ロバート・クビサ 「F1に復帰したことを後悔はしていない」
ロバート・クビサは、物事は望んだようには進まなかったが、2019年にウィリアムズでF1に復帰したことを"後悔はしていない”と語る。

2011年のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサだが、今年ウィリアムズと契約し、奇跡ともいえる8年ぶりのF1復帰を果たした。

しかし、ウィリアムズのマシンは競争力がなく、人々に感銘を当たられるような結果を残すことはできなかった。だが、ロバート・クビサはF1に復帰したことを後悔はしていないと語る。

「後悔はしていない。僕が決断を下したときに誰かが銃を突き付けていたわけではないからね」とロバート・クビサは Racefans.netに語った。

「昨年チームと過ごしていたし、簡単ではないことはわかっていた。もちろん、特に今年の序盤は昨年よりもいくつかの問題を追いかけていたし、それは非常に残念だった。僕たちは長い間それを返済していたと思う。人々が考えるよりも長くね」

「運転をやめたときの僕の目標は、トラックで最高のモータースポーツカテゴリーに戻ることだったし、僕はそこでレースをすることができた。人間としての観点、そして、個人的な観点からこれは大きな成果だった」

「もちろん、レースドライバーとして、今シーズンは非常に厳しいものだった。でも、決定は情熱と僕が持っている目標と使命を達成したいという想いで下された」

「もちろん、結果は誰もが望んでいたものではかった。自分自身だけでなく、全員にとってね。でも、それが人生であり、それがモータースポーツであり、それがF1というものだ。そして、これがF1がとてもエキサイティングでで、とても難しい理由だ」

2019年、ウィリアムズはロバート・クビサがF1ドイツGPで獲得した1ポイントしか得ることができなかったが、チームが状況を変えられることを願っているとクビサは語る。

「僕はもうそこにはいないけど、ウィリアムズがより良いタイムを獲得し、再びレースできるようになることを願っている」とロバート・クビサは語る。

「特に今シーズンに僕と一緒に働いている人たちのためにもね」

「彼らは常にプッシュしていたし、困難な状況にあった。モチベーションを失うことは非常に簡単だけど、彼らはそうしなかったし、彼らは本当にもっと楽な人生に値する。簡単な人生というのはもっと速いという意味でね。より速いクルマがあれば、誰にとっても簡単だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ