F1 ステファノ・ドメニカリCEO 「2026年エンジンルールはまだ多くの課題」

2023年8月6日
F1 ステファノ・ドメニカリCEO 「2026年エンジンルールはまだ多くの課題」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、2026年に施行される予定のF1パワーユニットレギュレーションの見直しに関して、まだ多くの課題が残っていることを認めた。

一部のF1チームは現在の提案に懸念を表明しており、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、電力と従来の内燃エンジンの50:50の比率の変更を求めている。

F1、新規参入が当確のハイテックとロシアマネーとの繋がりを懸念

2023年7月26日
F1、新規参入が当確のハイテックとロシアマネーとの繋がりを懸念
F1は、2025年から2026年にかけての新規チーム参入候補のひとつであるハイテックとロシアとのつながりを「懸念」していると報じられている。

Auto Motor und Sportは、FIAがアンドレッティ・キャデラックだけでなく、F2とF3に参戦するハイテックにもゴーサインを出す可能性があると見ている。

ステファノ・ドメニカリ「F1予算上限を破ったチームには競技的な制裁を」

2023年7月21日
ステファノ・ドメニカリ「F1予算上限を破ったチームには競技的な制裁を」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、F1のコストキャップ規定に違反したF1チームは、金銭的な罰則ではなく、競技的な制裁を受けるべきだと考えている。

昨年、FIAはレッドブルが2021年シーズンに適用される1億4,500万ドルの予算上限を破ったとして、700万ドルの罰金を科すことを決定した。

F1 ステファノ・ドメニカリCEO 「11番目のチームへの考えは変わらない」

2023年7月16日
F1 ステファノ・ドメニカリCEO 「11番目のチームへの考えは変わらない」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、F1グリッドに11番目のチームを必要としないという信念を堅持しており、同じ見解を共有する大多数のチームと足並みを揃えている。

FIA(国際自動車連盟)は現在、モハメド・ベン・スライエム会長の公的支援を受けて取り組みを進めてきたアンドレッティ・キャデラックを含むF1新規参入候補チームから提出された「関心表明」の審査を行っている。

F1、2024年のスプリントに特別賞「グランドスラム」構想を検討

2023年7月15日
F1、2024年のスプリントに特別賞「グランドスラム」構想を検討
F1は、レースウイークエンドにさらなる興奮をもたらすべく、2024年のスプリントレースに特別賞「グランドスラム」を設ける案を検討しているとAutosportが報じている。

F1は現在、F1カレンダー全体に厳選されたスプリントレースを組み込むことに全力で取り組んでおり、2024年にスペクタクルをさらに微調整する方法について話し合いが行われることになりそうだ。

F1、ヨーロッパ会場のローテーション開催は「2年以内に明らかにする」

2023年6月29日
F1、ヨーロッパ会場のローテーション開催は「2年以内に明らかにする」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、歴史的レースは「常にカレンダーの一部である」と主張しながらも、ローテーションスケジュールの原則が近づいていることを示唆した。

近年、F1の人気が高まるにつれ、レース開催への関心が高まっており、特に中東とアメリカはその関与を強めている。

アンドレッティ・キャデラックのF1参入をリバティ・メディアCEOが支持

2023年6月27日
アンドレッティ・キャデラックのF1参入をリバティ・メディアCEOが支持
F1を所有するリバティ・メディアのCEOであるグレッグ・マッフェイは、F1の11番目のチーム入りを目指すマイケル・アンドレッティの挑戦に大きな後押しを与えた。

しかし、Walker and Dunlop Webcastに出演したマフェイは、既存F1チームの多くがこのアイデアに反発しているだけでなく、F1が現在の10チーム以上を受け入れるのに苦労していることも認めた。

ステファノ・ドメニカリCEO 「現在の市場では24戦のF1レースが必要」

2023年6月21日
ステファノ・ドメニカリCEO 「現在の市場では24戦のF1レースが必要」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、2024年のチャンピオンシップを全24戦にすることを目指しており、これは現在の市場において必要な数字だと考えている。

以前、ドメニカリは30レースのカレンダーを作れるくらいイベントプロモーターから十分な真剣な関心があると主張。その後、ドメニカリは、24レースがF1の「最大値」であり、「それ以上の数字を議論するつもりはない」と明言した。

レッドブルF1独走を阻止するための介入は「不公平な操作」とドメニカリCEO

2023年6月16日
レッドブルF1独走を阻止するための介入は「不公平な操作」とドメニカリCEO
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、レッドブル・レーシングのチャンピオン獲得を阻止するためにシーズン途中でルールを変更するのは不公平な「操作」であると語った。

レッドブルは2023年、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが全レースを制し、すでにチャンピオンシップランキングでは手が届かない存在になりつつある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム