レッドブルF1代表 「イモラでのルイス・ハミルトンは非常に幸運だった」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エミリア・ロマーニャGPでメルセデスF1のルイス・ハミルトンが2位表彰台まで挽回できたのは“非常に幸運だった”と語る。

ルイス・ハミルトンは、レース中盤に周回遅れのジョージ・ラッセルを抜こうといて濡れた路面でコースアウトを喫してフロントウイングを壊し、グラベルで立ち往生。なんとかグラベルから脱出したが、周回遅れになっていた。

その後、チームメイトのバルテリ・ボッタスがジョージ・ラッセルと大クラッシュを喫してレースは赤旗中断。それにより、ルイス・ハミルトンはマシンを修復してラップを取り戻し、リスタート後に劇的な挽回劇を見せ、マックス・フェルスタッペンの後ろの2位でフィニッシュ。さらにファステストラップを記録したことで、1ポイント差でランキング首位を守った。

クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンは非常に幸運だったが、挽回は印象的なものだったと語る。

「ルイスは非常に幸運だったと言わざるを得ない。彼はきっと同意するだろう」とクリスチャン・ホーナーはレッドブルの公式ウェブサイトのコラムで語った。

「彼のチームメイトによって引き起こされた赤旗は、事実上、彼が表彰台フィニッシュのレースから外れた彼自身の事故の後に彼自身をアンラップすることを可能にした」

「しかし、それは彼による非常に強力なカムバックの走りだったし、メルセデスは再び素晴らしいレースペースを示した。現時点ではそれほど大きな差がないことが分かると思う」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダを今シーズンのコンストラクターズ選手権の優勝候補だとラベルをつけるメルセデスF1のチーム代表のトト・ヴォルフは「注意をそらすことに熱心だった」と語っている。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンのパフォーマンスと、F1で初めての予算上限の実装により、シーズン中の両方のチャンピオンシップをかけた戦いは手を緩める余裕がないことを知っていると語る。

「ミスを犯さず、予算上限ルールの範囲内で効率的にマシンを開発し、毎週末を最大限に活用して、その日を正しく過ごすことが重要だ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「我々は、ルイスのタイトル防衛に可能な限り多くのプレッシャーをかけるよう努めている。彼はコースオフするという根本的なミスを犯したが、あのような状況では簡単なことだ。だが、マックスの勝利後も、彼はレースでファステストラップを記録してして獲得した1ポイントのおかげでまだチャンピオンシップをリードしている」

「今後の21レースが最初の2レースと同じくらいエキサイティングなものになれば、壮大なシーズンになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス