「ハミルトンもシューマッハも最高のマシンでなければ勝てない」

2019年10月7日
「ハミルトンもシューマッハも最高のマシンでなければ勝てない」とジャック・ヴィルヌーブ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ルイス・ハミルトンもミハエル・シューマッハも最高のクルマに乗っていなければ勝てないと主張する。

ミハエル・シューマッハは、F1史上最多となる7回のF1ワールドチャンピオンを獲得。ルイス・ハミルトンは現在タイトルを5回獲得しているが、今シーズン、その獲得するを6回に伸ばそうとしている。また、ハミルトンは過去5年で4回のタイトルを獲得し、最多ポールポジション記録も保持している。

ルイス・ハミルトン、F1レースリード記録でもシューマッハ超え

2019年10月1日
ルイス・ハミルトン、F1レースリード記録でもシューマッハ超え
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ロシアGPでラップリーダーを記録したレース回数でミハエル・シューマッハを抜いて歴代1位に躍り出た。

ルイス・ハミルトンは、F1ロシアGPで27周にわたってレースをリードし優勝。これで143戦目となり、ミハエル・シューマッハが2011年のF1日本GPで記録していた142戦を抜いて、歴代1位に浮上した。

「ミハエル・シューマッハに知覚反応はある」と担当看護師

2019年9月12日
F1 「ミハエル・シューマッハに知覚反応はある」と担当看護師
ミハエル・シューマッハが治療を受けているパリの病院の担当看護師は、ミハエル・シューマッハには“知覚反応がある”と述べ、決して寝たきり状態ではないことを明かした。

今週、フランス紙 Le Parisien は、ミハエル・シューマッハが、実験的な幹細胞治療を受けるためにパリのジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院に入院したと報道。理療はリスキーなものであると伝えた。

ミハエル・シューマッハは重症心不全?

2019年9月11日
F1 ミハエル・シューマッハは重症心不全?
7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハが、パリで極秘に治療を受けたと報じられている。

フランス紙 Le Parisien は、9月9日(月)に細胞治療を受けるためにパリのジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院に入院したと報道。同紙は「月曜日の午後3時40分にジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院の1階に担架が到着した」と報道。約10人で構成された警備隊のもと、青い布で“顔と身体は完全に覆われた”状態で心臓血管科に移動されたとしている。

ミハエル・シューマッハ、パリの病院で幹細胞の“極秘治療”との報道

2019年9月10日
ミハエル・シューマッハ、パリの病院で幹細胞の“極秘治療”との報道
7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハが、9月9日(月)に幹細胞治療のためにパリのジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院に入院したに入院したとフランス紙 Le Parisien が報じた。

ミハエル・シューマッハ(50歳)は、2013年12月のフランスアルプスでのスキー事故の後、頭部に重傷を負って以来、容体は非公開となっている。彼の古い友人はシューマッハが歩くこともコミュニケーションを取ることもできないと語っているものの、真実は隠され続けている。

ジャン・アレジ 「ミック・シューマッハは間違いなくF1に到達する」

2019年8月11日
F1 ミック・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの友人であるジャン・アレジは、ミック・シューマッハは“間違いなく”F1に到達すると考えている。

今年、ミック・シューマッハ(20歳)は、ジャン・アレジの息子ジュリアーノ・アレジとともにF2に参戦。先週ハンガリーで行われたレース2でミック・シューマッハは待望の初勝利を挙げている。

【動画】 ミック・シューマッハ、父の愛車フェラーリ F2004をドライブ

2019年7月28日
F1 マック・シューマッハ
ミック・シューマッハは、F1ドイツGPの週末に父ミハエル・シューマッハの愛車フェラーリ F2004でデモ走行を行った。

ミック・シューマッハは、母国の観客の前で父であるミハエル・シューマッハが2004年にホッケンハイムで勝利を飾り、自身7度目、そして最後のタイトルを獲得したフェラーリ F2004で3周のデモ走行を披露した。

ニコ・ロズベルグ 「僕はミハエル・シューマッハのファンではなかった」

2019年7月26日
F1 ニコ・ロズベルグ ミハエル・シューマッハ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、自分が憧れていたドライバーはミカ・ハッキネンであり、ミハエル・シューマッハのファンではなかったと語る。

1982年のF1ワールドチャンピオンであるケケ・ロズベルグとドイツ人の妻シーナの息子であるニコ・ロズベルグは、フィンランドとドイツの二重国籍であり、フィンランド出身のミカ・ハッキネンのファンだったと語る。

「ミハエル・シューマッハと以前のようなコミュケーションはとれない」

2019年7月13日
F1 ミハエル・シューマッハ
FIA会長のジャン・トッドは、ミハエル・シューマッハと以前のようにコミュニケーションをとれなくなっていると認める。

7度のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハは、スキー事故から5年が経っても脳損傷の程度についてはほとんど明らかにされていない。

例えば、フェラーリ時代のチームメイトであるルーベンス・バルチェロは、ミハエル・シューマッハの自宅を訪問することを許されていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム