ランド・ノリス、リカルドのマクラーレンF1での苦境に「同情はない」
ランド・ノリスは、マクラーレンF1チームから早期退団が決定したダニエル・リカルドに「同情はしていない」と語る。

ダニエル・リカルドは、2021年シーズンにマクラーレンに加入したが、ランド・ノリスのペースに匹敵することに苦しんでいる。

今週初め、マクラーレンは、ダニエル・リカルドとの契約を1シーズン早くに終了し、今シーズン限りで退団することを発表した。

木曜日にメディアに語ったランド・ノリスは、自分とダニエル・リカルドの両方が車のパフォーマンスに関して異なる要求をすることが多く、彼自身もまだMCL36に満足していないと語った。

しかし、ランド・ノリスは、レース週末を通して提示される車のバランスの問題を克服することができたと述べた。

以前、ダニエル・リカルドは、マクラーレンの2021年マシンを運転するのが「独特」だと述べており、元マクラーレンのF1ドライバーだったカルロス・サインツJr.もマクラーレンのF1マシンをナビゲートすることの難しさについてコメントしていた。

ダニエル・リカルドが以前にレッドブルとルノーのマシンで優れていたことを考えると、彼の苦境に同情しているかと質問されたランド・ノリスは「言いたくはないけど、ノーだ」とコメント。

「こう言うと人はたぶん嫌われるだろうけど、それは難しいことだ。将来、このクルマや別のチームなどでそれに遭遇するかどうかわからないし、今後に向けて自分自身を矛盾させたくはないけど、運転に集中するしかない」

「他の誰かに集中するのは僕の仕事ではないし、僕はドライバーのコーチでもない。そのようなことを手伝ったりするためにここにいるわけでもない」

「僕は最高のパフォーマンスを発揮するためにここにいる。それだけだ。だから、そういった他のことをするのも僕の仕事で、それを支援し、説明し、実行することが私の仕事だと人々が期待してくると難しい。実際にはそうではないからね」

ランド・ノリスは、自分自身から焦点を外すと、自分のキャリアが危険にさらされる可能性があることを認識していると語る。

「数年間良いパフォーマンスを発揮できなければ、それは僕のキャリアの終わり、F1での運転の終わりになる可能性もある」とランド・ノリスは語った。

「ほとんどの時間、自分自身に集中する必要がある。すべてのドライバーは、自分がいるシナリオに適応する必要があり、それが僕がしなければならなかったと感じていることだ」

「ただ乗り込んで、流れに任せてパフォーマンスを発揮できると感じるような車ではない」

「今年の初め、ダニエルはプレシーズンテストなどで僕よりも優れたパフォーマンスを発揮していた。彼は自然体で自分が望むように車を運転できるように見えた。僕は学んでいかなければならなかった。ここ数年、車の運転で慣れていたのと比べて、新しい運転方法だ」

「だから、僕は適応する仕事をしなければならなかったと感じているし、彼もそうしている。彼らは良い仕事をすることができなかったから同情しなければならないようなドライバーはいないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / ダニエル・リカルド