ダニエル・リカルド 「ヒュルケンベルグのF1キャリアはまだ終わってない」

2019年11月22日
ダニエル・リカルド 「ヒュルケンベルグのF1キャリアはまだ終わってない」
ダニエル・リカルドは、ニコ・ヒュルケンベルグが2020年のF1シートを獲得できなかったに関わらず、彼のF1キャリアはまだ終わってはいないと考えている。

ルノーは、2020年のダニエル・リカルドのチームメイトとしてエステバン・オコンと契約。ニコ・ヒュルケンベルグは2020年のF1シートを失った。ヒュルケンベルグはハースF1チームと交渉したが、条件に同意できず、また、アルファロメオの噂もアントニオ・ジョビナッツィの続投で立ち消えとなった。

ダニエル・リカルド 「トロロッソの活躍はルノーをやる気にさせている」

2019年11月20日
ダニエル・リカルド 「トロロッソの活躍はルノーをやる気にさせている」
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、F1ブラジルGPでのトロロッソ・ホンダの好成績は、来週末のF1アブダビGPにむけてチームをやる気にさせていると語る。

昨年のコンストラクターズ選手権を4位で終えたルノーは、今年トップ3チームとのギャップを縮めることを目標にシーズンに入った。しかし、F1ブラジルGPでカルロス・サインツが3位表彰台を獲得したことでルノーとの差を48ポイントとしたマクラーレンが4位を確定された。

ダニエル・リカルド 「レッドブル・ホンダの改善は印象的」

2019年11月17日
ダニエル・リカルド 「レッドブル・ホンダの改善は印象的」
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、F1ブラジルGPでマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した元所属チームであるレッドブル・ホンダの好調ぶりを見るのはもしろ幸せなことだと主張する。

土曜日の予選ではホンダのF1エンジンが脚光を浴びることになった。インテルラゴスのロングストレートでの強力なパフォーマンスとツイスティなインフィールドでのスピードが組み合わさり、マックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。

ダニエル・リカルド 「2020年にF1で“シューイ”を復活させる意気込み」

2019年11月15日
ダニエル・リカルド 「2020年にF1で“シューイ”を復活させる意気込み」
ダニエル・リカルドは、ルノーF1チームと契約したときに抱いていた今季への期待は重要視しておらず、2020年に“シューイ”を復活させることを決している。

ダニエル・リカルドは、レッドブル時代の2018年のモナコGPで優勝して以来、表彰台から遠ざかっている。ルノーに移籍した今季ここまでの最高成績はモナコGPでの4位となっている。

ダニエル・リカルド 「ルノーF1での中団バトルで新たなスキルが身についた」

2019年11月14日
ダニエル・リカルド 「ルノーF1での中団バトルで新たなスキルが身についた」
ダニエル・リカルドは、ルノーF1チームでミッドフィールドを戦っていくなかで自分のレースクラフトに新しいスキルが追加されたと語る。

2019年のここまでの19戦でダニエル・リカルドは3レースを除いて3列目よりも後ろからレースをスタート。レッドブル時代にはオーバーテイクを得意としていたリカルドだが、後方からスタートすることでオープニングラップのドライビングへの適応を迫られた。

リカルド 「ルノーはマクラーレンより劣ることを受け入れる必要がある」

2019年11月13日
リカルド 「ルノーはマクラーレンより劣ることを受け入れる必要がある」
ダニエル・リカルド 「ルノーはマクラーレンより劣ることを受け入れる必要がある」

ダニエル・リカルドは、2019年にルノーF1チームがマクラーレンよりも劣っていたことを受け入れなければならないとし、2020年はマクラーレンが後退するのを期待するのではなく、挑戦者として戦うことを望んでいると語る。

リカルド 「接戦バトルができるならF1マシンが3秒遅くても構わない」

2019年11月11日
リカルド 「接戦バトルができるならF1マシンが3秒遅くても構わない」
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、2021年のF1レギュレーションによって接近戦が可能になるのであれば、F1マシンが遅くなったとしても構わないと語る。

2021年のF1レギュレーションでは、接戦バトルを可能にするためにF1マシンの空力コンセプトが変更される。先行マシンを追う際のダウンフォースの損失を抑えるためにグランドエフェクトを採用する。

ダニエル・リカルド 「僕がチームメイトならハミルトンともっと戦える」

2019年11月10日
ダニエル・リカルド 「僕がチームメイトならハミルトンともっと戦える」
ダニエル・リカルドは、自分がメルセデス乗っていれば、過去や現在のチームメイトよりもルイス・ハミルトンと戦えるはずだと考えている。

ダニエル・リカルドは、レッドブルとの関係を終えて2019年にルノーに移籍。今季、ルノーは3強チームに挑めることを期待していたが、パフォーマンスと信頼性に苦戦。F1アメリカGPでようやく今シーズン初めて2戦連続でダブルポイントフィニッシュを達成した。

レッドブル 「ルノーがF1から撤退してもリカルドを受け入れる余地はない」

2019年11月7日
レッドブル 「ルノーがF1から撤退してもリカルドを受け入れる余地はない」
レッドブルのヘルムート・マルコは、今シーズン限りでルノーがF1から撤退することになってもレッドブル・ホンダにはダニエル・リカルドのための“余地はない”と語る。

昨年末、ダニエル・リカルドがチームを離れてワークスルノーに移籍した際、レッドブルは大きなショックを受けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム