ランド・ノリス 「メルセデスF1のポーパシングは車高を上げれば済む話」

2022年6月15日
ランド・ノリス 「メルセデスF1のポーパシングは車高を上げれば済む話」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、メルセデスF1にはバウンシングの問題を解決するためにパフォーマンスを犠牲にすることを頑なに拒んでいると語る。

ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは、F1アゼルバイジャングランプリの週末を通してバウンシングに苦しんでいると述べ、ハミルトンはF1キャリアの中で最も苦痛なレースだったと述べた。

マクラーレンF1の両ドライバー、チームオーダーに葛藤と理解

2022年6月13日
マクラーレンF1の両ドライバー、チームオーダーに葛藤と理解 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
マクラーレンF1のドライバーであるダニエル・リカルドとランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGPのさまざまな場所でチームオーダーに阻まれたが、リカルドはその過程で“中立化”されたと感じている。

ダニエル・リカルドはレースの早い段階でランド・ノリスの後ろにとどまるように指示された。当時のミディアムのノリスに比べて、リカルドはハードタイヤで提供するペースの方が速いと信じていた。

ランド・ノリス、扁桃炎を振り返る「車の中で呼吸をするのも苦しかった」

2022年6月4日
マクラーレンF1のランド・ノリス、扁桃炎を振り返る「車の中で呼吸をするのも苦しかった」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1スペインGPで患った扁桃炎によって「呼吸をするのも苦しかった」と振り返る。

ランド・ノリスはスペインとモナコの両方のレースでポイントを獲得した。彼のトップ10フィニッシュは、健康上の問題によってこれまで以上に印象的なものになった。マクラーレンF1はスペインGPの直後にノリスが扁桃炎に苦しんでいるが、レースへのゴーサインを与えられていたことを明らかにした。

マクラーレンF1代表、ダニエル・リカルドとランド・ノリスのギャップを説明

2022年6月3日
マクラーレンF1代表、ダニエル・リカルドとランド・ノリスのギャップを説明
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスとダニエル・リカルドがドライバーズランキングで37ポイントの差が生じた理由についていくつか説明した。

シーズン序盤はフィールドの後方で戦うことになるかもしれないと語っていたランド・ノリスだが、彼とマクラーレンF1のターンアラウンドは多くの人に感銘を与えており、すでに表彰台を獲得している。

エディ・ジョーダン 「ノリスはマクラーレンF1でリカルドを破壊した」

2022年6月2日
エディ・ジョーダン 「ノリスはマクラーレンF1でリカルドを破壊した」
元F1チーム代表のエディ・ジョーダンは、ランド・ノリスはダニエル・リカルドを“破壊”したと語り、マクラーレンF1がリカルドをどれだけ長く続けることができるかに疑問を持っている。

今シーズン、ダニエル・リカルドはまだ1回の入賞しか果たせておらず、マクラーレンでの将来についてのプレッシャーが高まってる。

ランド・ノリス、扁桃炎をおして8位「これまでで最も過酷なレース」

2022年5月23日
ランド・ノリス、扁桃炎をおして8位「これまでで最も過酷なレース」 / マクラーレン F1スペインGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの週末を通して扁桃炎の症例に対処することを余儀なくされ、これまでに行った中で「最も過酷なレースの1つ」になったと振り返る。

ランド・ノリスはトップ10外からグランプリをスタートしたが、レース中に前進し、8位でラインを越えた。だが、ノリスはレースウィークエンド中ずっと体調が悪く、週末ずっと蒸し暑かったバルセロナのコンディションも助けになられなかった。

ランド・ノリス、厳しいタイム抹消「コックピットから内側だと思った」

2022年5月22日
ランド・ノリス、厳しいタイム抹消「コックピットから内側だと思った」 / マクラーレン F1スペインGP 予選
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を11番手で終えた。

予選Q2の2回目のアタックでトップ10入りを果たしたかのように見えたランド・ノリスだったが、かなり際どいトラックリミット違反の判定でベストタイムが抹消され、11番手で予選を終えることになった。

ランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」

2022年5月13日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」
ランド・ノリスは、マクラーレンとコルトン・ハータのF1テストを楽しみにしており、ジュニアフォーミュラ時代のチームメイトは、高速コーナーに関しては“別次元”だと語る。

コルトン・ハータ(22歳)は、現在、アンドレッティ・オートスポーツのインディカーのチームメイトであるアレクサンダー・ロッシが2015年に参戦して以来のアメリカ人F1ドライバーになることに期待がかけられている。

【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解 / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの41周目にランド・ノリス(マクラーレン)とピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が接触事故を起こして最終的にリタイア。両者は異なる見解を示しており、ノリスは、フェルナンド・アロンソとの接触で損傷した車で防御したガスリーとのこの事件を“愚か”と呼んだ。

ランド・ノリスは、ターン7でコース外を走行して勢いを失っていたピエール・ガスリーに接近。ターン8のアウトサイドからガスリーを追い抜こうとした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム