佐藤琢磨、今季最上位となる5位入賞 「ベストではないが良い結果」

2018年6月3日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー第7戦デトロイトの決勝レースを今季ベストリザルトとなる5位でフィニッシュした。

7番グリッドからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、オープニングラップでウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を抜いて6番手に浮上する。

【インディカー】 佐藤琢磨、デトロイトGPの初日は13番手

2018年6月2日
佐藤琢磨 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、インディカー 第7戦 デトロイトの初日のプラクティスを13番手で終えた。

ベル・アイル・パークの特設コースでデトロイトGPの初日プラクティスが行なわれ、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨はFP1で1分18秒6781を記録して12番手になったのに続き、FP2では1分17秒1359のタイムで13番手につけ、1日の総合成績では13番手となった。

【インディ500】 佐藤琢磨 「不運なアクシデント。よけきれなかった」

2018年5月29日
佐藤琢磨 インディ500 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、第102回 インディ500の決勝レースで、序盤で遅いマシンと接触し、リタイア32位に終わった。

1911年に第1回目のレースが行なわれ、今年が102回目の開催となったインディアナポリス500マイルは、最高気温が32℃に達し、路面の温度は50℃を超える過酷なコンディションで争われ、チーム・ペンスキーのウィル・パワーが11回目の挑戦で初優勝を飾った。

第102回 インディ500 決勝:佐藤琢磨、クラッシュによりリタイア

2018年5月28日
佐藤琢磨 インディ500
佐藤琢磨は、第102回インディ500のレースをクラッシュによりリタイアで終えた。

5月27日(日)、伝統のインディ500の決勝が開催された。前回大会のウィナーとして今大会に挑んだ佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は序盤はほぼその順位をキープして走行を重ねていた。

【インディ500】 佐藤琢磨、決勝に意気込み 「準備はできている」

2018年5月26日
佐藤琢磨 インディ500
佐藤琢磨は、第102回インディ500の決勝前最後のプラクティス“カーブデー”を6番手で終えた。

1時間の練習走行では、全33台が決勝レース用のセッティングを施してコースに入り、ドラフティングを利用しながらレースを想定した練習走行を行った。

カーブデーとは“カーブレーション・デー”の略であり、かつて決勝前にカーブレーター(キャブレター)を調整できる最後の時間であったためにこの名がついている。

【インディ500】 佐藤琢磨、予選16番手 「一貫性を見い出せたと思う」

2018年5月21日
佐藤琢磨 インディ500 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、第102回インディ500の予選を16番手で終えた。3台が横に並ぶ決勝では6列目からのスタートとなる。

前日の予選1日目は29番手と厳しい一日となった佐藤琢磨だったが、2日目にむけてクルマを改善。平均226.557mph(226.856mph - 226.637mph - 226.468mph - 226.268mph)をマーク。6列目16番グリッドからスタートすることが決定した。

【インディ500】 佐藤琢磨、予選1日目は29番手 「厳しい一日だった」

2018年5月20日
佐藤琢磨 インディ500 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、インディ500の予選1日目「バンプデイ」を29番手で終えた。

5月19日(土)、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで第102回インディ500の予選1日目が行われた。年は35台のエントリーがあり、2台はバンプ、つまり決勝の33台のグリッドから弾き出されることになる。

【インディ500】 佐藤琢磨、ファストフライデイは24番手

2018年5月19日
佐藤琢磨 インディ500 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、18日(金)に行われた第102回インディ500のファストフライデイで44ラップを走行。227.782mph(約364.5km/h)をマークしてこの日の24番手となった。

プラクティス5日目に行われるファストフライデーでは、予選にむけてターボ圧が引き上げられ、マシンの馬力がアップ。最速スピードを記録したドライバーには賞金が贈られ、マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)がトップスピードをマークした。

【インディ500】 佐藤琢磨、プラクティス3日目は33番手に終わる

2018年5月18日
インディ500 佐藤琢磨 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨は、第102回インディ500のプラクティス3日目に89ラップを周回し、226.108mph(約361.8km/h)をマークしてこの日の33番手となった。

「今日は予選シミュレーションを4回行いました。ひとつはまずまず成功しましたが、残る3つはマシン・バランスの影響で中断しました。僕たちは予選シミュレーションでスピードを引き出すのに苦労しています」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム