マクラーレンF1 「ランド・ノリスは完成されたドライバーへと成長した」

2019年12月25日
マクラーレンF1 「ランド・ノリスは完成されたドライバーへと成長した」
マクラーレンのF1チーム代表アンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスが2019年シーズン後半に“完成されたドライバー”になるための礎を築いたと信じている。

今年、マクラーレンからF1デビューを果たしたランド・ノリスは、予選でチームメイトのカルロス・サインツを11-10で破り、最近では、FIA会長のジャン・トッドがランド・ノリスを次世代のルイス・ハミルトンと命名するなど、F1界で高い評価を受けている。

ランド・ノリス、2020年F1マシン『MCL35』でシート合わせを完了

2019年12月14日
ランド・ノリス、2020年F1マシン『MCL35』でシート合わせを完了
マクラーレンのランド・ノリスは、2020年F1マシン『MCL35』でシート合わせを完了させて冬休みに入った。

2017年にヨーロッパF3タイトルを獲得し、2018年にFIA-F2をランキング2位で終えたランド・ノリス(19歳)は、今年、マクラーレンでF1デビュー。F1史上4番目に若いドライバーとなった。ランド・ノリスは、21戦のうち11戦で入賞を果たし、14回予選Q3に進出。ドライバーズ選手権を11位で終えた。

ランド・ノリス 「F1デビュー前は自分の競争力に自信がなかった」

2019年12月10日
ランド・ノリス 「F1デビュー前は自分の競争力に自信がなかった」
マクラーレンのランド・ノリスは、今年のF1デビューシーズン前は“あまり自信がなかった”と明かし、自分に十分な競争力があるのかどうか心配していたと語る。

2017年にヨーロッパF3タイトルを獲得し、2018年にFIA-F2をランキング2位で終えたランド・ノリス(19歳)は、今年、マクラーレンでF1デビュー。F1史上4番目に若いドライバーとなった。

ランド・ノリス 「将来、eSports出身のF1ドライバーが誕生する」

2019年11月26日
ランド・ノリス 「将来eSports出身のF1ドライバーが誕生する」
マクラーレンのランド・ノリスは、eSportsは将来的にF1ドライバーを輩出する可能性があるが、eSportsからF1に直行できるとは考えていないと語る。

2017年に設立されたF1 eSportsでは、2018年にブレンドン・リーはタイトルを獲得し、メルセデスがコンストラクターズタイトルを獲得。最初の2つのエディションが成功した後、2019年の賞金は500,000ドルに増額された。

カルロス・サインツ 「ノリスとの良好な関係はマクラーレンの強み」

2019年11月25日
カルロス・サインツ 「ノリスとの良好な関係はマクラーレンの強み」
カルロス・サインツは、チームメイトのランド・ノリスとの良好な関係はマクラーレンの強みのひとつだと考えている。

2019年、ドライバーラインナップを一新したマクラーレンは復活を遂げ、コンストラクターズ選手権4位を獲得。カルロス・サインツとランド・ノリスのペアは、他のチームとは異なり軋轢が報じられることはなく、彼ら二人が登場するビデオはソーシャルメディアで人気となっている。

マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」

2019年11月8日
マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ドライバーズ選手権では差がついているものの、カルロス・サインツとランド・ノリスのパフォーマンス差は非常に拮抗していると語る。

残り2レースで、カルロス・サインツはランド・ノリスのほぼ倍のポイントを獲得しているが、アンドレアス・ザイドルは2020年もマクラーレンで走る2人ドライバーのパフォーマンスは非常に近いものだと語る。

ランド・ノリス 「やっぱりアルボンの動きはペナルティに値した」

2019年10月25日
ランド・ノリス 「やっぱりアルボンの動きはペナルティに値した」
マクラーレンのランド・ノリスは、F1日本で接触したアレクサンダー・アルボンは“フェアプレー”だったと語っていたが、より多くの映像を見直した結果、やっぱりペナルティを受けるに値したと感じていると述べた。

ランド・ノリスと5位争いをしていたアレクサンダー・アルボンは、カシオトライアングルでインサイドを突いたが、2台は軽く接触した。ランド・ノリスは、コーナーをカットして回避行動を取り、ポジションを落とした。

ランド・ノリス 「メキシコはマクラーレンの特性に合っているはず」

2019年10月24日
ランド・ノリス 「メキシコはマクラーレンの特性に合っているはず」
マクラーレンのランド・ノリスは、今週末のF1メキシコGPが開催されるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスはマクラーレンのマシン特性に合っていると考えている。

「通常、メキシコは素晴らしいレースになるし、僕たちのマシンの特性に合っているはずだけど、週末を最大限に活用するためにはまだ懸命に仕事をする必要があることをわかっている」とランド・ノリスはコメント。

レッドブルF1代表、アルボンと接触したランド・ノリスの対応に敬意

2019年10月16日
レッドブルF1代表、アルボンと接触したランド・ノリスの対応に敬意
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1日本GPでアレクサンダー・アルボンがコース外に追い出したランド・ノリス(マクラーレン)の対応に敬意を表した。

スタートで出遅れたアレクサンダー・アルボンは、マクラーレンの2台の後ろに下がることになった。アルボンは最終シケインでランド・ノリスのインを突き、ノリスは接触を避けるためコース外に出たが、それでもわずかな接触があった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム