佐藤万璃音、2023年はユナイテッド・オートスポーツからELMSに参戦

2023年2月3日
佐藤万璃音、2023年はユナイテッド・オートスポーツからELMSに参戦
佐藤万璃音は、2023年にスポーツカーレースに転向し、ユナイテッド・オートスポーツからヨーロッパ・ル・マン・シリーズ(ELMS)に参戦する。

過去3シーズンをFIA-F2で過ごした佐藤万璃音は、イギリス人コンビのオリバー・ジャービスとフィル・ハンソンとともに、ユナイテッドが今季ELMSに投入する3台のLMP2マシンであるオレカ07-ギブソンののうちの1台、22号車ラインアップに加わる。

元F1ドライバーのジャン・アレジ、義理の兄への爆竹事件で無罪判決

2023年1月20日
元F1ドライバーのジャン・アレジ、義理の兄への爆竹事件で無罪判決
元F1ドライバーのジャン・アレジは、木曜日にフランスの裁判所で花火のいたずらに関連した容疑で無罪となった。

ジャン・アレジ(58歳)の息子のジュリアーノ(23歳)とその友人は、義理の兄弟の建築事務所に爆竹を投げ込んで、窓とシャッターを破損させたとして警察で取り調べを受けた。

カルロス・サインツSr、ダカールラリー2023の事故で椎骨を2か所骨折

2023年1月18日
カルロス・サインツSr、ダカールラリー2023の事故で椎骨を2か所骨折
カルロス・サインツSr は、ダカールラリー2023での事故で複数の椎骨骨折を負った。

2度のワールドラリーチャンピオンであるカルロス・サインツSrは、ダカールのステージ9の早い段階で大きな事故に見舞われ、アウディの車両はノーズとルーフに着陸してひっくり返った。

ダカールラリー2023:トヨタのナッサー・アル-アティヤが通算5勝目

2023年1月16日
ダカールラリー2023:トヨタのナッサー・アル-アティヤが通算5勝目
トヨタのドライバーであるナッサー・アル-アティヤは、ダカールラリー2023でゲラン・シシェリが優勝した最終テストを慎重に通過した後、通関5回目の勝利を収めた。

ナッサー・アル-アティヤのもう1つの特徴は、すべてのライバルが道に迷った後、保守的なアプローチに切り替えたことだ。日曜日のアル・ホフーフとダンマームの間の最後ステージの136kmを安全に8位を獲得したアル-アティヤは、ダカールの最近の歴史の中で最も圧倒的な勝利となる1時間20分49秒差で総合的な優勝を獲得した。

頭文字D後継作『MFゴースト』が2023年にTVアニメ化が決定

2023年1月4日
頭文字D後継作『MFゴースト』が2023年にTVアニメ化が決定
頭文字D後継作『MFゴースト』の2023年のTVアニメ化が決定した。

『MFゴースト』は、しげの秀一原作にて、2017年より「ヤングマガジン」(講談社)で連載中の漫画作品。単行本の累計発行部数は400万部を突破。同じく「ヤングマガジン」にて1995年から2013年まで連載され“公道最速伝説”を描いた『頭文字D』の近未来の世界観設定にて、実在する公道でのカーレースバトルを描いている。最新刊15巻が発売中。

ケン・ブロックがスノーモービルの事故で死去 享年55歳

2023年1月3日
ケン・ブロックがスノーモービルの事故で死去 享年55歳
ラリー界スターであるケン・ブロックが、スノーモービルの事故により55歳で亡くなった。

ユタ州でのクラッシュ後のケン・ブロックの死は、米国時間の月曜遅くに彼のラリーチームであるフーニガン・レーシング・ディビジョンによって発表された。ブロックには、妻のルーシーと3人の子供がいる。

HAPPY NEW F1 YEAR 2023! 新世代F1マシンでの真の戦いへ

2023年1月1日
HAPPY NEW F1 YEAR 2023! 新世代F1マシンでの真の戦いへ
HAPPY NEW F1 YEAR 2023! 今年もよろしくお願い致します。

今年の一枚にはF1日本GPの前夜祭で美しいグリーンのライトに照らされるセバスチャン・ベッテルをセレクト。3年ぶりに開催されたF1日本GPはベッテルにとってラスト鈴鹿。予選での日本語での「アリガトウゴザイマス、スズカ」の無線メッセージは切なくも温かい気持ちになりました。

“サッカーの王様” ペレ氏の死去にF1界からも哀悼の意

2022年12月30日
“サッカーの王様” ペレ氏の死去にF1界からも哀悼の意
F1の最高経営責任者(CEO)であるステファノ・ドメニカリは、82歳で亡くなったブラジルのサッカー界のレジェンド、ペレ氏に敬意を表して短いメッセージを公開した。

サッカーのワールドカップでブラジルを3度の優勝に導き、“サッカーの王様”の愛称でも知られる元ブラジル代表のペレ氏の死は、ソーシャルメディアで彼の娘によって確認された。

F1チーム代表の役割は?各F1チームプリンシパルの経歴

2022年12月14日
F1チーム代表の役割は?各F1チームプリンシパルの経歴
2023年のF1世界選手権にむけて、各F1チームの代表(チームプリンシパル)に大シャッフルがあった。その役割と各チームのF1チーム代表のバックグラウンドに迫る。

F1のチームプリンシパルとは、簡単に言えば、F1チームのボスだ。過去にはチームプリンシパルとオーナー/創設者が同一人物であることが多かった時代があった。コーリン・チャップマン(ロータス)、ブルース・マクラーレン、または最も永続的にフランク・ウィリアムズなどが挙げられる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム