ランド・ノリス、マクラーレンF1を去るリカルドと「多くの良い思い出」
ランド・ノリスは、2022年シーズン限りでマクラーレンF1チームを離れるダニエル・リカルドと一緒に過ごした時間は「良い思い出」を残してくれるだろうと語る。

ダニエル・リカルドは 2021 年にルノーから複数年契約でマクラーレンに加入し、2021年のF1イタリアGPではチームに2012年以来となる勝利をもたらし、現在までに134ポイントを獲得したが、オスカー・ピアストリの加入が噂されるなかで、契約を1年間早期に終了することに同意した。

ダニエル・リカルドのマクラーレン退団のニュースについて質問されたランド・ノリスは「当然だけど大変だったと思う」と語った。

「僕たち二人の間、そして、レーシングドライバーとして、僕たちは先頭に立ちたいと思っている。僕たちはレースに勝ちたいし、表彰台に立ちたいと思っている」


「ここ数年は大変だったけど、同時にとても楽しかった。僕たちはとてもうまくやってきたし、常にお互いを助けようとしてきた」

「ときどき、非常に閉鎖的で話をしたくないチームメイトもいると思うけど、僕たちは多くの良い瞬間と良い思い出があり、笑いが絶えなかったし、それはいつだってF1での人生をより楽しくしてくれる」

ダニエル・リカルドは、F1での競争を続ける意欲を繰り返しており、木曜日にスパ・フランコルシャンでセバスチャン・ベッテルやルイス・ハミルトンなどがリカルドへの支持を表明した。

ランド・ノリスは、ダニエル・リカルドがマクラーレンF1チームを去るという「悲しい」ニュースにもかかわらず、F1でリカルドが継続するのを見たいと付け加えた。

「いつだって悲しいことだ。F1がいかにタフで、必要なレベルでパフォーマンスを発揮することがいかにタフかを示しているだけだ。でも、僕は彼、そして、彼がF1キャリアですでに達成したことに対して多くの敬意を払っている」

「彼にとって終わりではない。来年はプランBがあると思う。来年彼とレースをするのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / ダニエル・リカルド