「レッドブル・ホンダとフェルスタッペンはF1タイトルを狙える」
元F1ドライバーのアレクサンダー・ヴルツは、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンは2020年のF1世界選手権にタイトル争いで大きな役割を果たすことになると考えている。

ホンダF1との初年度となった2019年、レッドブルとマックス・フェルスタッペンは3勝、9回の表彰台、2回のポールポジションを獲得。アレクサンダー・ヴルツは、フェルスタッペンはより成熟しており、レッドブル・ホンダには2020年のタイトル獲得に必要なすべてが揃っていると考えている。

「我々は序盤戦から彼のクラスを目にしていた」とアレクサンダー・ヴルツはコメント。その一方で、マックス・フェルスタッペンにはいくつかミスがあったが、それについては心配していないとヴルツは語る。

「5~8戦を終えて、チャンピオンシップに勝つチャンスがないとわかったとき、別のモードに切り替えるものだ」とアレクサンダー・ヴルツは説明する。

「そこからはレース毎のモードに入り、より多くのリスクを冒せるようになる」

アレクサンダー・アルボンは、今年レッドブル・ホンダがタイトル獲得が可能なマシンを与えれば、マックス・フェルスタッペンは2019年に犯していたミスを修正できると語る。

「彼は十分に賢いので、21戦を戦う適切な装備があれば、ポイントを獲得しなければならないことをわかっていると思う」とアレクサンダー・ヴルツは語る。

「ルイス(ハミルトン)のよな素晴らしいチャンピオンがいて、マックス、そして、シャルル(ルクレール)がいるのはF1にとって素晴らしいことだ」とアレクサンダー・ヴルツは語る。

「最終的にファンが大きなウィナーになるだろう。クルマが昨シーズン終盤くらい拮抗できれば・・・新シーズンが待ち遠しい。本当にクールなシーズンになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレックス・ブルツ / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン