マクラーレンF1のランド・ノリス、自己隔離期間を終えてイギリスに帰国

2021年1月21日
マクラーレンF1のランド・ノリス、自己隔離期間を終えてイギリスに帰国
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、新型コロナウイルス感染によってドバイで行っていた自己隔離期間を終えて今週後半にイギリスに帰国する。

ランド・ノリスは、ドバイで休暇中に味覚と嗅覚を失い、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た。

ランド・ノリス 「メルセデスのF1パワーユニットはより優れたパッケージ」

2021年1月20日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「メルセデスのF1パワーユニットはより優れたパッケージ」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年から搭載するメルセデスのF1パワーユニットはパッケージとしてルノーよりも“はるかに優れている”と考えている。

2019年9月、マクラーレンF1は2021年のF1世界戦選手権からメルセデスのF1パワーユニットに切り替えることを発表。1995年から2014年の間に3回のワールドタイトルを獲得したマクラーレン・メルセデスが復活する。

マクラーレンF1のランド・ノリスが新型コロナウイルスに感染

2021年1月6日
マクラーレンF1のランド・ノリスが新型コロナウイルスに感染
マクラーレンF1のランド・ノリスがドバイでの休暇中に新型コロナウイルスに感染。14日間の隔離期間に入った。

ランド・ノリスは、トレーニングのために訪れていたドバイで新年を迎えたが、1月4日(月)に突然味覚と嗅覚が失われ、新型コロナウイルスの検査を受け、陽性反応が示された。

マクラーレンF1、新加入のダニエル・リカルドにチームプレイを望む

2020年12月25日
マクラーレンF1、新加入のダニエル・リカルドにチームプレイを望む
マクラーレンF1は、ドライバー間の緊密なコラボレーションを維持するために新加入のダニエル・リカルドを適応させる必要がある可能性があると考えている。

ランド・ノリスとカルロス・サインツは、チーム内でのライバル関係はあるにせよ、マクラーレンでの2年間で友好的な関係を維持してきた。二人の高いレベルでの協力関係は、今年のコンストラクターズ選手権3位をもらたした。

最大の刺客?! 2列目からソフトでスタートするランド・ノリス

2020年12月13日
最大の刺客?! 2列目からソフトでスタートするランド・ノリス / マクラーレン F1アブダビGP 予選
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2020年のF1世界選手権 最終戦 F1アブダビGPの予選を4番手で終えた。

ポールポジションのマックス・フェルスタッペン、2番手と3番手のメルセデス勢はミディアムタイヤでのスタートとなるが、ルイス・ハミルトンの隣に並ぶ2列目のランド・ノリスはソフトでスタート。耐久性はミディアムの方が分があるが、瞬発力はソフトが得意とする。もしスタートで前に出れば、抜きにくいヤス・マリーナ・サーキットでトップ3の最大の刺客となるだろう。

ランド・ノリス、PUエレメント交換で最後列スタート / F1サヒールGP

2020年12月7日
ランド・ノリス、PUエレメント交換で最後列スタート / F1サヒールGP
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1サヒールGPに先立って新しいエンジンとターボチャージャーに交換。最後列グリッドからスタートすることになった。

ランド・ノリスは、F1サヒールGPの予選で苦戦を強いられ、15番手タイムで終えていた。チームメイトのカルロス・サインツは8番グリッドを獲得している。

ランド・ノリス、ルノーF1に苦言「アロンソは若手ドライバーじゃないよね?」

2020年12月4日
ランド・ノリス、ルノーF1に苦言「アロンソは若手ドライバーじゃないよね?」
ルノーF1は2回のF1ワールドチャンピオンでありフェルナンド・アロンソがアブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで開催される“若手ドライバーテスト”に参加することを発表してが、マクラーレンのランド・ノリスは許可されるべきではないと考えていると語る。

F1キャリアで311回のスタートを切り、2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、2021年にアルピーヌF1へと名前を変える現ルノーF1チームで2年ぶりにF1復帰を果たす。

どうしてもF1の発表ラッシュに加わりたいランド・ノリス(笑)

2020年12月3日
どうしてもF1の発表ラッシュに加わりたいランド・ノリス(笑)
マクラーレンF1のランド・ノリスは、発表ラッシュにどうしても加わりたかったようだ。

12月2日(水)、F1は発表ラッシュとなった。メルセデスは新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてウィリアムズのジョージ・ラッセルを起用することを発表。ウィリアムズではジャック・エイトケンがF1デビューを果たすことが決定した。

【動画】 バーレーン・インターナショナル・サーキット 解説

2020年11月26日
【動画】 バーレーン・インターナショナル・サーキット 解説 / 2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGP
2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGPの舞台となるバーレーン・インターナショナル・サーキットをマクラーレンF1のランド・ノリスが解説した。

バーレーン南部のサキールにあるバーレーン・インターナショナル・サーキットは、2004年に完成し、同年4月に最初のF1GPを開催。コースは1kmのメインストレートと12のコーナーで構成され、優れた空力性能とトラクションが求められる。またコース全体で18メートルもの高低差があり、アップダウンがあちこちに配されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム