ランド・ノリス F1ラスベガスGPの大クラッシュで病院に搬送も無事退院

2023年11月19日
ランド・ノリス F1ラスベガスGPの大クラッシュで病院に搬送も無事退院
ランド・ノリスは、F1ラスベガスGPのクラッシュ後に病院に搬送されたが、マクラーレンのチーム代表を務めるアンドレア・ステラはノリスが退院したことを明らかにした。

ノリスは50周のレース序盤にスピンを喫してウォールに激突。サーキットのメディカルセンターを受診した後、近くの大学メディカルセンターに搬送された。

ランド・ノリス F1ラスベガスGP予選Q1敗退 「現実確認の機会」

2023年11月18日
ランド・ノリス F1ラスベガスGP予選Q1敗退 「現実確認の機会」
ランド・ノリスは、マクラーレンがF1ラスベガスGPの予選で予期せぬQ1敗退を喫したことは、最近好調を維持していたチームにとっての「リアリティチェック(現実確認の機会)」だったと考えている。

ノリスは過去6戦中5戦で表彰台を獲得しており、コンストラクターズ選手権ではアストンマーティンと4位争いを続けている。

ランド・ノリス レッドブルF1移籍の質問に「ノーコメント」

2023年11月9日
ランド・ノリス レッドブルF1移籍の質問に「ノーコメント」
ランド・ノリスがF1での将来についてのストレートな質問に興味深い答えを返した。

マクラーレンのドライバーはすでにマックス・フェルスタッペンに次ぐ最も印象的な若手ドライバーの1人とみなされていたが、最近のメルセデスとフェラーリのペース争いを考えると、ノリスは現在、文字通りフェルスタッペンの最も近いライバルでもある。

レッドブルF1代表 フェルスタッペンはノリスに“いたちごっこ”を強いられた

2023年11月9日
レッドブルF1代表 フェルスタッペンはノリスに“いたちごっこ”を強いられた
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1サンパウロGPでマックス・フェルスタッペンがランド・ノリスに勝利したことについて、フェルスタッペンはタイヤを管理しながらリードを広げようとしたことで、ノリスとの「いたちごっこ」のような展開になったと語った。

ノリスとルイス・ハミルトンが後方でポジション争いを繰り広げる中、フェルスタッペンはリスタートの1コーナーで自分のペースを保つことに成功した。マクラーレンがメルセデスより優位に立った。

ランド・ノリス ニック・ハイドフェルドが保持する望まぬF1記録に並ぶ

2023年11月7日
ランド・ノリス ニック・ハイドフェルドが保持する望まぬF1記録に並ぶ
ランド・ノリスは、F1サンパウロGPでキャリア13回目のトップ3入りを果たし、“未勝利表彰台最多記録”という望まぬF1記録に並んだ。

この不名誉な記録はこれまでニック・ハイドフェルドが独占していたもので、彼は183戦のグランプリキャリアの中で表彰台の頂点に立つことなく13回の表彰台を獲得している。

ランド・ノリス F1サンパウロGP決勝「マックスはすべてに答えを持っていた」

2023年11月6日
ランド・ノリス F1サンパウロGP決勝「マックスはすべてに答えを持っていた」 (ブラジルGP)
ランド・ノリスは、2023年F1第21戦サンパウロGP(ブラジルGP)で2位に甘んじざるを得ず、マックス・フェルスタッペンは「すべてに対する答え」を持っていたと主張した。

マクラーレンのノリスは優勝したフェルスタッペンから8.2秒遅れでゴールし、今季7度目の表彰台に上った。しかし、レースの大半でレッドブルを視界に捉えていたにもかかわらず、マクラーレンのドライバーは3度のチャンピオンであるェルスタッペンを追い抜くことはできなかった。

ランド・ノリス F1サンパウロGPスプリント「良いサプライズがたくさん」

2023年11月5日
ランド・ノリス F1サンパウロGPスプリント「決勝にむけて良いサプライズ」 (ブラジルGP)
ランド・ノリスは、2023年F1第21戦サンパウロGP(ブラジルGP)のスプリントを2位でフィニッシュ。いかなるフォーマットであれ、ポールポジションを初のF1勝利に変えることはできなかったかもしれないが、24周のレースを通してマックス・フェルスタッペンと接戦を繰り広げたことで、日曜日の決勝に向けて自信を深めたと語った。

ノリスはスプリントがスタートしたときにフェルスタッペンにトップを奪われ、周回後半にはジョージ・ラッセルがノリスかから2位を奪って傷口に塩を塗った。

ランド・ノリス F1サンパウロGP予選「ポールを狙える速さがあった」

2023年11月4日
ランド・ノリス F1サンパウロGP予選「ポールを狙える速さがあった」 (ブラジルGP)
ランド・ノリスは、2023年F1第21戦サンパウロGP(ブラジルGP)の予選を7番手で終了。自分とマクラーレンがポールポジションを獲得するのに十分なクルマがあったと悔しがった。

ノリスは、予選Q2でトップタイムをマークし、上位グリッドを争う最終Q3シュートアウトに向けて好調に見えた。しかし、インテルラゴスのコース上に大嵐が吹き荒れたため、Q3ではドライバーたちはラップを設定するのに手間取り、ノリスは以前のフォームを再現できず7番グリッドに終わった。

マクラーレンF1代表 ノリスの挽回は「2012年バレンシアのアロンソを彷彿」

2023年10月31日
マクラーレンF1代表 ノリスの挽回は「2012年バレンシアのアロンソを彷彿」
マクラーレンF1のチーム代表アンドレア・ステラは、メキシコGPでのランド・ノリスのリカバリドライバーを、2012年のフェルナンド・アロンソのバレンシアでの壮大な勝利に例えた。

ノリスはエルマノス・ロドリゲス・サーキットで行われたQ1で最終ラップにミスを犯して敗退。これに、時期尚早のイエローフラッグが出され、彼が改善できなかったことによってさらに状況が悪化した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム