ダニエル・リカルド 「タイトルを争うフェルスタッペンに嫉妬した」

2022年1月27日
F1:ダニエル・リカルド 「タイトルを争うフェルスタッペンに嫉妬した」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの間のエキサイティングなF1タイトル争いをやや嫉妬深く見守っていた。リカルドは自分がそのようなタイトル戦いをできることを望んでおり、マクラーレンでそれを実現したいと考えている。

ダニエル・リカルドはF1で最高のドライバーの1人として知られていた。トロロッソとレッドブル・レーシングでF1に参戦したが、彼がレッドブル・レーシングに加入したのはチームの成功したシーズンが終わった直後だった。

リカルド 「F1ファンが見たいのはマクラーレンvsフェラーリの優勝争い」

2022年1月19日
ダニエル・リカルド 「F1ファンが見たいのはマクラーレンvsフェラーリの優勝争い」
2021年F1シーズンはレッドブル vs メルセデスのスタートとなったが、ダニエル・リカルドは、F1ファンが本当に見たいのはマクラーレン vs フェラーリの戦いだと考えている。

2021年のF1世界選手権の主役は、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンだったが、名門チームのマクラーレンとフェラーリも3位争い、両チームが表彰台を落としたときには、そのスポットを争った。

ダニエル・リカルド、アロンソからシークレット・サンタにタトゥーの贈物

2021年12月10日
ダニエル・リカルド、アロンソからシークレット・サンタにタトゥーの贈物 / F1アブダビGP 木曜記者会見
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、自分の左腕でシークレット・サンタの贈物を披露した。

シークレット・サンタは、仕事仲間同士でするプレゼント交換の遊びで、参加者は自分の身元を明かさずに他の誰かへの贈り物を購入する必要がある。

ダニエル・リカルドは、フェルナンド・アロンソから受け取ったシークレットサンタの贈り物の結果として、左腕の新しいタトゥーを披露した。

【動画】 元ルノーF1代表アビテブール、リカルドと賭けたタトゥーを入れる

2021年12月2日
【動画】 元ルノーF1代表アビテブール、リカルドと賭けたタトゥーを入れる
ダニエル・リカルドは、元ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールが1年前に賭けたタトゥーを入れた動画を公開した。

昨シーズン、シリル・アブテブールは、ルノーF1のドライバーを務めていたダニエル・リカルドと表彰台を獲得したらタトゥーを入れるという賭けをした。リカルドは、F1アイフェルGPで3位表彰台を獲得し、さらにF1エミリア・ロマーニャGPでも表彰台を獲得した。

ダニエル・リカルド 「フェルスタッペンは攻撃性に磨きをかけた」

2021年12月1日
F1:ダニエル・リカルド 「フェルスタッペンは攻撃性に磨きをかけた」
ダニエル・リカルドは、元チームメイトのマックス・フェルスタッペンは、コース上での攻撃性に“磨きをかけた”と感じており、ライバルと戦いでアプローチを変えることはないだろうと語る。

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、今季9勝を挙げ、残り2戦でルイス・ハミルトンに8ポイント差をつけて初のF1ワールドチャンピオンを目指して戦っている。

ダニエル・リカルド、シリル・アビテブールとのタトゥーの賭けが実現

2021年11月30日
F1:ダニエル・リカルド、シリル・アビテブールとのタトゥーの賭けが実現
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、ルノー時代にチーム代表だったシリル・アビテブールと賭けをしたタトゥーを入れるという約束が実現した。

2020年、当時ルノーF1のチーム代表だったシリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドが表彰台を獲得した場合にタトゥーを入れるというリカルドの賭けに乗った。

ダニエル・リカルド 「マクラーレンF1への対応にはもう1ステップ必要」

2021年11月27日
ダニエル・リカルド 「マクラーレンF1への対応にはもう1ステップ必要」
ダニエル・リカルドは、いくつかのサーキットでマクラーレンF1のパッケージを最大限に活用するために必要なドライビングスタイルにまだ完全に適応できていないと語る。

移籍組のなかで最も新チームのF1マシンへの適応に苦戦したダニエル・リカルドは、F1イタリアGPでマクラーレンに9年ぶりに勝利をもたらしたが、他のサーキットではチームメイトのランド・ノリスと比較して苦戦している。

ダニエル・リカルド、ボッタスに謝罪 「彼にぶつかったのは僕だ」

2021年11月9日
ダニエル・リカルド、ボッタスに謝罪 「彼にぶつかったのは僕だ」 F1メキシコGP 決勝
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1メキシコGPのオープニングラップでのバルテリ・ボッタスとの接触は自分の責任があると認め、謝罪すると語った。

7番グリッドからスタートしたダニエル・リカルドは、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)のスリップストリームを使って速度を増して1コーナーのインサイドに飛び込んだが、ポールスタートのバルテリ・ボッタスはすでにコーナーのエイペックスに向かっており、接触してボッタスをスピンさせた。

ダニエル・リカルド 「自分ならホームウィンをチームメイトに譲らない」

2021年11月5日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド 「自分ならホームウィンをチームメイトに譲らない」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、ホームレースで勝つことはすべてのドライバーの夢だと語り、タイトルが決定する最終戦でもない限りは、自分ならチームメイトに勝利を譲ることはないと語る。

今週末のF1メキシコGPでセルジオ・ペレスは、勝利を目指せるレッドブル・ホンダのマシンでホームレースに臨む。新型コロナウイルスで昨年のレースがキャンセルされたこともあり、ファンは地元のヒーローの凱旋を心待ちにしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム