ロバート・クビサ、ハースからオファーを断ってレーシングポイント加入?
ロバート・クビサは、ハースF1チームからのリザーブドライバーの役割に断りを入れ、2020年にレーシング・ポイントF1チームとリザーブドライバー契約を結びと報じられている。

ハースF1チームは、ロバート・クビサがウィリアムズの離脱後、シミュレーターのセットアップを強化し、チーム内の経験レベルを上がるためにクビサを獲得することに熱心だった。クビサの個人スポンサーを務めるPKNオーレンはF1でのスポンサーシップの継続を希望している。

ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1の役割とDTM参戦を組み合わせたいと考えているロバート・クビサからの答えを待っていると語っていた。

しかし、レーシング・ポイントF1チームは、セルジオ・ペレスとランス・ストロールをサポートするリザーブ兼シミュレーターの役割を引き受けるように懸命を説得を重ねており、RACER は、クビサがハースからのオファーを断って、レーシングポイントと契約することに近づいていると報じた。

ロバート・クビサがレーシングポイントを選択した場合、タイヤとトラックとシミュレーターの相関に苦しんでコンストラクターズ選手権9位で終えたハースF1チームには打撃となるだろう。ハースF1チームは、金曜フリー走行への出走さえオファーしていた。

ロバート・クビサは、12月にヘレスで開催されるDTMルーキーテストでBMWをドライブすることが発表されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ハース / レーシングポイント