マクラーレンF1、オスカー・ピアストリ獲得のための問題解決に自信
マクラーレン・レーシングのボスであるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドの後任 - オスカー・ピアストリ - の雇用に関して法的な論争に直面する可能性があるにもかかわらず、マクラーレンF1チームは2023年のドライバーラインナップについて「非常に自信を持っている」と語った.

マクラーレンとダニエル・リカルドは、水曜日に契約の早期終了について相互に合意したことを発表したが、ザク・ブラウンは、リカルドの後任となるドライバー、つまり現在のアルピーヌF1チームのジュニアドライバーであるオスカー・ピアストリについては言及しなかった。

F1の夏休みが始まった今月初め、アルピーヌF1チームは、2023年のフェルナンド・アロンソの後継者としてオスカー・ピアストリを指名した。

しかし、オスカー・ピアストリは、2023年にアルピーヌF1チームのためにレースをするつもりはないと主張し、エンストンのチームとの契約に署名したことを否定した。

代わりに、オスカー・ピアストリはマクラーレンと契約を結んだと伝えられているが、チームもドライバーもこれを確認していない。

しかし、アルピーヌF1チームは、2023年に向けてオスカー・ピアストリと有効な契約を結んでいると主張し続けており、チームはマクラーレンとの法廷論争に突入する可能性がある。

ザク・ブラウンは、オスカー・ピアストリの名前を挙げたり、ピアストリに関連する法的手続きの可能性を明らかにしたわけではないが、マクラーレンが2023年に望む通りのドライバーラインナップを起用することを示唆した。

「我々は明らかに将来に非常に自信を持っており、それについてはいずれ発表する予定だ」とザク・ブラウンは水曜日にメディアに語った。

「今週末と今年の残りのレースを進めたいと思っているので、今日発表することが重要だと感じまた」

ザク・ブラウンは、マクラーレンとダニエル・リカルドの契約解消がいかに友好的だったかを強調した。

「ダニエルとは非常に友好的な関係であり、このような形で終わることは明らかに残念だ」

「しかし、モンツァ(2021年のイタリアでのリカルドの勝利)のようなことを振り返ってみると、ダニエルとランドと一緒に表彰台に立つという、マクラーレンでの私の全期間の中で個人的に最もエキサイティングな瞬間だった」

「残念な結果だが、ダニエルと同様にシーズンのバランスに興奮しており、将来についてはいずれ発表する予定だ」

ダニエル・リカルドのような経験豊富なF1ベテランをピアストリのような新人に置き換えることの潜在的な欠点について質問されたマクラーレンのF1チーム代表アンドレアス・ザイドルは、そのような可能性についてコメントすることを拒否した。

「正直に言うと、現時点ではこの比較には興味はない。今日はダニエルのことだけだし、スパでの週末を通してダニエルのことだけだ」

「我々は先に進みたいと思っている。ダニエルも今日発表したトピックに関して先に進みたいと考えている。そして、将来に関しては、後で話をする」

率直な性格のアンドレアス・ザイドルは、ダニエル・リカルドの闘争の原因はマクラーレンにもあると語った。

「私の観点からそれを述べることが非常に重要だと思うし、チームの側から見れば、これを機能させるために多大なコミットメントと多くの努力があったと思う」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「ダニエル側からも同じことが起こった」

「最終的には、ダニエル側、チーム側からのすべてのコミットメント、そして、我々全員が費やしたすべての努力にもかかわらず、機能しなかったことを認めなければならない」

「これは明らかに我々が望んでいた結果ではなかったが、同時に残りの9レースに焦点を移し、チームとして再び全力を尽くすことが重要だ」

「ダニエルも同じことをすだろうし、我々の関係を最高の状態で終わらせようとしている。我々はアルピーヌのクルマと緊密な戦いを繰り広げており、それは重要なことだ」

「我々は間違いなくコンストラクターズ選手権で4位を取り戻したいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / オスカー・ピアストリ