元F1ドライバーのフェリペ・マッサ 「バルテリ・ボッタスの苦境は精神的な問題」
元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、バルテリボッタのメルセデスF1での現在の苦境は、コース上ではなく、ボッタスのメンタル面に問題があると信じている。

2017年にメルセデスF1に加入して以来、バルテリ・ボッタスは、F1初勝利を含めてこれまで9勝を挙げている。だが、チームメイトのルイス・ハミルトンが42勝を挙げて2017年以降タイトルを4連覇していることと比較すれば、その実勢は明らかに見劣りする。

上記の成績が示すように、これまでバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンに匹敵することができておらず、メルセデスF1との将来について常に疑問の目に晒されている。

ウィリアムズF1で3年間バルテリ・ボッタスのチームメイトを務めたフェリペ・マッサは、ボッタスは心理的にルイス・ハミルトンに打ち負かされていると感じているとし、セバスチャン・ベッテルも同様の苦境に直面していると語る。

「ボッタスのパフォーマンスは精神的な問題に関連していると思う」とフェリペ・マッサは Gazzetta dello Sport に語った。

「ルイス・ハミルトンのようなチャンピオンと自分を比較するのは簡単ではない。ベッテルにも同じことが言いる。二人とも微妙な状況を経験している」
バルテリ・ボッタスの将来がどうなるかに関わらず、フェリペ・マッサジョージ・ラッセルは来年のメルセデスF1で戦うチャンスを得るに値すると信じている。

「ジョージはイモラでミスを犯したが、本当にスーパードライバーだ」と元フェラーリドライバーは語った。

「彼はチャンスに値する。そしてうまくいけば、メルセデスは遅かれ早かれ彼にそのチャンスを与えるだろう」

「彼が落ち着いたときに謝罪したという事実は彼の成熟のしるしであり、彼は自分が間違っていたとあえて言ったことを評価したい」

フェリペ・マッサは、269回のF1グランプリを戦って11勝を挙げて2017年末にF1を引退した。現役時代にフェラーリでチームメイトだったフェルナンド・アロンソとキミ・ライコネンはまだグリッドにいる。

現在、FIA国際カーティング委員会の会長を務めるフェリペ・マッサは、2人のベテランのレースを見るのを楽しんでいると語る。

「彼らが見れるのは嬉しいことだし、彼らを応援している」とフェリペ・マッサは語った。

「もちろん、彼らがレースを楽しむ時間はあまり残っていないけど、最終的には誰にでも辞めるときはくるものだからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / フェリペ・マッサ / メルセデス