レッドブルF1のセルジオ・ペレスに批判の声「チームオーダーを受け入れすぎ」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングのチームオーダーを受け入れていると元F1ドライバーのアレックス・ヴルツは批判する。

前戦スペイングランプリでは、トップを走行していた際にチームメイトのマックス・フェルスタッペンに順位を譲るように命令されて、“不公平”だとしながらも受け入れたセルジオ・ペレス。

レーシング・ポイントのシート喪失が決定して将来が不確定となった2019年シーズンの終わりにレッドブル・レーシングと契約したセルジオ・ペレスは、レース後、「チームと話をする必要がある」と不満げに語ったが、自分が提供された役割を知っているに違いない。

だが、元F1ドライバーのアレックス・ヴルツは、マックス・フェルスタッペンにリードを譲ったセルジオ・ペレスが、チームオーダーを「受け入れすぎている」と批判する。

「彼が話をするのは完全に正しい」とアレックス・ヴルツはF1 Nation語った。

「つまり、彼はメガチームプレーヤーであり、ある時点で、彼は実際にいくつかの命令を簡単に受け入れてすぎていると思う。少しエッジの効いた人である必要がある。肘をつき出す必要がある」

「彼は、アブダビでマックスがワールドチャンピオンのために戦っていたときに、すでにチームのために証明しました。あれはメガだった」

「でも、声を上げるのは正しいと感じた。チームが彼に求めたとおいに彼は実行したが、彼は新しいタイヤで出てきて、実際にレースで彼が速いラップタイムのために新しいタイヤを使うために重要だったときに彼は助けなければならなかった。そして、この時点で、彼は後ろに下がらなければならなかった」

アレックス・ヴルツ、以前は自分もドライバーとしてそのような状況にあったことがあり、そのようなことはドライバーを「不機嫌」にする可能性があると述べた。

「これはドライバーとして不機嫌になるときだ。私もこのような状況にあったし、それはクールなことではなかった。だが、彼が実行したことを評価しなければならない」

「しかし、当然のことながら、彼は自分の権利も求めている。ご存じのゆうに、最後にそれを見れたのは良いことだ」

「それにもかかわらず、彼はここでマックスに次ぐ2番手のポジションを受け入れなければならなかった」

セルジオ・ペレス自身は「イライラする」と語ったが、レッドブル・レーシングにとって素晴らしい週末だったと語った。

「現時点では僕サイドは少しイライラしているけど、結局のところ、素晴らしいチームリザルトだ」とセルジオ・ペレスはSky Sport F1に語った。

「現在、僕たちはコンストラクターズをリードしているので、僕はそれにとても満足している。何が起こったのかを理解するために、チーム内で話し合うことがいくつかある。もちろん、運転しているときは、全体像の多くを理解していないからね」

「それは普通のことだと思う。チームの勢いはこれ以上ないくらいだ思います。素晴らしいチームだ。僕たちは非常に団結しているので、チーム内でいくつか話し合う必要がある。それだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / アレックス・ブルツ