佐藤琢磨 「苦しい展開だった」 接触のピゴットに苦言も / インディカー

2017年7月17日
佐藤琢磨 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、インディカー 第12戦 トロントの決勝を16位で終えた。

10番グリッドからスタートした佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)は、新品タイヤに交換した後に他のマシンとの接触によりタイヤをパンクさせるなど不運が重なり、16位でレースをフィニッシュ。

「展開としては非常に悪かったですね」と佐藤琢磨はコメント。

佐藤琢磨、10番グリッドからトロントの決勝に挑む / インディカー

2017年7月17日
佐藤琢磨 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、インディカー第12戦 トロントの予選を10番手で終えた。

Q2では一時5番手につけ、ファスト6への進出が確実視された佐藤琢磨だが、ここで赤旗が提示。残り時間がわずかだったこともあり、ポジションを大きく後退する形でセッションを終えた。

16日(日)は午前中に30分間のウォームアップを行なった後、現地時間の午後3時40分に85周の決勝レースがスタートする。

NHK BS1 「完全保存版 インディ500~佐藤琢磨・優勝への軌跡~」

2017年7月15日
佐藤琢磨 インディ500
NHKは、世界三大レースの1つ「インディ 500」で優勝した佐藤琢磨の特集番組「完全保存版 インディ500~佐藤琢磨・優勝への軌跡~」を7月15日(土)20時からBS1の「BS1スペシャル」で放送する。

世界3大レースのひとつインディ500。30万人を超える大観衆の前で、佐藤琢磨が優勝した。レース中のピットの様子や、ドライバーとスポッターの無線音声なども駆使して、レースを面白く立体的に伝える。

佐藤琢磨、2周遅れの16位 「厳しかった」 / インディカー

2017年7月10日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第11戦アイオワの決勝を16位で終えた。

5番グリッドからスタートした佐藤琢磨は、序盤こそ順位をキープしていたものの徐々に後退。また、ピットストップ後にイエローが入るなどの不運にも見舞われ、最終に2周遅れの16位でレースを終えた。

「厳しかったですね」と佐藤琢磨はコメント。

佐藤琢磨、5番グリッドからアイオワの決勝に挑む / インディカー

2017年7月10日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第11戦 アイオワの決勝を5番グリッドから挑む。

8日(土)、アイオワ・スピードウェイでインディカー・シリーズ第11戦アイオワ・コーン300の公式予選が行われた。アンドレッティ・オートスポーツの佐藤琢磨は、午前中に行われたプラクティスは20番手に留まったものの、予選では182.653mph(約292.2km/h)をマークして5番グリッドを獲得。これはホンダ陣営でベストの結果だ。

佐藤琢磨:インディカー 第9戦 デトロイト レースレポート

2017年6月28日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨が、インディカー・シリーズ 第9戦 テキサス(決勝10日)のレース週末を公式サイトで振り返った。

テキサス・モーター・スピードウェイのレースが残り5周となったとき、2番手争いを演じていたスコット・ディクソンと接触してリタイアに追い込まれたのは佐藤琢磨にとって不運な結末だった。

佐藤琢磨、ランキング4位に後退 「苦しい週末になった」 / インディカー

2017年6月26日
佐藤琢磨 インディー
佐藤琢磨は、アメリカ北部のウィスコンシン州ロード・アメリカで開催されたシリーズ第10戦を19位で終えた。

佐藤琢磨(Andretti Autosport)は、高速ロードコースのロード・アメリカでも活躍が期待されていた。しかし、予選までにマシンを思い通りに仕上げることができなかった上、首に突然痛みが出たことも響き、グリッドは最後尾に近い20番手だった。

佐藤琢磨 「セットアップ状況としては大きな後退だった」 / インディカー

2017年6月25日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第8戦 ロードアメリカの決勝レースを20番グリッドからスタートする。

佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)は、グループ2に出走して1分43秒4111をマーク。グループ内で10番手となり、Q2進出はならなかった。この結果、佐藤琢磨は明日の決勝に20番グリッドからスタートすることが決まった。

佐藤琢磨 「レースに戻ることにワクワクしている」 / インディカー 第10戦

2017年6月22日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨が、インディカー 第10戦 ウィスコンシンへむけての意気込みを語った。

シーズン全17戦で行われるインディカー・シリーズは折り返し点を過ぎ、ウィスコンシン州のロード・アメリカで第10戦を迎える。

ロード・アメリカは1955年に開設された、全長4.014マイル(約6.46㎞)のサーキットで、14のコーナーを持つロードコース。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム