F1会長チェイス・ケアリー、F1のギャンブル界への進出を支持

2018年11月16日
F1 ギャンブル
F1の最高責任者であるチェイス・ケアリーは、F1がギャンブルの世界に足を踏み入れることを支持している。

前任のバーニー・エクレストンは、40年にわたってF1に賭け事に関連するスポンサーを獲得してこなかった。

F1会長チェイス・ケアリー 「2021年のF1エンジンに大きな変化はない」

2018年11月15日
F1 2021年のF1世界選手権 F1エンジン
F1の最高経営責任者(CEO)であるチェイス・ケアリーは、2021年のF1エンジンが大きく変わることはないと認めた。

以前、リバティメディイアは、複雑で論争の的となっている現在の“パワーユニット”と比較して劇的に異なるエンジンをF1に導入することを目指していた。

F1 | 12月に1週間の冬のファクトリー閉鎖期間の導入を検討

2018年11月11日
F1 冬休み
F1チームは、チームスタッフが休暇を楽しめるように2019年に1週間の冬休みを導入することを検討している。

チームは、12月24日から1月1日までファクトリーをシャットダウンし、最小限の活動のみが許可されている14日間の夏休みと同じガイドラインを導入することを議論している。

F1会長チェイス・ケアリー、ベトナム出身F1ドライバーの誕生に期待

2018年11月8日
F1 チェイス・ケアリー ベトナムGP
F1の最高経営責任者(CEO)であるチェイス・ケアリーは、ベトナム出身のF1ドライバーの単所湯が次ならステップだと語る。

F1は、2020年からベトナムの首都ハノイのストリート・サーキットでF1ベトナムGPを開催することを発表。シンガポール、中国、日本ですでに確立されているアジア地域での新たなオーディエンスのリーチを目指している。

F1ベトナムGP、2020年から複数年のF1開催契約を締結

2018年11月7日
F1 ベトナムGP
F1ベトナムGPが、2020年からベトナムの首都ハノイのストリート・サーキットで開催されることが決定。複数年の契約締結が発表された。

F1ベトナムGPは、リバティメディアがオーナーに就任して初めての新たなレースとなり、シンガポール、中国、日本ですでに確立されているアジア地域へのF1のコミットメントを示すものとなる。

ハースF1チーム代表 「2021年も基本的にF1エンジンは同じまま」

2018年11月6日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、2021年もF1エンジンレギュレーションは基本的に同じままになると考えている。

リバティメディアは、2021年に大幅に異なるF1エンジンを導入するという計画を提案したが、その計画はここ数カ月で懐疑的なものへと変わってきている。

ギュンター・シュタイナーは、最も最近のチーム代表ミーティングの後、F1は現在の“パワーユニット”を継続することになりそうだと語った。

ロス・ブラウン 「ピレリはF1タイヤの改善に取り組まなければならない」

2018年11月5日
F1 ピレリ ロス・ブラウン
F1のモータースポーツディレクターを務めるロス・ブラウンは、公式タイヤサプライヤーであるピレリは、F1のショー的要素を盛り上げるためにやらなければならない仕事があると語る。

ロス・ブラウンは、前戦F1メキシコGPが、現在のF1グリッドに存在する“二階級社会”を示すもう一つの例だったと語る。

マックス・フェルスタッペン人気がF1オランダGPを復活させる?

2018年11月5日
F1 マックス・フェルスタッペン オランダGP
リバティメディアは、オランダのザントフォールトにF1オランダGP開催をオファーしており、2020年までにF1オランダGPが復活する可能性があると報じられている。

近年、オランダ出身のマックス・フェルスタッペンの人気は凄まじく、多くのグランプリでグランドスタンドがオランダのナショナルカラーであるオレンジ色に染まっている。

F1アメリカGPの走行データ不足はエンターテイメント性向上のヒント?

2018年10月25日
F1 アメリカGP
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1アメリカGPでのプラクティスデータの不足がレースに与えた影響が、将来のF1のテンプレートにとって貴重な議論のポイントになると考えている。

F1アメリカGPでは金曜日がウエットコンディションで行われたが、土曜日と日曜日は完全にドライで実施。レースはシーズンのベストのひとつとなる盛り上がりをみせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム