ロバート・クビサ 「ウィリアムズは僕の経験をほとんど活用しなかった」
ロバート・クビサは、ウィリアムズは2019年に自分の経験を最大限に生かしていなかったと語る。

F1アブダビGPが“おそらく”F1でのラストレースだと認めるロバート・クビサは、来年はDTMへの参戦にターゲットにしており、スポンサーのPKNオーレンの次の動きを補完するためにF1でリザーブドライバーの役割と組み合わせることを目指している。

「まだ100%とは言えないけど、機能させるためにいくつかの点で人々の意見をまとめようとしているところだ」とロバート・クビサはコメント。

「すべてを一致させることができるかどうかを確認したいし、私だけで判断するよりも時間がかかることがある。

F1でのロバート・クビサのオプションはハースF1チームとレーシングポイントのように見える。特にハースは迅速な決断を迫っている。

「我々は彼を持ちたいと言った。今度は反対側が私に回答しなければならない」とギュンター・シュタイナーは述べた。

ハースF1チームは、PKNオーレンの支援だけでなく、F1パドックでは、ロバート・クビサの技術的な評判はよく知られており、経験豊富なロバート・クビサの貢献も望んでいるの明らかだ。

チームパートナーのダラーラでは新しいシミュレーターが稼働しており、開発ドライバーのピエトロ・フィティパルディがアブダビの実際のトラックアクションとテクノロジーを同期させる役割を担っている。

「我々の仕事は、今週末にシステムをテストすることです」とギュンター・シュタイナーは述べた。

アブダビで2019年のウィリアムズについて質問されたロバート・クビサは「今年の最大の失望の1つは、僕たちが変えられると思ったものについての私のフィーリングの約10パーセントしか使われなかったことだ」とロバート・クビサは語った。

ウィリアムズは、2020年にジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィという経験の浅いラインナップを起用するが、ロバート・クビサは「問題はない」と語る。

「チームが彼らの問題を解決し、他チームと競争できることを願っている。彼らはもっと良い時間に値する。ウィリアムズができるだけ早くチームとして改善することを願っている。今シーズン、僕たちの仕事のやり方は、僕の経験では、それほど大きな違いはなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ