ハースF1のミック・シューマッハ 「マグヌッセンの方がチームメイトとして快適」
ミック・シューマッハは、今シーズンにハースF1チームでチームメイトのなったケビン・マグヌッセンの方が、全のチームメイト - ニキータ・マセピン - よりも“快適”に感じていると語った。

ミック・シューマッハは、ニキータ・マゼピンをパートナーとしてセカンドシーズンに向かうことになっていたが、2022年シーズンの開幕を目前にしてロシアのウクライナ侵攻が起こったことにより、ハースF1チームはマゼピン家とのすべての関係を断ち切った。

ハースF1チームは、1年間F1を離れていたケビン・マグヌッセンをチームに復帰させた。

ミック・シューマッハは、以前と比較して、この現在のダイナミクスをはるかに満足していると言っても過言ではありません。

「ケビンは長い間レースをしてきた」とミック・シューマッハはSpeedWeekに語った。

「彼は2014年からF1でレースをしており、さまざまなタイプのマシンを動かすことができました。その豊富な経験が、2022年のハースにすばやく適応するのに役立ったと確信している」

「ケビンがグランプリ週末にどのようにアプローチを見るのは非常に興味深い。彼が車から感じる方法と僕が感じるものとで、僕たちはお互いに利益を得ることができている」

「僕たちはすべての情報を共有している。車がさまざまなコーナーでどのように動作するかについて非常にオープンだ」

「それから、僕たちは共同でインプレッションをまとめ、結果として車をさらに良くするように努めている。僕の方がが速いときがあれば、彼の方が速いときもある」

「今年は他のドライバーとの仕事上の関係がより快適になった。とてもうまくいっている。そして、僕たちは期待を再調整している。昨年は16位で満足しなければならなかった」

「今シーズンは、すべてがうまくいけば5位でフィニッシュできる」

F1オーストラリアGPのプレビューで、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハとケビン・マグヌッセンの関係が非常に調和のとれた職場環境に貢献していると語った。

「彼らの間の関係はかなり良いと思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「ミックにとって、彼は今ケビンというリファレンスがいる。そして、ケビンは彼がキャリアの中で6年間F1カーを運転することから得た経験でミックを助けようとしている」

「内部的には、チームはガレージの両側でエンジニアとメカニックが非常にうまく連携している。現時点では非常に良い雰囲気だ」

ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ケビン・マグヌッセン / ハース / ニキータ・マゼピン