウィリアムズが獲得した28ポイントのうち、1ポイントを除くすべてのポイントを獲得し、コンストラクターズ選手権で7位に食い込んだ。

フェラーリF1 カルロス・サインツJr.の理想の後任はアルボン?

2024年1月25日
フェラーリF1 カルロス・サインツJr.の理想の後任はアルボン?
スクーデリア・フェラーリとフレデリック・バスールは、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツの契約が年末に終了する中、2026年のF1ルール変更に先立って重要な決断を迫られている。

噂を信じるなら、フェラーリはシャルル・ルクレールとの契約延長発表に非常に近づいている。ルクレールにはマックス・フェルスタッペンのような一貫性はまだないが、生のパフォーマンスでは間違いなくF1で彼より速いドライバーはいない。ルクレールはフェラーリ一筋のドライバーであり、彼と新たな契約を結ぶことは非常に理にかなっている。

アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1在籍時の僕はイエスマンだった」

2024年1月14日
アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1在籍時の僕はイエスマンだった」
アレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてのレッドブル・レーシングに短期間在籍していた間、自分が「イエスマン」だったことを認め、F1でより自立するためにとったステップを明らかにした。

2019年にトロロッソからF1デビューを果たして急成長を遂げたアルボンは、デビューシーズンの途中でレッドブルのシニアチームに昇格した。

アレクサンダー・アルボン ウィリアムズF1との契約を破棄して移籍を熱望?

2024年1月13日
アレクサンダー・アルボン ウィリアムズF1との契約を破棄して移籍を熱望?
アレクサンダー・アルボンが、2025年までウィリアムズ・レーシングに在籍する現在の契約を破棄することを「熱望」していると報じられている。

アロンソはミッドフィールドのウィリアムズで印象的な走りを披露し、2023年シーズンのスタードライバーの一人となった。

角田裕毅にF1で協力することに乗り気ではなかったアレックス・アルボン

2023年12月31日
角田裕毅にF1で協力することに乗り気ではなかったアレックス・アルボン
角田裕毅は2021年にアルファタウリに加入したが、F1になじむまでに総合的に苦戦した。そんな角田に協力を依頼されたのは、その年のレッドブルのリザーブドライバー、アレックス・アルボンだった。実際、レッドブルのチーフアドバイザーであるヘルムート・マルコは、このタイ系イギリス人ドライバーに日本のスターがF1に慣れるように手助けしてほしいと頼んだ。しかし、アルボンはそのことに乗り気ではなかった。

アレックス・アルボン 「ウィリアムズF1ともっと上位を争う準備はできている」

2023年12月17日
アレックス・アルボン 「ウィリアムズF1ともっと上位を争う準備はできている」
アレックス・アルボンはウィリアムズ・レーシングで好調なシーズンを送り、グローブに本拠を置くチームはランキング7位に浮上した。アルボンはウィリアムズの復興プロジェクトを全面的に支持しているが、もっと上位で戦う準備はできていると断言した。

今年のF1シーズンで、長年ランキング後方で戦ってきたウィリアムズは、ミッドフィールドに近づいたことで、大きな成長を遂げた。

アルボン F1復帰のために「ガスリーとペレスの統計をチーム代表に提示」

2023年12月6日
アレクサンダー・アルボン F1復帰のために「ガスリーとペレスの統計をチーム代表に提示」
ウィリアムズ・レーシングのアレックス・アルボンは、ピエール・ガスリーとセルジオ・ペレスの統計を利用してF1復帰をチームプリンシパルに打診したと明かした。

2020年シーズンの終わりに成績不振によりレッドブルのシートを追われた後、チームはアルボンの後任にセルジオ・ペレスを起用することを決定した。

アルボン レッドブルF1時代にフェルスタッペンの別次元ドライビングを痛感

2023年12月2日
アルボン レッドブルF1時代にフェルスタッペンの別次元ドライビングを痛感
アレックス・アルボンはレッドブル・レーシングで1年半を過ごしたが、マックス・フェルスタッペンと肩を並べることに苦労した。今、ウィリアムズのスターとなったアルボンがレッドブルで過ごした日々を振り返った。

現在のウィリアムズ・レーシングの主力となる前、アレックス・アルボンはレッドブルで1年半の困難な期間に耐えた。タイ出身のイギリス人ドライバーはトロ・ロッソでルーキーキャンペーンを戦い、わずか半シーズンでシニアチームに昇格し、F1という巨大な世界に飛び込んだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム