アレクサンダー・ヴルツ、F1ドライバーに日本への支援を呼び掛け

2011年3月16日
アレクサンダー・ヴルツ
アレクサンダー・ヴルツは、F1ドライバーに日本の被災者のために支援を提供するよう呼びかける。

すでに多くのF1ドライバーが、Twitterなどを使用して日本への想いを伝えているなか、アレクサンダー・ヴルツはF1ドライバーによって組織される団体GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)に支援を計画するよう呼びかけると誓った。

アレクサンダー・ヴルツ 「スーパーファンドにF1チーム計画はない」

2010年8月1日
アレクサンダー・ヴルツ
アレクサンダー・ヴルツは、スーパーファンドがF1エントリーを再開する計画はないと語る。

元F1ドライバーであるアレクサンダー・ヴルツは、オーストリアの投資会社スーパーファンドの一員として2010年のF1エントリーを目指した。

スーパーファンドはF1参戦に失敗したが、アレクサンダー・ヴルツとスーパーファンドがまだいつの日かピットレーンに並ぶチャンスに興味を持っていると噂されていた。

アレクサンダー・ヴルツ 「F1復帰に興味はない」

2010年1月17日
アレクサンダー・ヴルツ
アレクサンダー・ヴルツは、F1に復帰することには興味がないと語る。

アレクサンダー・ヴルツは、2007年にF1から退き、現在はプジョーのスポーツカーのファクトリードライバーを務めている。昨年はプジョーで2度目のル・マン24時間での優勝を果たした。

2009年上旬、アレクサンダー・ヴルツはスーパファンドのF1プロジェクトに関与したが、FIAからエントリーを与えられることはなかった。

アレクサンダー・ヴルツ USF1でのF1復帰を断念

2009年11月27日
アレクサンダー・ヴルツ USF1
アレクサンダー・ヴルツは、2010年にUSF1でF1復帰しないことを発表した。

今年初め、アレクサンダー・ヴルツとUSF1のスポーティング・ディレクターであるピーター・ウィンザーは、USF1のデビューシーズンのために協力する可能性について交渉していることを認めていた。

アレクサンダー・ヴルツは、「USF1と交渉していたが、この件に関してはけじめをつけた」と“motorline.cc.”のインタビューにコメント。

アレクサンダー・ヴルツ スーパーファンドでのF1参戦を断念

2009年8月11日
アレクサンダー・ヴルツ スーパーファンド
アレクサンダー・ヴルツは、自身のチーム「スーパーファンド」で2010年にF1参戦することを断念。BMWのF1撤退によって空いたグリッドを目指さないことを明らかにした。

BMWのF1撤退を受け、FIAは新チームのF1参戦申請手続きを開始。補欠リストに残っていたチームに連絡をしていた。

アレクサンダー・ヴルツとクリスチャン・バハが率いるスーパーファンドは、FIAの補欠リストの7チームに残っており、FIAのマックス・モズレー会長から再申請を案内されていた。

アレクサンダー・ヴルツ USF1からのオファーを認める

2009年7月27日
アレクサンダー・ヴルツ USF1からのオファーを認める
アレクサンダー・ヴルツが、彼が2010年のUSF1のドライバー候補であることを認めた。

ハンガリーを訪れていたUSF1のチーム代表ピーター・ウィンザーは、2010年は2010年若手アメリカ人ドライバーと経験豊富なドライバーを起用することを計画しており、ベテランのアレクサンダー・ヴルツがドライバー候補であることを認めている。

USF1 アレクサンダー・ヴルツと交渉

2009年7月25日
アレクサンダー・ヴルツ
USF1のピーター・ウィンザー代表は、アレクサンダー・ヴルツが2010年のレースシートの有力候補であることを認めた。

USF1は2010年に若手アメリカ人ドライバーとともに経験豊富なドライバーを起用することを考えており、ジャック・ヴィルヌーヴがUSF1でF1復帰するとされての憶測が広まっていた。

しかし、ビーター・ウィンザーは実際はアレクサンダー・ヴルツが最有力候補であることを明らかにした。

アレクサンダー・ブルツ 「2009年のブラウンは“最も高価”なクルマ」

2009年6月29日
アレクサンダー・ブルツ
アレクサンダー・ブルツは、ブラウンGPの今季マシン「BGP001」が2009年マシンの中で最も高価なマシンだと語る。

昨年、ブラウンGPの前身であるホンダF1は、5億ユーロの予算と自由に使える5つの風洞を備えていたという。

「クルマは3つの異なる方向で風洞に入れられた」とブルツは語る。

アレクサンダー・ブルツ 「スーパファンドは補欠リストに残っている」

2009年6月12日
アレクサンダー・ブルツ 「スーパファンドは補欠リストに残っている」
スーパーファンドのチーム代表であるアレクサンダー・ブルツは、チームがまだ2010年F1世界選手権の補欠リストに残っていると語る。

ブルツは、2010年にスーパーファンドとしてF1を戦うためにエントリーを提出したが、金曜日のFIAの発表した参戦リストには選ばれなかった。

しかし、FOTAチームのポジションは未確定であり、既存チームのいくつかが辞退することに備え、いくつかのチームがまだ補欠リストに残っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム