ヘルムート・マルコ、角田裕毅を叱責「規律を示すことを学ぶ必要がある」

2021年5月22日
レッドブルF1のヘルムート・マルコ、角田裕毅を叱責「規律を示すことを学ぶ必要がある」 / F1モナコGP 木曜フリー走行
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1モナコGPのFP2でガードレールに接触してマシンんを損傷させてセッション終了を余儀なくされたアルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅に怒りをあらわにした。

前戦F1スペインGPの言動によるネガティブなイメージを引きずったまま迎えたF1モナコGPを迎えた角田裕毅は、開幕戦以来、クリーンな週末をまとめることができていない。

角田裕毅 「走行時間を失うことは理想的ではないが最悪の状況でもない」

2021年5月21日
角田裕毅 「走行時間を失うことは理想的ではないが最悪の状況でもない」 / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP 木曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの金曜フリー走行を20番手で終えた。

モナコGP初走行となる角田裕毅は、早い段階からペースを上げ、9番手でFP1を終える。しかし、午後のFP2では、プールサイドセクションの先でガードレールに接触し、11周の走行に留まった。

角田裕毅 「スペインでの言動を後悔している…二度と繰り返したくない」

2021年5月20日
角田裕毅 「スペインでの言動を後悔している…二度と繰り返したくない」 / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP 水曜記者会見
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、スペインの週末での言動をまだ後悔しており、F1モナコGPで良い結果を出すことでチームに償うことができることを望んでいる。

F1スペインGPの週末、角田裕毅は前戦から継続するマシンへのフラストレーションを拭い去ることができず、FP3でエンジニアから“落ち着く”ように諭され、予選ではQ1敗退を喫した。

佐藤琢磨、角田裕毅にエール「僕のF1の1年目は酷かったですから(笑)」

2021年5月20日
佐藤琢磨、角田裕毅にエール「僕のF1の1年目は酷かったですから(笑)」
佐藤琢磨が、今年アルファタウリ・ホンダF1でデビューを果たした角田裕毅に先輩ホンダドライバーとしてエールを送った。

日本人がF1にレギュラードライバーとして出場するのは、2014年シーズンまで参戦していた小林可夢偉以来7年ぶり。ホンダのドライバー育成プログラム出身者としては、2002年から2008年まで参戦していた佐藤琢磨以来13年ぶりとなる待望の日本人F1ドライバーとなる。

角田裕毅 「まだF1で4レースを終えただけ。気持ちを入れ替えている」

2021年5月19日
角田裕毅 「まだF1で4レースを終えただけ。気持ちを入れ替えている」  / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅が、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPへの意気込みを語った。

開幕戦で9位入賞という上々のデビューを飾った角田裕毅だが、その後はノーポイントが続いている。特に前戦F1スペインGPでは予選でのミスの後、無線やメディアへの発言が論争となり、低調なパフォーマンスと相まってデビュー当時の勢いがやや見られなくなってきている

元F1王者デイモン・ヒル、角田裕毅の発言を批判「一線を踏み越えた」

2021年5月17日
元F1王者デイモン・ヒル、角田裕毅の発言を批判「一線を踏み越えた」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、F1スペインGPでの角田裕毅の態度に感銘を受けていないと語る。

F1スペインGPで厳しい週末を過ごし、最終的にはマシントラブルでリタイアを喫した角田裕毅は、予選をQ1で敗退した後の批判的なコメントが、所属チームへのアルファタウリ・ホンダF1へのリスペクトに欠けるとして大きな波紋を生んでいる。

F1:ロス・ブラウン 「角田裕毅の期待を高めることに加担してしまった…」

2021年5月17日
F1:ロス・ブラウン 「角田裕毅の期待を高めることに加担してしまった…」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅を「過去数年のF1で最高のルーキー」と持ち上げるべきではなかったと語る。角田裕毅を取り巻く“過剰な前宣伝”は序盤戦で急速に消滅している。

F1バーレーンGPで9位入賞を果たした角田裕毅のパフォーマンスは、多くのオブザーバーを興奮させた。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「日本人初のF1ワールドチャンピオンになる」と語った。

角田裕毅 「マシンに乗り込むと暴言への自制心を忘れてしまう」

2021年5月15日
角田裕毅 「マシンに乗り込むと暴言への自制心を忘れてしまう」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、デビューシーズンとなる今年、結果ではなく、チーム無線での暴言の多さで良くも悪くも目立ってしまっている。

実際、角田裕毅での無線での言葉の悪さはF2シーズンから変わってはいない。しかし、彼の存在をF1で初めて知ったファンは、最初は彼の無線を面白がり、そして、次第に嫌悪感を抱くようになった。

角田裕毅 「F1スプリント予選はプラクティス時間が削られることが懸念」

2021年5月13日
角田裕毅 「F1スプリント予選はプラクティス時間が削られることが懸念」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1の新しいスプリント予選のフォーマットが、ルーキードライバーから馴染みのないサーキットでの貴重なプラクティス時間を奪うことを懸念している。

2021年、すでにF1は金曜日のプラクティスを合計3時間から2時間に短縮した。これには経験豊富なセルジオ・ペレスでさえ、レッドブル・ホンダF1の新しい環境に慣れることを困難にしていると語っている。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム