ニコ・ヒュルケンベルグ、2020年にインディカー転向の噂が浮上

2019年11月7日
ニコ・ヒュルケンベルグ、2020年にインディカー転向の噂が浮上
ニコ・ヒュルケンベルグに今後はインディカー転向の噂が浮上した。

今シーズン限りでルノーのF1シートを失うことが決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、2020年にBMWからDTM(ドイツツーリングカー選手権)参戦の噂が浮上して本人が“フェイクニュース”だと否定したばかり。

マクラーレン、カモフラ塗装のマシンでインディカーのテストに参加

2019年11月6日
マクラーレン、カモフラ塗装のマシンでインディカーのテストに参加
マクラーレンは、セブリングで実際されたエアロスクリーンのテストでカモフラ塗装のマシンで初走行を行った。

2020年に導入が予定されているエアロスクリーンの4回目のテストにはデイル・コイン・レーシングと新生アロー・マクラーレンSPが参加。2020年のドライバーを務めるパトリシオ・オワードがステアリングを握った。

ペンスキー、インディカー・シリーズとインディアナポリスを買収

2019年11月5日
ペンスキー、インディカー・シリーズとインディアナポリスを買収
ペンスキーは、インディカー・シリーズ、インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)、およびIMS Productionsを含むすべての営業資産をHulman&Company社から買収したことを発表した。これからの買収はペンスキー・コーポレーションの子会社でありペンスキー・エンターテインメント社によって行われた。

「最近、この機会についてロジャー・ペンスキーとペンスキー・コーポレーションに連絡し、合意の成立に取り組み始めた」とHulman&Companyの会長であるトニー・ジョージは述べた。

インディカー | マクラーレン、オワード&アスキューの起用を発表

2019年10月31日
インディカー
アロー・マクラーレンSPは、2020年のインディー・シリーズのドライバーとしてパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューと契約したことを発表した。

マクラーレンは、シュミュット・ピーターソン・モータースポーツとパートナーシップを組み、2020年にアロー・マクラーレンSPとしてインディカーにフル参戦する。

インディカー | マーカス・エリクソン、チップ・ガナッシへの移籍が決定

2019年10月9日
インディカー
チップ・ガナッシ・レーシングは、2020年のインディカー・シリーズで3台体制に拡大し、マーカス・エリクソンが8号車をドライブすることを発表した。

元F1ドライバーのマーカス・エリクソンは、今年、アロー・シュミット・ピーターソン・モータースポーツからインディカーに参戦。16戦に出場し、デトロイトでは2位表彰台を獲得。6周のリードラップを記録し、88.5%の周回を走行する安定した走りをみせた。

レッドブル 「インディカーのエアロスクリーンはF1のヘイローより強固」

2019年10月6日
レッドブル 「インディカーのエアロスクリーンはF1のヘイローより強固」
レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズは、2020年にインディカーに採用されるエアロスクリーンは、F1で使用されているヘイローよりも強力だとしている。

2018年にF1やF2などカテゴリーに導入されたヘイローは、コックピットでドライバーの頭部を保護するように設計されており、112キロニュートンの重量でテストが実施されているが、実際に耐えられる最大負荷は125キロニュートンだと述べられている。

インディカー、エアロスクリーンの初走行テストを完了

2019年10月3日
インディカー、エアロスクリーンの初走行テストを完了
インディカーは10月2日(水)、インディアナポリスでレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズと共同で2020年から導入されるエアロスクリーンの初走行テストを実施した。

テストはスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)とウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が担当。1周2.5マシンのオーバルコースでディクソンが128周、パワーが128周がほぼトラブルフリーを走り込んだ。

インディカー | 日立、2020年もチーム・ペンスキーのスポンサーシップを継続

2019年9月27日
インディカー
日立製作所は、米国インディカー・シリーズにおいてチーム・ペンスキーとのスポンサーシップを2020年も継続することを発表した。

グローバルな技術、電子機器、自動車機器事業を有する日立が2012年から開始したチーム・ペンスキーとの重要なパートナー関係を継続することに合意するものとなる。

インディカー | ホンダ、2年連続マニュファクチャラーズ・タイトルを獲得

2019年9月23日
インディカー
最終戦でハータがキャリア2勝目。Hondaは2年連続マニュファクチャラーズ・タイトルを獲得
2019年NTTインディカーシリーズ最終戦は、サンフランシスコから約100マイル、海沿いのリゾート地にあるウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ(全長2.238マイル)で開催され、コルトン・ハータ(Harding Steinbrenner Racing)がポールポジションから圧倒的なスピードを保って優勝を飾った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム