2022年08月のF1情報を一覧表示します。

マックス・フェルスタッペン、F1日本GPでタイトル確定の可能性

2022年8月31日
マックス・フェルスタッペン、F1日本GPでタイトル確定の可能性
マックス・フェルスタッペンは、早ければ鈴鹿サーキットで3年ぶりに開催されるF1日本GPで2022年のF1ワールドチャンピオンを確定させる可能性がある。

フェラーリのシャルル・ルクレールがポール・トゥ・ウィンを飾り、レッドブル・レーシングのダブルリタイアで開幕した2022年のF1世界選手権。第3戦でもシャルル・ルクレールがポール・トゥ・ウィンで2勝目を挙げたことで、今年はフェラーリが独走すると考えられていた。

ハースF1チーム代表 「シューマッハよりリカルドの方がいいかもしれない」

2022年8月30日
ハースF1チーム代表 「シューマッハよりリカルドの方がいいかもしれない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2023年にミック・シューマッハに代わってダニエル・リカルドがチームに加入すれば、その方がチームは良くなるか可能性があると語り、メディアを惑わした。

日曜日はF1ベルギーGPの日かもしれないが、月曜日のジュネーブでの契約承認委員会の会議は、2023年の「シリーシーズン」の燃料になる可能性がある。

フェラーリF1代表 「技術指令はパフォーマンス不足の原因ではない」

2022年8月30日
フェラーリF1代表 「技術指令はパフォーマンス不足の原因ではない」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、F1ベルギーGPで発効されたポーパシング対策の技術指令が、レッドブル・レーシングに大敗した理由ではないと主張する。

この技術指令は、ポーパシングとFIA(国際自動車連盟)の垂直振動の測定基準に関連するものだけでなく、一部のチームがフロアのプランクとスキッド ロックのエリアでより多くの柔軟性を生み出すために利用しているとされるF1レギュレーションのグレーゾーンも阻止することが目的だった

ランド・ノリス、マクラーレンF1を去るリカルドと「多くの良い思い出」

2022年8月30日
ランド・ノリス、マクラーレンF1を去るリカルドと「多くの良い思い出」
ランド・ノリスは、2022年シーズン限りでマクラーレンF1チームを離れるダニエル・リカルドと一緒に過ごした時間は「良い思い出」を残してくれるだろうと語る。

ダニエル・リカルドは 2021 年にルノーから複数年契約でマクラーレンに加入し、2021年のF1イタリアGPではチームに2012年以来となる勝利をもたらし、現在までに134ポイントを獲得したが、オスカー・ピアストリの加入が噂されるなかで、契約を1年間早期に終了することに同意した。

アルファタウリF1のドライバー候補にコルトン・ハータが浮上

2022年8月30日
アルファタウリF1のドライバー候補にコルトン・ハータが浮上
レッドブルは、F1ドライバー市場の動きの中で、コルトン・ハータとの契約に関心を示しているとRACERが伝えている。

コルトン・ハータは現在アンドレッティ・オートスポーツのドライバーだが、マクラーレンと F1 テスト契約を結んでおり、FIA 契約認定委員会 (CRB) がオスカー・ピアストリの将来についてアルピーヌF1チームに有利な裁定を下した場合、ダニエル・リカルドの後任候補と見なされている。

ルクレール、F1ベルギーGPで大敗「タイトルは難しくなってきた」

2022年8月30日
シャルル・ルクレール、F1ベルギーGPで大敗「タイトルは難しくなってきた」
シャルル・ルクレールは、2022年のF1ワールドチャンピオン獲得は「難しくなってきた」と認める。

シャルル・ルクレールは、フェルナンド・アロンソを僅差で交わして5位でフィニッシュしたように見え、それだけでも残念なF1ベルギーグランプリだったが、しかし、ピットインでのスピード違反でレース後に6位に降格し、彼の失望は増すばかりだった。

ピエール・ガスリー 「レース開始の90秒前になんとか車が始動」

2022年8月30日
ピエール・ガスリー 「レース開始の90秒前になんとか車が始動」 / F1ベルギーGP
ピエール・ガスリーは、スクーデリア・アルファタウリがレース前に車を始動させようとしたときに突然の電気系に問題が発生し、F1ベルギーグランプリがスタートする前にリアイア寸前だったと語る。

ピエール・ガスリーは、8番グリッドからレースをスタートする予定だったが、フォーメーション ラップが始まるとそこにガスリーは姿をなかった。スクーデリア・アルファタウリのガレージでドラマが繰り広げられ、クルーが必死にアルファタウリAT03 を始動させようとしていた。

フェラーリF1代表 「レッドブルに軽量シャシーの開発費などないはず」

2022年8月30日
フェラーリF1代表 「レッドブルに軽量シャシーの開発費などないはず」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、レッドブルが大幅に軽量化されたシャシーを間もなくデビューさせる予定であるという噂に懸念を表明した。

報道によると、レッドブルは、2022年シーズンこれまでにチャンピオンシップのライバルであるフェラーリよりも著しく重い車でレースした後、RB18が新たにFIAのクラッシュテストが必要な程に軽量化されると伝えられている。

アウディ、F1参戦決定の重要な要素は「持続可能性とコスト効率」

2022年8月30日
アウディ、F1参戦決定の重要な要素は「持続可能性とコスト効率」
アウディは、2026年から専用に開発したF1パワーユニットとともに、F1世界選手権に参戦する。このプロジェクトは、インゴルシュタット近郊のノイブルクにあるアウディスポーツを拠点として行われる。F1用パワートレインが、ドイツ国内で製造されたことは、この10年以上ない。

アウディは、スパ・フランコルシャンで開催されたF1ベルギーグランプリの記者会見で、F1への参戦を発表した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 49 | 50 | 51 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム