セルジオ・ペレスに批判の声「チームオーダーを受け入れすぎ」

2022年5月26日
レッドブルF1のセルジオ・ペレスに批判の声「チームオーダーを受け入れすぎ」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングのチームオーダーを受け入れていると元F1ドライバーのアレックス・ヴルツは批判する。

前戦スペイングランプリでは、トップを走行していた際にチームメイトのマックス・フェルスタッペンに順位を譲るように命令されて、“不公平”だとしながらも受け入れたセルジオ・ペレス。

GPDA会長 「F1のジュエリー禁止には正当な理由があるが通達方法に問題」

2022年5月17日
GPDA会長 「F1のジュエリー禁止には正当な理由があるが通達方法に問題」
F1ドライバーの組合であるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の会長を務めるアレックス・ヴルツは、F1はコックピット内でのジュエリーを禁止する権利があるが、FIA(国際自動車連盟)はもっと波風の立たない方法でルールを施行することができたはずだと語る。

7度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンとFIAは、ハミルトンが何年にもわたってレースをしてきたピアスをめぐって膠着状態にあり、今月のマイアミグランプリでハミルトンはそれらを取り除くことができないと語った。

「F1ドライバーが非政治的な時代は終わった」とGPDA会長

2022年4月6日
「F1ドライバーが非政治的な時代は終わった」とGPDA会長
F1ドライバーが政治問題から抜け出すことができる時代は終わった。 - 元F1ドライバーであり、現在はドライバーの労働組合であるGPDA(グランプリドライバーズアソシエーション)の会長を務めるアレックス・ヴルツはそう語る。

F1サウジアラビアGPの週末、サーキット近郊の石油施設が武装組織フーシ派によるドローンとミサイルの攻撃で爆破されことを受け、GPDAはレースをボイコットすることで団結していたと報じられている。

「レッドブル・ホンダとフェルスタッペンはF1タイトルを狙える」

2020年1月5日
「レッドブル・ホンダとフェルスタッペンはF1タイトルを狙える」
元F1ドライバーのアレクサンダー・ヴルツは、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンは2020年のF1世界選手権にタイトル争いで大きな役割を果たすことになると考えている。

ホンダF1との初年度となった2019年、レッドブルとマックス・フェルスタッペンは3勝、9回の表彰台、2回のポールポジションを獲得。アレクサンダー・ヴルツは、フェルスタッペンはより成熟しており、レッドブル・ホンダには2020年のタイトル獲得に必要なすべてが揃っていると考えている。

アレックス・ブルツ、フェルナンド・アロンソのLMP1カー初テストに感銘

2017年11月21日
FIA 世界耐久選手権 トヨタ自動車 フェルナンド・アロンソ
2度のル・マン24時間ウィナーでトヨタLMP1チームのアドバイザーを務めるアレックス・ブルツは、F1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソのLMP1カーでの初テストに感心したと語る。

アレックス・ブルツは、WECルーキーテストが開催されたバーレーンを訪れ、トヨタのガレージでフェルナンド・アロンソのテストを観察した。

アレックス・ブルツ、デイトナ24時間レース参戦の理由を説明

2016年1月2日
アレックス・ブルツ
アレックス・ブルツは、レーシングドライバー引退を延期して、デイトナ24時間レースに参戦することを決定した。

ル・マン24時間レースを2度制したアレックス・ブルツは、11月にレーシングドライバーを引退することを発表していたが、“ボックスをチェックしたかった”ため、1月30日〜31日に開催されるデイトナ24時間レースにチップ・ガナッシから参戦するというオファーを受け入れるという決断をしたと語った。

【WEC】 アレックス・ブルツ、トヨタのアドバイザー兼アンバサダーに就任

2015年12月11日
アレックス・ブルツ
トヨタは、アレックス・ブルツをチームのアドバイザー兼アンバサダー(親善大使)に任命した。

アレックス・ブルツは先月行われた2015年WEC最終戦バーレーン6時間レースで、長いレーシングドライバーとしてのキャリアに終止符を打ちった。

その最後のレースで3位表彰台を獲得し有終の美を飾った。

アレックス・ブルツ、マノーからのチーム代表のオファーを断る

2015年11月19日
アレックス・ブルツ
アレックス・ブルツは、マノーのチーム代表というオファーを断ったことを明らかにした。

マノーは、今シーズン限りでチーム代表のジョン・ブースとスポーティングディレクターのグレーム・ローデンが離脱することを正式発表しており、オーナーのスティーブン・フィッツパトリックはアレックス・ブルツとチームの役割について協議した。

アレックス・ブルツ、GPDA会長は継続の意向

2015年11月13日
アレックス・ブルツ
アレックス・ブルツは、GPDA会長の役割は継続する意向を示している。

元F1ドライバーで近年トヨタからWECに参戦していたアレックス・ブルツは、今シーズン末でレーシングドライバーを引退することを発表した。

だが、アレックス・ブルツは、必ずしもモータースポーツと距離を置くわけではないと Kleine Zeitung に述べた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム