オスカー・ピアストリを巡るアルピーヌvsマクラーレンのF1契約バトルが開始
2023年にアルピーヌF1チームとマクラーレンのどちらがオスカー・ピアストリを起用できるかを決定するためのF1の契約承認委員会 (CRB)の公聴会が来週行われると伝えられている。

オスカー・ピアストリとマクラーレンは有効だと信じている契約にサインし、現在、ピアストりはアルピーヌF1チームとの契約紛争の中心にいる。

アルピーヌF1チームは今月初め、フェルナンド・アロンソの後任としてオスカー・ピアストリを起用することを発表したが、ピアストリがチームのためにレースをしないと投稿したとき、すぐにこの契約に疑問が投げかけられた。

アルピーヌF1チームが起用を発表した直後のツイートで、オスカー・ピアストリは「これは間違いであり、2023年のアルピーヌとの契約にはサインしていない。来年、アルピーヌで運転することはない」と語った。

オスカー・ピアストリのスタンスは、ダニエル・リカルドの後任としてマクラーレンと契約を結んだことに伴うものと理解されている。

アルピーヌは、オスカー・ピアストリと契約を結んでいると固く信じており、マクラーレンも同様に来年の契約を結んだことを固く信じている。

状況をよく知っている情報筋は、CRBが来週の月曜日に公聴会を開いいて状況をが進展し、より詳しい内容が知ることができると語る。

ただし、CRB がいつ決定を下すかは現時点では不明であり、それは契約の複雑さに大きく依存する。

CRBは、実施されているF1契約を分析するために集まる弁護士たちによって構成されている。彼らの権限は、チームまたはドライバー間の論争を受けて、契約が有効かどうかを評価するになる。

今回のケースでは、オスカー・アルピーヌがピアストリとの拘束力のある約束を持っているのか、それともマクラーレンが彼の権利を持っているのかを判断しなければならない。

CRB が決定を下し、FIA(国際自動車連盟)はオスカー・ピアストリのスーパーライセンスを発行できるチームに通知する。

CRB は、ベネトンが 1991年のベルギーグランプリでセンセーショナルなデビューを果たしたミハエル・シューマッハをジョーダンから奪った後に発生した契約上の論争を受けて設置された。

これは、そのような紛争が発生した場合に、民事裁判所を経る可能性のある長くて費用のかかる法廷審問を回避することを目的としている。

コンコルド協定では、F1レースへの各チームのコミットメントの一環として、CRB の決定に従うことが同意されている。

オスカー・ピアストリは、アルピーヌF1チームの公式リザーブドライバーとして残り、F1ベルギーGPの週末にエンストンでチームのシミュレーションを行うと理解されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / マクラーレン / アルピーヌ