佐藤琢磨、予選5番手 「全力で予選を戦うことができた」 / インディカー

2019年8月25日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第15戦 ゲートウェイの予選を5番手で終えた。

午前中のプラクティスを8番手で終えていた佐藤琢磨は、公式予選において48秒6356で2ラップを走破。明日の決勝レースに5番グリッドから挑むことが決まった。これは佐藤琢磨がセントルイスで獲得したスターティンググリッドとしては過去最高のものとなる。

インディカー | 第15戦 予選:J.ニューガーデンがPP獲得 佐藤琢磨5番手

2019年8月24日
インディカー 佐藤琢磨
2019年のインディカー 第15戦 ゲートウェイの予選が8月23日(金)に行われ、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が今シーズン2度目のポールポジションを獲得。佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は5番手だった。

イリノイ州マディソンにあるゲートウェイ・モータースポーツパークは、全長1.25マイルのエッグ型のオーバルコース。オーバルトラックでの予選は、各車が2周を連続して走行し、その平均速度をもとにグリッドを決定する。

佐藤琢磨 インタビュー | ポコノでのクラッシュ騒動 / インディカー

2019年8月24日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨が、インディカー 第14戦 ポコノでのクラッシュについてロングインタビューに答え、自身の見解を語った。

ポコノでのオープニングラップでは、佐藤琢磨を含む5台が絡む多重クラッシュが発生。佐藤琢磨とアレクサンダー・ロッシの接触がきっかけととことで、琢磨がクラッシュを引き起こしたとしてSNS上で一部ファンが猛バッシング。巻き込まれたドライバーたちも佐藤琢磨を非難した。

佐藤琢磨のクラッシュについて所属チームが異例の声明を発表

2019年8月21日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨の所属チームであるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングが、ポコノ・レースウェイで開催されたインディカー第14戦でのオープニングラップの多重クラッシュについて声明を発表。“レーシングインシデント”だったとして佐藤琢磨を擁護した。

レースでは、ターン2での佐藤琢磨とアレクサンダー・ロッシとの接触が引き金となり、5台を巻き込む多重クラッシュが発生。佐藤琢磨の走りについて多くの批判の声が挙がっていた。

インディカー | 佐藤琢磨の多重クラッシュを招いた走りに非難殺到

2019年8月21日
インディカー 佐藤琢磨
インディカー 第14戦ポコノの決勝レースで1周目にクラッシュに巻き込まれたドライバーたちは、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)の走りを非難している。

スタート直後のターン2で佐藤琢磨とアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)の接触をきっかけに多重クラッシュが発生。ライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)、フェリックス・ローゼンクビスト(チップ・ガナッシ)、ジェームズ・ヒンチクリフ(アロー・シュミット・ピーターソン・モータスポーツ)を含む5台が巻き込まれた。

佐藤琢磨、ポコノでの多重クラッシュを語る / インディカー

2019年8月19日
佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨が、インディカー 第14戦 ポコノの多重クラッシュについて語った。

決勝レースは、清々しい快晴のもとでスタートは切られたが、直後のターン2で多重アクシデントが発生し、5台のマシンが大きなダメージを受けた。幸いにも負傷するドライバーはいなかった。

インディカー | 第14戦ポコノ:W.パワーが優勝 佐藤琢磨はクラッシュ

2019年8月19日
インディカー 佐藤琢磨
2019年のインディカー 第14戦 ポコノの決勝レースが8月18日(日)に行われ、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が今シーズン初優勝を飾った。佐藤琢磨は1周目にクラッシュを喫してリタイアでレースを終えた。

雨で予選がキャンセルとなり、エントラントランキング順でレースはスタート。1周目、7番グリッドから佐藤琢磨がアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)と接触。

インディカー | 第14戦ポコノ 予選:雨により予選がキャンセル

2019年8月18日
インディカー
2019年のインディカー 第14戦 ポコノの予選は雨によってキャンセルとなった。規則では、予選セッションが開催されない場合、スターティンググリッドは選手権のエントラントポイント順とする事が定められており、決勝はジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がポールポジションからスタートする。

8月17日(土)にポコノ・レースウェイには雨が降り続け、メディカルヘリが飛行できないため、プラクティス1と予選が中止となった。

マクラーレン、フェルナンド・アロンソにインディカー参戦を説得へ

2019年8月16日
F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1イタリアGPでフェルナンド・アロンソにチームとのインディカーへのフル参戦を説得を試みるようだ。

フェルナンド・アロンソが2020年にF1に復帰する可能性は低くなっており、2020年のプロジェクトはダカール・ラリーになると噂されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム