ダニエル・リカルド、F1ドイツGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”

2016年8月1日
ダニエル・リカルド
ダニエル・リカルドが、F1ドイツGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”に選出された。

3番グリッドからスタートしたダニエル・リカルドは、ターン1でチームメイトのマックス・フェスタッペンに先を越されたが、後にレッドブルから“チームプレイヤー”として称賛したフェルスタッペンの動きもあり、2位表彰台を獲得。

ダニエル・リカルド、AM-RB 001の開発に参加?

2016年7月20日
AM-RB 001
ダニエル・リカルドは、レッドブルとアストンマーティンが共同開発したハイパーカー『AM-RB 001』の開発へ協力に意欲をみせている。

アストンマーティンのファクトリーで行われたAM-RB 001発表会にはレッドブルでドライバーを務めるダニエル・リカルドも姿を見せたが、リカルドは一目でこのハイパーカーを気に入った様子だった。

ダニエル・リカルド:2016 F1ハンガリーGP プレビュー

2016年7月17日
ダニエル・リカルド 2016 ハンガリー
ダニエル・リカルドが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

ダニエル・リカルド (レッドブル)
「ハンガリーのトラックはとても楽しいし、忙しい。セクター2は素晴らしいね。コーナーが連続していて休んだり、考えたりする時間がないし、とにかく良いリズムを作ることができる。一度、リズムをつかんだら、本当に素晴らしい感覚だ。ほぼ全てのカテゴリーで優勝したことがあるし、いつも楽しんでいる」

ダニエル・リカルド:2016 F1イギリスGP プレビュー

2016年7月6日
ダニエル・リカルド F1 2016 イギリスGP
ダニエル・リカルドが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

ダニエル・リカルド (レッドブル)
「シルバーストーンは本当に大好きだし、若いころに走ってからずっと好きなトラックだ。僕はストリートサーキットが好きだけど、同時に高速コーナーや速いサーキットも大好きだし、シルバーストーンには、マゴッツ、ベケッツ、チャペルというカレンダーのなかでも最高のコーナーがいくつかある」

ダニエル・リカルド、レッドブルとの2018年までの契約延長を正式発表

2016年7月1日
ダニエル・リカルド レッドブル残留
ダニエル・リカルドは、少なくとも2018年シーズン末までレッドブルに残留することを正式に発表した。

レッドブルで育ったダニエル・リカルドは、2011年にHRTでF1デビューを果たし、2012年にトロ・ロッソへ移籍。マーク・ウェバーが引退したことで、2014年にレッドブルに昇格した。初年度には3勝をあげてランキング3位でシーズンを終えている。

ダニエル・リカルド:2016 F1オーストリアGP プレビュー

2016年6月25日
ダニエル・リカルド F1 2016 オーストリア
ダニエル・リカルドが、F1オーストリアGPへの意気込みを語った。

ダニエル・リカルド (レッドブル)
「連戦が大好きなんだ。もし3週間の休みがあったら、心が蝕んでくるだろうし、ダレないようにするのは物凄く大変だ。シュピールベルクの雰囲気はいつもかなり凄いし、セッティングも素晴らしい。オーストリアの景色と田園地帯はかなり美しい」

ダニエル・リカルド 「レッドブル残留が公になってよかった」

2016年6月18日
ダニエル・リカルド
ダニエル・リカルドは、レッドブルが自身との契約期間を明かしたことに満足していると語り、現在のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンとのコンビ継続に期待を寄せた。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2017年以降もダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが続投すると認めている。

【動画】 ダニエル・リカルドがクラッシュ / F1ヨーロッパGP

2016年6月17日
ダニエル・リカルド F1 アゼルバイジャン クラッシュ
ダニエル・リカルド(レッドブル)が、アゼルバイジャンで初開催されたF1ヨーロッパGPのフリー走行1回目にクラッシュを喫した。

17日(金)、アゼルバイジャンの首都バクーでF1ヨーロッパGPが開幕。真新しいストリート・サーキットをF1ドライバーが初めて試した。

フリー走行1回目の残り23分。ダニエル・リカルドは下りのターン15でコントロールを失い、マシンの右側をウォールに激しくヒット。バクーでのクラッシュ第一号となった。

レッドブル、ダニエル・リカルドとの契約を2018年まで延長?

2016年6月15日
ダニエル・リカルド
レッドブルは、2017年も同じドライバーラインナップで行くことを確認している。

ダニエル・リカルドがフェラーリへの移籍を目指しているかもしれないという噂は強まっており、それはトロ・ロッソのカルロス・サインツにとっては朗報だ。

「レッドブルが僕を必要とするとき、僕はここにいる」とカルロス・サインツは述べた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム