マクラーレンの2022年08月のF1情報を一覧表示します。

ランド・ノリス、マクラーレンF1を去るリカルドと「多くの良い思い出」

2022年8月30日
ランド・ノリス、マクラーレンF1を去るリカルドと「多くの良い思い出」
ランド・ノリスは、2022年シーズン限りでマクラーレンF1チームを離れるダニエル・リカルドと一緒に過ごした時間は「良い思い出」を残してくれるだろうと語る。

ダニエル・リカルドは 2021 年にルノーから複数年契約でマクラーレンに加入し、2021年のF1イタリアGPではチームに2012年以来となる勝利をもたらし、現在までに134ポイントを獲得したが、オスカー・ピアストリの加入が噂されるなかで、契約を1年間早期に終了することに同意した。

ザク・ブラウン 「ダニエル・リカルドとの失敗で契約の教訓を学んだ」

2022年8月28日
マクラーレンF1のザク・ブラウン 「ダニエル・リカルドとの失敗で契約の教訓を学んだ」
ザク・ブラウンは、マクラーレンF1チームとダニエル・リカルドとの契約が早期に終了したことで、チームとドライバーとの将来の契約により多くのパフォーマンス条項を盛り込むようになったと語る。

マクラーレンとダニエル・リカルドは、契約上合意された2023年末の任期の1年前となる今シーズンの終わりに別れを告げる。マクラーレンが2020年春にリカルドを採用したのは新型コロナウイルスによって混乱したシーズンが始まる前でさえあったが、8回のグランプリウィナーであるリカルドと実りあるパートナーシップが期待されていた。

ダニエル・リカルド 「忙しい一週間だったのでレースをするのが楽しみ」

2022年8月28日
ダニエル・リカルド 「忙しい一週間だったのでレースをするのが楽しみ」 / F1ベルギーGP予選
ダニエル・リカルドは、2022年F1ベルギーGPの予選を11番手タイムをマーク。決勝は7番グリッドからスタートする。

F1ベルギーGPに先立って、マクラーレンとの契約を1年早く解消し、今シーズン限りでチームを離れることに合意したダニエル・リカルド。精神的に忙しいなかで週末を迎えた。

リカルド、マクラーレンのF1シートを奪われても「ピアストリに恨みはない」

2022年8月27日
ダニエル・リカルド、マクラーレンのF1シートを奪われても「ピアストリに恨みはない」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンのF1シートを奪われたにも関わらず、仲間のオーストラリア人であるオスカー・ピアストリに敵意を感じていないと語った。

マクラーレンからの公式な発表はなく、アルパインF1チームを巻き込んだF1契約承認委員会の訴訟はまだ係争中だが、マネージャーのマーク・ウェバーがまとめた契約により、オスカー・ピアストリは2023年にマクラーレンでレースをする準備ができているようだ。

オスカー・ピアストリを巡るアルピーヌvsマクラーレンのF1契約バトルが開始

2022年8月26日
オスカー・ピアストリを巡るアルピーヌvsマクラーレンのF1契約バトルが開始
2023年にアルピーヌF1チームとマクラーレンのどちらがオスカー・ピアストリを起用できるかを決定するためのF1の契約承認委員会 (CRB)の公聴会が来週行われると伝えられている。

オスカー・ピアストリとマクラーレンは有効だと信じている契約にサインし、現在、ピアストりはアルピーヌF1チームとの契約紛争の中心にいる。

ランド・ノリス、リカルドのマクラーレンF1での苦境に「同情はない」

2022年8月26日
ランド・ノリス、リカルドのマクラーレンF1での苦境に「同情はない」
ランド・ノリスは、マクラーレンF1チームから早期退団が決定したダニエル・リカルドに「同情はしていない」と語る。

ダニエル・リカルドは、2021年シーズンにマクラーレンに加入したが、ランド・ノリスのペースに匹敵することに苦しんでいる。

今週初め、マクラーレンは、ダニエル・リカルドとの契約を1シーズン早くに終了し、今シーズン限りで退団することを発表した。

ダニエル・リカルド 「2023年はF1からのサバティカルもあり得る」

2022年8月26日
ダニエル・リカルド 「2023年はF1からのサバティカルもあり得る」
ダニエル・リカルドは、2023年F1シーズンを欠場する可能性にオープンであることを認めている。

今週初め、ダニエル・リカルドがマクラーレンとの契約を1年早くに終了し、今シーズンの終わりにチームを離れることが発表された。

ダニエル・リカルドは、昨シーズンのF1イタリアGPで画期的な勝利を収めたにもかかわらず、2021年にマクラーレンに到着して以来、フォームに苦しんでいる。f

マクラーレンF1、オスカー・ピアストリ獲得のための問題解決に自信

2022年8月25日
マクラーレンF1、オスカー・ピアストリ獲得のための問題解決に自信
マクラーレン・レーシングのボスであるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドの後任 - オスカー・ピアストリ - の雇用に関して法的な論争に直面する可能性があるにもかかわらず、マクラーレンF1チームは2023年のドライバーラインナップについて「非常に自信を持っている」と語った.

マクラーレンとダニエル・リカルドは、水曜日に契約の早期終了について相互に合意したことを発表したが、ザク・ブラウンは、リカルドの後任となるドライバー、つまり現在のアルピーヌF1チームのジュニアドライバーであるオスカー・ピアストリについては言及しなかった。

ダニエル・リカルド、マクラーレン退団も「F1への情熱は揺らいでいない」

2022年8月25日
ダニエル・リカルド、マクラーレン退団も「F1への情熱は揺らいでいない」
2022年シーズン限りでマクラーレンを退団することを発表したダニエル・リカルドだが、今後もF1でレースを続けたいという意思を改めて表明した。

2021年のF1イタリアGPでマクラーレンに9年ぶりの勝利もたらしたダニエル・リカルドだが、2023年まで結んでいた3年契約を1年早く終了することに合意し、今シーズン限りでチームを去ることになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム