F1:リバースグリッド スプリントを含めたレースフォーマットの改革を検討

2022年9月14日
F1:リバースグリッド スプリントを含めたレースフォーマットの改革を検討
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、リバースグリッドスプリントレースのアイデアを含め、週末のレースフォーマットに大きな変革をもたらすことをほのめかした。

ステファノ・ドメニカリは、F1を改善し、新しいファンを引き付けるためのリバティメディアの継続的な取り組みの一環として、プラクティスセッションを減らすことで、グランプリ ウィークエンドの競争力を高めたいと考えている。

F1:2023年のカレンダーは史上最多の24戦での開催をCEOが示唆

2022年8月8日
F1:2023年のカレンダーは史上最多の24戦での開催をCEOが示唆
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、2023年のF1カレンダーが史上最多の24レースで構成されることを示唆。ただし、移動量を減らすためにタイムテーブルをより適切に編成することで増加した作業負荷に対策することを約束。それはF1がネットゼロカーボンの目標を達成することにも役立つとした。

「世界中で効率の点で適切な流れを維持したい」とステファノ・ドメニカリは、金曜日にリバティ・メディアの投資家の電話会議で語り、F1の最新の収益と利益の詳細も明らかにした。

F1南アフリカGP復活に向けてキャラミとの交渉が進展との報道

2022年6月15日
F1南アフリカGP復活に向けてキャラミとの交渉が進展との報道 早ければ2023年に開催の可能性
F1南アフリアGPをカレンダーに戻すための交渉が進んだ段階にあると報じられている。

近年、F1カレンダーに多くの変更が加えられ、複数の新しいグランプリが登場。最近では、サウジアラビアとマイアミが初開催され、ザントフォールトやイモラなどの過去の会場が復活している。

F1首脳 「アジア/アフリカ進出でヨーロッパが犠牲になることはない」

2022年6月7日
F1首脳 「アジア/アフリカ進出でヨーロッパが犠牲になることはない」
F1 CEOのステファノ・ドメニカリは、F1が将来アジアやアフリカへの進出を支持して伝統的なレースを外すということはないとヨーロッパのファンを安心させました。

最近、モナコグランプリがF1カレンダーのスロットを失い、フランスとベルギーが隔年開催に格下げになるとの新たな疑問が高まり始めている。

アンドレッティ、F1参戦をリバティメディア会長に直訴

2022年5月11日
アンドレッティ、F1参戦をリバティメディア会長に直訴
マイケル・アンドレッティは、FIA(国際自動車連盟)に対し、F1グリッドに11番目のチームとして自身のチームを受け入れるよう促し、彼のチームは「全員を倒す」と断言した。

今年2月、マイケル・アンドレッティは『アンドレッティ・グローバル』を設立して2024年のF1参戦を目指していることが明らかになった。

F1:ロス・ブラウン、2023年にスプリントの回数を倍の6回を希望

2022年4月26日
F1:ロス・ブラウン、2023年にスプリントの回数を倍の6回を希望
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1が202年3シーズンに「スプリントレース」の数を2倍にすることを望んでいる。

今年、F1チームは拡大に同意せず、2年連続でスプリントの回数は3回に落ち着いたた。メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2023年に土曜日のスプリントを増やすことが好きではないが、イモラでの2022年の初回は「行列」だと呼んだ。

F1:2024年にキャラミで南アフリカGP復活の可能性

2022年4月15日
F1:2024年にキャラミで南アフリカGP復活の可能性
F1は、2024年にキャラミで南アフリカGPを復活する可能性が高いとされている。

1993年のキャラミでのレースを最後にF1が存在していなかったアフリカでのレースを追加することは、F1の次の主要な優先事項として浮上している。リバティメディは、が2017年にチャンピオンシップを支配して以来、クラシックレースとニューレースの組み合わせが恒久的な契約を獲得している

「F1ラスベガスGPの追加でアメリカ市場が希薄化することはない」

2022年4月6日
「F1ラスベガスGPの追加でアメリカ市場が希薄化することはない」とステファノ・ドメニカリ
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、F1ラスベガスGPの追加がアメリカ市場を希薄化することを懸念していないと語る。

ステファノ・ドメニカリは、今後のシーズンでF1カレンダーをシェイクアップする意欲を秘密にしておらず、2023年にF1ラスベガスGPがデビューすることを発表したことは、それを裏付けている。

レッドブルF1首脳 「F1の儲かる市場の追及は道徳的に問題ない」

2022年4月5日
レッドブルF1首脳 「F1の儲かる市場の追及は道徳的に問題ない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1は儲かる新しい市場に感謝するべきだと語る。

前戦F1サウジアラビアGPで、F1ドライバー側はサーキット近郊の石油施設がドローンとミサイルの攻撃で爆破されたことでボイコットの可能性を示唆したが、F1チーム側が団結し、ショーは続行された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム