2022年08月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1代表 「技術指令を出させたトト・ヴォルフに感謝!」

2022年8月30日
レッドブルF1代表 「技術指令を出させたトト・ヴォルフに感謝!」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、スパ・フランコルシャンで支配的な週末を過ごした後、「技術指令を出させたトト・ヴォルグに感謝しなければならない!」とライバルであるメルセデスF1のチーム代表を皮肉った。

FIA(国際自動車連盟)は、グランドエフェクトカーに生まれ変わった新世代F1マシンに影響を与えたポーパシング/バウンシングを軽減するために、F1ベルギーGPで技術指令を発効。F1マシンの下のプランクとスキッドの摩耗を詳しく調べ、垂直方向の振動にも制限を課した。

ルイス・ハミルトン、アロンソとの事故で「背中を骨折するかと思った」

2022年8月30日
ルイス・ハミルトン、アロンソとの事故で「背中を骨折するかと思った」 / F1ベルギーGP
ルイス・ハミルトンは、F1ベルギーグランプリのオープニングラップでのフェルナンド・アロンソとのインシンデントで「背中を骨折するかと思った」と語る。

スパ・フランコルシャンでのオープニング ラップで、ルイス・ハミルトンはフェルナンド・アロンソのアウトサイドを回って抜こうとしたが、十分なスペースはなく、アロンソの左前輪に右後輪が当たり、マシンは空中に打ちあがり、レコンブ(ターン5)のランオフにハードヒットした。

セバスチャン・ベッテル 「アロンソを護衛する警察バイクに煽られた!」

2022年8月30日
セバスチャン・ベッテル 「アロンソを護衛する警察バイクに煽られた!」 / F1ベルギーGP
セバスチャン・ベッテルが、F1ベルギーグランプリの週末に行われたイベントで、公道でフェルナンド・アロンソ御一行と遭遇したエピソードでファンを沸かせた。

環境に優しいセバスチャン・ベッテルは、朝に自転車でトラックに向かっていると、パトカーと車の大きな車列が後ろからやってきたという。

2022年F1ベルギーGP:マックス・フェルスタッペンがF1史上2人目の記録

2022年8月30日
2022年F1ベルギーGP:マックス・フェルスタッペンがF1史上2人目の記録
2022年のF1ベルギーグランプリは、かなり驚くべき数値を生み出した。そのほとんどは、レースウィナーのマックス・フェルスタッペンによるものだが、スパ・フランコルヤンのレース後に考慮すべき魅力的な数字を与えたのはレッドブル・レーシングの男だけではなかった。

2022年F1第14戦ベルギーグランプリでは、マックス・フェルスタッペンが14番グリッドから支配的な速さを見せて優勝。2位との差は約18秒もの圧勝だった。フェルスタッペンは前戦ハンガリーでも10番グリッドから逆転勝利を収めている。

メルセデスF1代表 「フェルスタッペンは我々全員を上回っていた」

2022年8月30日
メルセデスF1代表 「フェルスタッペンは我々全員を上回っていた」 / ベルギーグランプリ 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2022年F1ベルギーグランプリの決勝を振り返った。

オープニングラップの接触でルイス・ハミルトンを失ったメルセデスF1だが、気温が高くなった日曜日に競争力を見せ、ジョージ・ラッセルが表彰台争いを展開して4位でフィニッシュ。それでも、夏休み前に優勝争いの手ごたえを掴んでいただけに悔しい結果となったとトト・ヴォルフは語る。

ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チームとの交渉を否定

2022年8月29日
ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チームとの交渉を否定
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームとの交渉を否定している。

フェルナンド・アロンソのアストンマーティンF1移籍をきっかけに勃発したアルピーヌF1チームのシート騒動。チームが後任にしたオスカー・ピアストリは、マクラーレンと契約しているとされ、アルピーヌF1チームとの契約を拒否。騒動はF1の契約承認員会に持ち込まれる。

メルセデスF1、“レッドピッグ”のカラーリングを採用しなかった理由を説明

2022年8月29日
メルセデスF1、“レッドピッグ”のカラーリングを採用しなかった理由を説明 / ベルギーグランプリ
メルセデスF1チームは、今週末のベルギーグランプリで、AMGの『レッドピッグ』をトリビュートしたカラーリングを F1マシンに使用しないことを選択した理由を説明した。

今週末は、有名な AMG メルセデス パフォーマンス部門の発足から 55 周年を迎える。この部門は、現在も続いており、現在のメルセデスF1チームの名前の一部を形成している(メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ)。

シャルル・ルクレールを苦しめたのはフェルスタッペンの捨てバイザー?

2022年8月29日
シャルル・ルクレールを苦しめたのはフェルスタッペンの捨てバイザー? / F1ベルギーGP
マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールのレースに妥協をもたらした捨てバイザーが自分のものではないことを願っていると語る。

シャルル・ルクレールは、F1ベルギーGPに先立って新しいパワーユニットに交換したため、決勝でグリッドペナルティが発生した。ライバルのマックス・フェルスタッペンも新しいパワーユニットで降格となったがレースに勝つことができた一方で、ルクレールの午後はスムーズではなかった。

エステバン・オコン 「ピエール・ガスリーがチームメイトでも問題ない」

2022年8月29日
アルピーヌF1のエステバン・オコン 「ピエール・ガスリーがチームメイトでも問題ない」
エステバン・オコンは、2023年にピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームでチームメイトになったとしても、うまくやっていけない理由はないと語る。

フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1へ移籍するためにアルピーヌF1チームを離脱し、リザーブドライバーを務めるオスカー・ピアストリが後任を務める可能性が高いように見えたが、現在、それはF1の契約承認委員会(CRB)に移されており、ピアストリはダニエル・リカルドの後任としてマクラーレンと契約したと考えられている。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 49 | 50 | 51 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム