モナコF1レーシング、2億ドルの保証料の免除で新規F1参戦に望み

2021年2月9日
モナコF1レーシング、2億ドルの保証料の免除で新規F1参戦に望み
『モナコF1レーシングチーム』と呼ばれるモナコを拠点とする新しいF1プロジェクトは、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリによる最近の発言に駆り立てられており、将来のどこかの時点でF1グリッドに参加することを目指している。

サルバトーレ・ガンドルフォによって設立されたマネジメント企業の『Monaco Increase Management(MIM)』が主導するこのプロジェクトは、F1チーム設立のための2回目の取り組みとなる。

エディ・ジョーダン 「現代の企業化されたF1チームを運営するつもりはない」

2021年2月4日
エディ・ジョーダン 「現代の企業化されたF1チームを運営するつもりはない」
元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは、現代のF1チームはかつてとは“非常に異なって”おり、自分の仕事の仕方は“非常に古風”であるため、再びF1チームの運営をすることはないと語る。

エディ・ジョーダンは、1980年代初頭にエディ・ジョーダン・レーシングを設立するためにレースをやめた。同チームは、複数のカテゴリーでマシンを走らせ、ジョニー・ハーバートとジャン・アレジがそれぞれ英国F3と国際フォーミュラ3000でタイトルを獲得して成功を収めた。

エイドリアン・カンポスが逝去:元F1ドライバーの有名チームオーナー

2021年1月28日
エイドリアン・カンポスが逝去:元F1ドライバーの有名チームオーナー
元F1ドライバーでカンポス・レーシングのオーナーであるエイドリアン・カンポスが60歳で亡くなった。

カンポス・レーシングは短い声明で次のように述べた。

「今日はカンポス・レーシングの歴史の中で最も悲しい日です。私たちの社長兼創設者であるエイドリアン・カンポス・スニェールが亡くなりました」

F1を舞台にしたロバート・デ・ニーロ&ジョン・ボイエガ出演映画が制作

2021年1月26日
F1を舞台にしたロバート・デ・ニーロ&ジョン・ボイエガ出演映画が制作
ハリウッド俳優のロバート・デ・ニーロとスター・ウォーズ出演のジョン・ボイエガが出演するF1を舞台にした架空の犯罪映画がNetflixで上映される。

『The Formula』と題されたことの映画は、マフィアに巻き込まれ、家族を救うために逃走ドライバーとしての役割を果たすことを余儀なくされたアメリカ人F1ドライバーについてストーリーとなる。

Juju、2021年はアメリカでF4 UNITED STATES選手権に参戦

2021年1月19日
Juju、2021年はアメリカでF4 UNITED STATES選手権に参戦…RoKiTと育成ドライバー契約
Jujuこと野田樹潤は、2021年にアメリカ合衆国の「F4 UNITED STATES CHAMPIONSHIP」に参戦することが決定。新たな激戦の舞台でさらなる成長を目指す。

メインスポンサーは、Tポイント・ジャパン、ミキハウス。さらに、2021年は、アメリカを拠点に多彩なビジネスを展開し、F1チームを支援した実績もあるグローバル企業「ROKiT」がJujuを育成ドライバーとしたことで、同社の支援も受けることとなった。

F1:アレックス・ザナルディ、会話ができるまで回復

2021年1月17日
F1:アレックス・ザナルディ、会話ができるまで回復
元F1ドライバーのアレックス・ザナルディは、再び話ができるまで回復しているとイタリアメディアが報じている。

53歳のアレックス・ザナルディは、6月にイタリアで行われたハンドサイクルのレース中にトラックと衝突して頭部に外傷を負い、5回の神経学的および頭蓋顔面再建の手術を受けてきた。

With best New Year’s wishes 2021年もF1で感動を!

2021年1月1日
With best New Year’s wishes 2021年もF1で感動を!
HAPPY NEW YEAR 2021! 今年もよろしくお願い致します。

今年の1枚にはF1イタリアGPで初勝利を挙げたアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーを選ばせていただきました。2019年シーズン途中での降格という逆境を払いのけて掴んだ勝利。誰もが上がれるわけではない表彰台の頂点で感極まるガスリーは本当に印象的でした。

女性ドライバー、レース契約と引き換えにヌード撮影を要求された屈辱

2020年12月30日
女性ドライバー、レース契約と引き換えにヌード撮影を要求された屈辱 / F1関連ニュース
Wシリーズに参戦するエマ・キミライネンが、キャリア初期の屈辱の契約交渉を告白した。

女性ドライバーのエマ・キミライネンは、20歳だった2010年シーズンにヨーロッパでシートを獲得できず、アメリカへと渡り、インディライツのチームと交渉していた。そのインディライツのチームは、彼女が持ち込まなければならないスポンサー資金について『心配しなくていい』『すべて手配している』と伝えたという。

F1:アレックス・ザナルディ、握手や親指で“OKサイン”ができるまで回復

2020年12月26日
F1:アレックス・ザナルディ、握手や親指で“OKサイン”ができるまで回復
元F1ドライバーのアレックス・ザナルディは、事故による負傷から神経学的に大きな回復を示しており、医師の質問に手の動きで応答することができるようになったと伝えられている。

53歳のアレックス・ザナルディは、6月にイタリアで行われたハンドサイクルのレース中にトラックと衝突して頭部に外傷を負い、5回の神経学的および頭蓋顔面再建の手術を受けてきた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム