ヒョンデ 既存F1チームを買収してのF1参入に関心との報道

2024年6月4日
ヒョンデ 既存F1チームを買収してのF1参入に関心との報道
韓国の自動車大手ヒョンデがF1チームの買収に関心を高めているという噂が広まっている。

ヒョンデは現在、FIA世界選手権レベルでのラリー競技に参加しており、2014年にi20Nをデビューさせて以来、世界ラリー選手権で存在感を示している。

WRCでの活躍は、元ルノーF1チームのチーム代表であるシリル・アビテブールが指揮を執っている。この韓国ブランドは、2019年と2020年にマニュファクチャラーズタイトルを獲得している。

F1 AIテクノロジーの使用は「規制する段階にない」とドメニカリ

2024年5月22日
F1 AIテクノロジーの使用は「規制する段階にない」とドメニカリ
F1はまだ、各チームがますます強力になっているAI(人工知能技術)テクノロジーの使用を規制するために介入することはできないようだ。

爆発的な勢いで急速に進化するAIのパワーが地球を席巻するなか、F1のトップチームも遅れをとることなく、パフォーマンス向上のためにAIを活用し始めている。

パット・シモンズ F1チーフテクニカルオフィサーを退任との報道

2024年5月21日
パット・シモンズ F1チーフテクニカルオフィサーを退任との報道
F1のチーフテクニカルオフィサーであるパット・シモンズが、7年間務めたその職を去ることになったとAutosportが報じた。

パット・シモンズは2017年からF1組織の一員となり、グランプリレースのテクニカルレギュレーションを策定するチームの一員としてレースを向上させてきた。彼は2022年の新グラウンドエフェクト時代の役割に貢献しただけでなく、2026年に登場するまったく新しいマシンの制作にも携わった。

F1 2030年のネットゼロ達成に向けた持続可能性の向上を発表

2024年4月17日
F1 2030年のネットゼロ達成に向けた持続可能性の向上を発表
F1は、2030年までに二酸化炭素排出量を半減させることを目標に掲げており、2018年から2022年の間に二酸化炭素排出量を13%削減したと発表した。

F1の2030年までのネットゼロキャンペーンは、2018年を基準として、絶対的な炭素排出量の50%削減を目指している。これには、F1の施設、F1のレースイベント、およびその間のすべての移動と物流でのエネルギー消費が含まれる。残りの排出量については、信頼できるオフセット戦略を導入することを約束している。

ダカールラリー2024 カルレス・ファルコンが大クラッシュが原因で死去

2024年1月16日
ダカールラリー2024 カルレス・ファルコンが大クラッシュが原因で死去
スペイン人ライダー、カルレス・ファルコンが2024年ダカール・ラリーで重傷を負い、亡くなったとTwinTrailRacingチームが発表した。

ファルコンは1月7日(日)のラリー第2ステージで転倒して重傷を負い、事故後に脈がない状態で発見された後、蘇生措置を受けてアル・ドゥワディミ病院に空輸された。

大阪観光局 民間主導で大阪へのF1誘致を目指す…吉村知事も協力意向

2024年1月16日
大阪観光局 民間主導で大阪へのF1誘致を目指す…吉村知事も協力意向
大阪観光局は、F1世界選手権を民間主導で大阪に誘致することを目指す方針を明らかにした。

大阪観光局の溝畑宏理事長は15日(月)に大阪市で開催した会合で、2025年大阪・関西万博を契機としたスポーツイベントの誘致が課題になっていると述べ、F1開催が、海外の富裕層の呼び込みや、高級ホテルの誘致にも効果的だと説明した。

2024年のF1世界選手権:各F1チーム代表の経歴

2024年1月16日
2024年のF1世界選手権:各F1チーム代表の経歴
2024年のF1世界選手権では、新たなF1チーム代表が何人か登場する。最も経験豊富なボスがいるのはどのチームだろうか?

昨年はドライバー市場と同様にチーム代表にも大きな動きがあった。そして、2024年F1シーズンに向けては、引退や更迭によってさらに新たな名前が登場する。

Juju(野田樹潤) 2024年にBOSS GPへの参戦を発表

2024年1月8日
Juju(野田樹潤) 2024年にBOSS GPへの参戦を発表 / 旧型F1カーも混走
Jujuこと野田樹潤は、2024年にBOSS GPへ参戦することを発表した。

BOSS GPとは、過去のフォーミュラカーを使用した混走レース。F1、チャンプカー、インディカー、GP2、F3000といったマシンで争われる。BOSSは「Big Open Single Seater」の略となる。

ティレル F1ドライバーのレース前夜の性行為禁止など厳格なリーダーシップ

2023年12月25日
ティレル F1ドライバーのレース前夜の性行為禁止など厳格なリーダーシップ
自身の名を冠したF1チームの創設者であるケン・ティレルがドライバーのレース出場について厳しいルールを設けていたと主張し、バルテリ・ボッタスは故チームオーナーとうまくやっていけなかっただろうとあるF1ジャーナリストは語った。

ティレルは1968年から1998年までF1に参戦し、サー・ジャッキー・スチュワートとともに3度のドライバーズチャンピオンと1度のコンストラクターズチャンピオンを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム