佐藤琢磨 2018年インディカー・シリーズ総集編DVDが1500枚限定で発売

2018年11月18日
佐藤琢磨 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨の2018年のインディカー・シリーズをまとめた総集編DVDが1500枚限定で発売されることが決定。全国のDVD取扱店で予約受付が開始されている。

2017年のインディ500)で日本人ドライバーとして初めて勝利を掴んだ佐藤琢磨は、翌2018シーズンでも第16戦ポートランド大会で勝利し、インディカー・シリーズにおけるキャリア通算3勝目を達成した。

マクラーレン、ボブ・ファーンリーをインディカー活動の責任者に任命

2018年11月16日
F1 マクラーレン インディカー ボブ・ファーンリー
マクラーレンは、元フォースインディアの副チーム代表であるボブ・ファーンリーをインディカー・プログラムの代表に任命した。

マクラーレンは、F1ブラジルGPの週末に、フェルナンド・アロンソとともに“マクラーレン・レーシング”として2019年のインディ500に参戦することを発表。

2017年にはアンドレッティ・オートスポーツとの提携に完全に頼っていたが、2019年の参戦には独自のスタッフを起用する予定となっている。

マクラーレン、2019年のインディ500参戦のために専用チームを結成

2018年11月13日
F1 マクラーレン インディ500
マクラーレンは、2019年にフェルナンド・アロンソと参戦するインディ500では、昨年アンドレッティ・オートスポーツと提携したような体制ではなく、独自のチームを結成して挑むとしている。

マクラーレンは11月10日(土)、フェルナンド・アロンソとともに2019年のインディ500に参戦することを発表。マクラーレン&アロンソのタッグは2017年に続いて2度目となる。

マクラーレン&フェルナンド・アロンソ、2019年のインディ500参戦を発表

2018年11月11日
F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ インディ500
マクラーレンは、フェルナンド・アロンソとともに2019年のインディ500に参戦することを発表した。

今年でF1からの事実上の引退を発表しているフェルナンド・アロンソが、インディ500に再挑戦することが発表された。F1モナコGPとル・マン24時間レースを制しているアロンソは、グラハム・ヒルに次ぐ、史上2人目の“3冠”達成をキャリアの目標に掲げている。

マーカス・エリクソン 「インディカーは再び勝利や表彰台を争うチャンス」

2018年11月3日
F1 マーカス・エリクソン インディカー
ザウバーのF1ドライバーであるマーカス・エリクソンは、来年インディカー・シリーズに転向することで、再びレースで優勝するチャンスを得られることを期待していると語る。

2014年にケータハムでF1デビューを果たし、翌年からザウバーで戦ってきたマーカス・エリクソンだったが、チームが定期的にポイントを目指せるようになったのは今シーズンが初めてだった。

インディカー、COTAでF1マシンより15秒遅いタイム

2018年11月2日
インディカー F1
インディカーは、2019年に初めてレースを行うサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)でテストを実施。F1マシンよりも大きく遅いタイムとなった。

月曜日に行われたテストには3チームが参加。トニー・カナーン(AJフォイト)、RC エナーソン(カーリン)、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)がF1アメリカGPの舞台でもあるCOTAで走行を行った。

インディカー | マルコ・アンドレッティ、自身の98号車のエントリーに投資

2018年11月2日
マルコ・アンドレッティ インディカー
マルコ・アンドレッティは、2019年の98号車のエントリーに投資。正式エントリー名は『Andretti Herta Autosport w/ Marco Andretti & Curb-Agajanian』となる。

ブランアン・ハータ・オートスポーツは、2016年シーズンからアンドレッティ・オートスポーツと提携して98号車をアレクサンダー・ロッシが走らせていたが、2018年にマルコ・アンドレッティは27号車のエントリーと交換していた。

マーカス・エリクソン、2019年のインディカーにSPMからフル参戦

2018年10月31日
F1 マーカス・エリクソン インディカー
マーカス・エリクソンが、2019年のインディカー・シリーズにシュミット・ピーターソン・モータースポーツ(SPM)からフル参戦することが発表された。

今季ザウバーのF1ドライバーを務めるマーカス・エリクソン(28歳)だが、来月のF1アブダビGPをもって一旦F1グリッドを離れることが決定している。

ロバート・ウィッケンズ、事故による下半身麻痺の障害を公表

2018年10月27日
F1 ロバート・ウィッケンズ
ロバート・ウィッケンズが、インディカーの事故によって脊髄損傷による下肢の障害について自身のTwitterで報告した。

ロバート・ウィッケンズは、インディカー 第13戦 ポコノの決勝レースで大クラッシュを喫して、下肢・右腕・首、脊椎を骨折。リーハイ・バレー病院で治療を続けている。10月26日には動画を公開し、下肢の障害によって自立歩行ができない状況にあることを告白していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム