マクラーレンF1代表、ダニエル・リカルドとランド・ノリスのギャップを説明

2022年6月3日
マクラーレンF1代表、ダニエル・リカルドとランド・ノリスのギャップを説明
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスとダニエル・リカルドがドライバーズランキングで37ポイントの差が生じた理由についていくつか説明した。

シーズン序盤はフィールドの後方で戦うことになるかもしれないと語っていたランド・ノリスだが、彼とマクラーレンF1のターンアラウンドは多くの人に感銘を与えており、すでに表彰台を獲得している。

エディ・ジョーダン 「ノリスはマクラーレンF1でリカルドを破壊した」

2022年6月2日
エディ・ジョーダン 「ノリスはマクラーレンF1でリカルドを破壊した」
元F1チーム代表のエディ・ジョーダンは、ランド・ノリスはダニエル・リカルドを“破壊”したと語り、マクラーレンF1がリカルドをどれだけ長く続けることができるかに疑問を持っている。

今シーズン、ダニエル・リカルドはまだ1回の入賞しか果たせておらず、マクラーレンでの将来についてのプレッシャーが高まってる。

ジェンソン・バトン 「マクラーレンF1代表のリカルドへのダメ出しは驚き」

2022年6月1日
ジェンソン・バトン 「マクラーレンF1代表のリカルドへのダメ出しは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンが、ダニエル・リカルドを公然とダメ出ししたことに「驚いて」とり、F1チームはドライバーを保護する必要があると語る。

ダニエル・リカルドは、今シーズンが厳しいと感じていることを認めている。7レースを終えて、リカルドは1回したトップ10フィニッシュを達成していない。

「ダニエル・リカルドのマクラーレンでの時間は終わった」と元F1王者

2022年5月31日
「ダニエル・リカルドのマクラーレンでの時間は終わった」と元F1王者
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャックヴィルヌーヴは、ダニエル・リカルドのマクラーレンとの戦いは終わり、チームは「メディアの準備」をしていると考えている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、マクラーレン・レーシングのCEOのザク・ブラウンからの最近のコメントは、ダニエル・リカルドをシートから外すための策略がすでに行われていることを示していると語る。

マクラーレンF1、ダニエル・リカルドのシート喪失の可能性を認める

2022年5月29日
マクラーレンF1、ダニエル・リカルドのシート喪失の可能性を認める
ダニエル・リカルドは、2022年シーズン終了後にマクラーレンF1を解雇される可能性がある。

モナコで、ダニエル・リカルドは、誤って任期が今年終了することを認めたように語り、混乱が生じた。

「それは明らかだ。23年の終わりまで契約を結んでいる」とダニエル・リカルドはモナコグランプリのプラクティスでクラッシュする前に語った。

マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドは我々の期待に応えていない」

2022年5月26日
マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドは我々の期待に応えていない」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1スペインGPでのもう1つの残念なパフォーマンスに続いて、「我々の期待に応えていない」と奮起を求めた。

2021年シーズンにマクラーレンF1チームに加入して以来、ダニエル・リカルドは、昨年9月のイタリアGPでのサプライズ勝利を除けば、ほとんどが期待外れな結果だった

ランド・ノリス、厳しいタイム抹消「コックピットから内側だと思った」

2022年5月22日
ランド・ノリス、厳しいタイム抹消「コックピットから内側だと思った」 / マクラーレン F1スペインGP 予選
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を11番手で終えた。

予選Q2の2回目のアタックでトップ10入りを果たしたかのように見えたランド・ノリスだったが、かなり際どいトラックリミット違反の判定でベストタイムが抹消され、11番手で予選を終えることになった。

ダニエル・リカルド 「アメリカでのF1人気にごり押し感はない」

2022年5月17日
ダニエル・リカルド 「アメリカでのF1人気にごり押し感はない」
マクラーレンのF1ドライバーであるダニエル・リカルドは、アメリカでのF1人気の高まりはごり押しだとは感じていないと語る。

今年、F1はマイアミGPを初開催。マイアミはアメリカでの2つ目のレースであり、2023年には3つ目のレースとなるラスベガスGPがオースティンとマイアミに加わる。

ダニエル・リカルド 「F1キャリアの後半にいるのは間違いない」

2022年5月14日
ダニエル・リカルド 「F1キャリアの後半にいるのは間違いない」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1キャリアの“後半”にいるのは間違いないと認め、もう10年もそれが続くことはないだろうと語る。

昨年、チャンピオンシップを狙える可能性のある車を求めていたダニエル・リカルドは、4年間で3つ目のチームとなるマクラーレンに移籍した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム