フラビオ・ブリアトーレ、幹部としてF1に電撃復帰との報道

2021年10月19日
フラビオ・ブリアトーレ、幹部としてF1に電撃復帰との報道
フラビオ・ブリアトーレが、F1に電撃復帰する準備が進んでいるようだ。

71歳のフラビオ・ブリアトーレは、ルノーF1のチーム代表を務めていた10年以上前に“クラッシュゲート”スキャンダルで不名誉な形でF1を後にしたが、当時出された永久追放は取り消され、復帰の許可が与えられている。

F1、2022年 暫定F1カレンダーを発表…史上最多の23戦で構成

2021年10月16日
F1:2022年 暫定F1カレンダーを発表…史上最多の23戦で構成 F1日本GPは10月9日
F1は、2022年シーズンのカレンダーを公開。FIA セカイモータースポーツ評議会によって史上最多の23戦のグランプリスケジュールが承認された。

2022年F1シーズンは、3月20日にバーレーンで開幕。クリスマスの1カ月前の11月20日にアブダビで閉幕する。アメリカでの2つのレースのひとつとして初開催となるF1マイアミGPは第5戦として5月に開催される。

F1、2022年は全体の3分の1のグランプリでスプリント予選の実施を計画

2021年10月6日
F1、2022年は全体の3分の1のグランプリでスプリント予選の実施を計画
F1の最高経営責任者であるステファノ・ドメニカリは、2022年シーズンにスプリント予選の数を増やす可能性が高く、シーズン全体の3分の1のレース週末でスプリント予選のフォーマットを実施することを計画していると語る。

今年、F1は土曜日の午後に決勝グリッドを決める30分間のスプリントレースをトライアル。7月のF1イギリスGP、先月のF1イタリアGPで実施し、11月のF1ブラジルGPで最終のトライアルを行う予定となっている。

2022年F1カレンダーのドラフトが流出 全23戦でF1日本GPは3連戦の最後

2021年9月23日
2022年F1カレンダーのドラフトが流出 全23戦でF1日本GPは3連戦の最後
2022年のF1カレンダーのドラフトが流出。バーレーンで開幕し、アブダビで閉幕する23レースで構成されることが明らかになった。

今年の23戦のカレンダーは新型コロナウイルスの世界的な流行の継続によって阻止されたが、F1が2023年に史上最多のレースを実現することを望んでいることは長い間明らかだった。

F1、2022年の23レース実現を目指してF1韓国GPの復活を含めて交渉

2021年9月17日
F1、2022年の23レース実現を目指してF1韓国GPの復活を含めて交渉
F1のCEOを務めるステファノ・ドモニカリは、2022年に史上最多の23戦のカレンダーを実現することを目指してF1韓国GPの復活を含めていくつかの国と交渉していることを明らかにした。

2021年、F1は史上最多の23戦のカレンダーで開催することを計画していた。しかし、新型コロナウイルスの猛威は今年に入ってからも継続しており、シーズン後半のF1日本GPの中止によって22戦に短縮されたカレンダーに変更。それでも後半戦にはまだ開催できるかが危ういグランプリもある。

F1、新たに“グランドスラム”タイトルの設置を検討

2021年9月16日
F1、新たに“グランドスラム”タイトルの設置を検討
F1は、新たなアワードとして“グランドスラム”タイトルの新設を検討している。

現在、F1ドライバーとチームは、ドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンという究極の戦利品を求めてシーズンを戦っている。

しかし、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、今年の新しいスプリント予選フォーマットの3ラウンドのトライアルが、2022年には最大7つのスプリントに拡大される可能性があると語る。

サウジアラビア、F1の興行権をリバティメディアから買収?

2021年9月15日
サウジアラビア、F1の興行権をリバティメディアから買収?
サウジアラビアが、F1の興行権をリバティメディアから買収する可能性が報じられている。

リバティメディアは2017年にフォーミュラワン・グループを44億ドル(約4480億円)で買収し、40年間にわたって最高経営責任者を務めていたバーニー・エクレストンの時代が終焉を迎えた。

F1、2022年の若手ドライバーの金曜フリー走行の義務化計画を推進

2021年9月15日
F1、2022年の若手ドライバーの金曜フリー走行の義務化計画を推進
F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、2022年からの金曜日のプラクティスセッションでルーキーを強制的に走らせる計画があることを確認した。

F1チームは長い間、金曜日にジュニアドライバーを走らせる機会があったが、今年からプラクティス時間が1時間に短縮されたこともあり、その機会を使用しているチームはごくわずかだ。

F1、日本GP中止で22戦に縮小の2021年改訂版F1カレンダーを発表

2021年8月28日
F1、日本GP中止で22戦に縮小の2021年改訂版F1カレンダーを発表
F1は、今月初めのF1日本GPの中止のニュースを受け、2021年の残りのシーズンの改訂版カレンダーを発表した。

新しいスケジュールでは、1レース削減されて22戦で構成。既存のイベントもいくつか変更があった。ザンドフォールトでのF1オランダGP、モンツァでのF1イタリアGP、ソチでのF1ロシアGPはすべて元の日程で行われるが、10月3日に予定されていたF1トルコGPは、1週間後の当初の10月10日に戻された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム