ダニエル・リカルド 「2023年はF1からのサバティカルもあり得る」
ダニエル・リカルドは、2023年F1シーズンを欠場する可能性にオープンであることを認めている。

今週初め、ダニエル・リカルドがマクラーレンとの契約を1年早くに終了し、今シーズンの終わりにチームを離れることが発表された。

ダニエル・リカルドは、昨シーズンのF1イタリアGPで画期的な勝利を収めたにもかかわらず、2021年にマクラーレンに到着して以来、フォームに苦しんでいる。f

ダニエル・リカルドは、2023年の計画をまだ確認していないが、アルピーヌとハースへの移籍が噂されている。

しかし、ダニエル・リカルドは、2024年でF1グリッドに戻ることを視野に入れて、2023年は完全に傍観者の立場を取ることを選択する可能性があると主張する。

「サバティカルが理にかなっているなら、それを検討する」とダニエル・リカルドは言った。

「僕が興味を持っているレースはF1だけだ。僕のキャリアのこの段階では、僕が愛しているのはF1だ」

「そんなレースをするにしても、それが僕が自分を見る場所だ。条件が揃わず、来年は完全に意味がなく、リセットまたは再評価するためにその時間を休むことを意味する場合、それが正しいことであるなら、僕は喜んでそうする」

マクラーレン退団が差し迫っているにもかかわらず、ダニエル・リカルドは、2022 年の残りのレースに向けて肩の荷が下りたと主張している。

「これで肩の荷が下りた」とダニエル・リカルドは語った。

「それは『とにかくレースを楽しめ』ということだ」

「僕はいつも証明すべき点があると感じている。チームはこの決定を下したけど、チームは僕を支えてくれているし、ラスト9レースを最大限に活用し、最高の状態でフィニッシュできるようにしたい」

「僕を応援し、うまくやってほしいと思ってくれている人はたくさんいる。私は走り回ることを楽しむタイプではない。できる限り競争力を持って速く走りたいと思っている」

「怠けることはない。それはあり得ない。とにかく『やってやろう。楽しんでもう一度モンツァの瞬間を体験してやろう』ということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン