マクラーレンF1のザク・ブラウン 「ダニエル・リカルドとの失敗で契約の教訓を学んだ」
ザク・ブラウンは、マクラーレンF1チームとダニエル・リカルドとの契約が早期に終了したことで、チームとドライバーとの将来の契約により多くのパフォーマンス条項を盛り込むようになったと語る。

マクラーレンとダニエル・リカルドは、契約上合意された2023年末の任期の1年前となる今シーズンの終わりに別れを告げる。マクラーレンが2020年春にリカルドを採用したのは新型コロナウイルスによって混乱したシーズンが始まる前でさえあったが、8回のグランプリウィナーであるリカルドと実りあるパートナーシップが期待されていた。

しかし、マクラーレンに年間推定2000万ドルの費用がかかるパートナーシップは、昨シーズンのモンツァで目覚ましい勝利をもたらしたものの、チームまたはドライバーの期待に応えることができなかった。それは、ザク・ブラウンが予想もしていなかった失敗でもあった。

「彼は7回のグランプリで優勝し、最もホットなドライバーだった。彼は中断したところから再開するだろうと考えていたかもしれないし、それはある意味で当然のことだと思う」とダニエル・リカルドについてザク・ブラウンはThe High Performanceポッドキャストで話した。

「そこで私が学んだことは、実際には契約上のことだろう。ドライバーとして彼のために他にできることは何もなかったと思う」

「今ここに座って『彼をもっと競争力艇にするために何か違うことをすることはできなかったと思う。我々はすべてを試した』と私はかんがえている」

「関係を早期に終わらせるために、我々は多額の小切手を書かなければならなかった」

「次回は別の方法でやろうと思うのは、おそらく我々のパフォーマンス保護をさらに強化することだ。優れたドライバーが常に優れていると想定するだけではだめだ」

「それが1つ学んだことでだ。より契約上のものだが、それは大きなことだ」

マクラーレンとダニエル・リカルドはどちらも、昨シーズン、チームメイトのランド・ノリスに対して大幅にパフォーマンスを落とした根本原因を突き止めることができなかった。今年はなおさらだ。

しかし、ザク・ブラウンは、マクラーレンはドライバーをうまく機能させるためにできる限りのことをしたと主張する。

「我々は車を変えたり、人を変えたりしようとした。2シーズンにわたって2つの異なる車を使ってきたので、1年目は彼が車に馴染めなかったのではないかと考えた。2年目に何が起こるか見てみよう。まったく別の車だとね」とザク・ブラウンは説明した。

「しかし、我々は唯一の戦略が希望であるという点に到達した。希望は素晴らしい戦略ではないと思う」

「それは大きなミステリーだった。我々はモンツァでそれがそこにあるのを見た。疑いの余地はない。彼が8回のグランプリを偶然に獲得したわけではない。我々は一緒にそれを解き明かすことができなかった」

「そして、ランドのドライビングは素晴らしく、車のパフォーマンスを発揮させているので、ここに座って、我々が別のやり方でやったであろうこと、見ておくべきだったことや知っておくべきだったことは何もないと思う」

「唯一のことは、ビジネスの観点から、契約上、『うまくいかなかったらどうするか』と尋ねることができたのではないかということだ。我々はとても興奮していて、マイナス面のシナリオについてはあまり考えていなかったと思う」

「しかし、契約上の保護が得られるかどうかも分からない。今ここに座って、『契約にこれがあればよかったのに』と言うことはできますが、彼がそれに同意したかどうかは誰にも分からない」

「だが、彼も『そんなことは絶対に起こらないだろう。僕は契約の内容に同意するだろう』と言って同意していたかもしれない」

マクラーレン F1 ダニエル・リカルド

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド