メルセデスの2021年04月のF1情報を一覧表示します。

「メルセデスF1は2014年にどれだけエンジン性能を落とすか議論していた」

2021年4月30日
「メルセデスF1は2014年にどれだけエンジン性能を落とすか議論していた」とパディ・ロウ
メルセデスF1の元テクニカルディレクターであるパディ・ロウは、ハイブリッド時代の初年度となる2014年にF1エンジンの大きすぎるアドバンテージを隠すことを余儀なくされていたと明かした。

ハイブリッド時代のスタートで、メルセデスのF1パワーユニットはライバルよりも優位に立っていた。メルセデスF1のエンジニアは、2014年にF1に導入された新しい1.6リッター V6ターボハイブリッドのテクノロジーを完全に習得していた。

ジョージ・ラッセル 「トト・ヴォルフとの関係は損なわれていない」

2021年4月30日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「トト・ヴォルフとの関係は損なわれていない」 / F1ポルトガルGP 木曜記者会見
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPでのバルテリ・ボッタスとの事故によってメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとの関係は“まったくダメージを受けていない”と語る。

ジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝で9位をかけてバルテリ・ボッタスにオーバーテイクを仕掛けたが、濡れた路面に片輪を落としたことでコントロールを失ってクラッシュ。両者はお互いを批判した。

バルテリ・ボッタス 「ラッセルとは事故について話していない」

2021年4月30日
メルセデスF1のバルテリ・ボッタス 「ラッセルとは事故について話していない」 / F1ポルトガルGP 木曜記者会見
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1エミリア・ロマーニャGPの事故以来、ジョージ・ラッセルとはまだ話をしていないが、すでに終わったことだと語る。

バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPで9位を争っていた際に接触。高速でマシンをクラッシュさせて両者リタイアとなった。

フェリペ・マッサ 「バルテリ・ボッタスの苦境は精神的な問題」

2021年4月28日
元F1ドライバーのフェリペ・マッサ 「バルテリ・ボッタスの苦境は精神的な問題」
元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、バルテリボッタのメルセデスF1での現在の苦境は、コース上ではなく、ボッタスのメンタル面に問題があると信じている。

2017年にメルセデスF1に加入して以来、バルテリ・ボッタスは、F1初勝利を含めてこれまで9勝を挙げている。だが、チームメイトのルイス・ハミルトンが42勝を挙げて2017年以降タイトルを4連覇していることと比較すれば、その実勢は明らかに見劣りする。

メルセデスF1、バルテリ・ボッタスのエンジンが無事であることを確認

2021年4月28日
メルセデスF1、バルテリ・ボッタスのエンジンが無事であることを確認
メルセデスF1の技術者は、F1エミリア・ロマーニャGPでクラッシュを喫したF1パワーユニットに損傷はなかったと判断。F1ポルトガルGPでも1基目のパワーユニットを継続する。

F1エミリア・ロマーニャGPの34周目にバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルは大クラッシュ。マシンはほぼ全損ともいえる広範囲な損傷を受けており、メルセデスF1の技術者はマシンを詳細にチェックすることが余儀なくされた。

レッドブルF1 「メルセデスはホジキンソン加入を遅らせようと必死」

2021年4月28日
レッドブルF1 「メルセデスはホジキンソン加入を遅らせようと必死」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスがベン・ホジキンソンのレッドブルの新しいエンジン部門へ移動するのを必死に遅らせようとしていると語った。

現在、レッドブルF1は、2022年からホンダのF1パワーユニットを引き継いで自社で運用するための新会社『レッドブル・パワートレインズ』の専用ビルをファクトリーのあるミルトンキーンズの敷地内に建設している。

メルセデスF1代表 「イモラ後に選手権をリードしているのは怪我の功名」

2021年4月28日
メルセデスF1代表 「イモラ後に選手権をリードしているのは怪我の功名」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、前戦F1エミリア・ロマーニャGPを終えて両方のチャンピオンシップをリードしているのは“怪我の功名”だと認める。

ルイス・ハミルトンがコースアウトしてバリアに接触してフロントウイングを破損させてグラベルから抜け出すのに苦戦した直後、バルテリ・ボッタスがメルセデス育成のジョージ・ラッセルとのクラッシュでW12を大破させてリタイアするなど、メルセデスF1にとってはトラブル満載のレースとなった。

メルセデスF1、レッドブルのエンジニア引き抜きに対抗措置

2021年4月28日
メルセデスF1、レッドブルのエンジニア引き抜きに対抗措置
メルセデスF1は、エンジン開発で主要な役割を果たしてきたベン・ホジキンソンを引き抜かれたことを不満に思っており、レッドブルF1で仕事を開始するのをできる限り遅らせようと考えているという。

先週、レッドブルF1は、独自のエンジンプログラムを運用する新会社レッドブル・パワートレインズのテクニカルディレクターに、メルセデスに20年間在籍したベン・ホジキンソンを起用することを発表した。

レッドブルF1代表 「イモラでのルイス・ハミルトンは非常に幸運だった」

2021年4月28日
レッドブルF1代表 「イモラでのルイス・ハミルトンは非常に幸運だった」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エミリア・ロマーニャGPでメルセデスF1のルイス・ハミルトンが2位表彰台まで挽回できたのは“非常に幸運だった”と語る。

ルイス・ハミルトンは、レース中盤に周回遅れのジョージ・ラッセルを抜こうといて濡れた路面でコースアウトを喫してフロントウイングを壊し、グラベルで立ち往生。なんとかグラベルから脱出したが、周回遅れになっていた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム