ホンダF1の2021年02月のF1情報を一覧表示します。

アレクサンダー・アルボン 「自分の仕事がRB16Bに生かされている」

2021年2月28日
アレクサンダー・アルボン 「自分の仕事がRB16Bに生かされている」
2021年のレッドブル・レーシングのF1シートを失ったアレクサンダー・アルボンだが、リザーブ兼開発ドライバーとして、昨年自分とチームメイトのマックス・フェルスタッペンが苦労したRB16より、チームのエンジニアが今季マシン『RB16B』をより運転しやすいマシンに進化させるのを手助けするために、冬の間にシミュレーターで忙しく作業を行っている。

セルジオ・ペレス 「フェルスタッペンに対して経験は大きな武器になる」

2021年2月28日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンに対して経験は大きな武器になる」
レッドブル・ホンダF1に新加入したセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとの戦いにおいて、自分がF1キャリアで培ってきた豊富な経験が大きな武器になると考えている。

前任者のアレクサンダー・アルボンは、2020年にレッドブル・レーシングの期待に応えることができず、今年、チームはマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして、レッドブルのタレントプール外のドライバーであるセルジオ・ペレスと契約を結んだ。

F1シート喪失のアレクサンダー・アルボン 「角田裕毅に恨みはない」

2021年2月28日
F1シート喪失のアレクサンダー・アルボン 「角田裕毅に恨みはない」
2021年のレッドブルの4つのF1シートから外れたアレクサンダー・アルボンだが、レッドブルやアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす角田裕毅に“恨みはない”と語る。

2020年に期待された結果を残すことができなかったアレクサンダー・アルボンは、レッドブルがセルジオ・ペレスとの契約を決断したことでシートを喪失。2021年はレッドブルのリザーブ兼開発ドライバーを務めながら、ドイツツーリングカー選手権に参戦することが決定している。

角田裕毅 インタビュー 「僕は普通の20歳の男子ですよ」

2021年2月28日
角田裕毅 インタビュー 「僕は普通の20歳の男子ですよ」 / アルファタウリ・ホンダF1
角田裕毅は、2021年のF1世界選手権でアルファタウリ・ホンダからF1デビュー。2014年の小林可夢偉以来の日本人F1ドライバーが誕生する。

レッドブルがドライバーの宝石を見つけたという期待は高いが、日本人として21人目のF1ドライバーとなる角田裕毅がレースウィナーになれるかどうかは時が経たなければわからない。日本人ドライバーは、3人が表彰台を獲得しただけである。

セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンは独特の運転スタイルが必要」

2021年2月27日
セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンは独特の運転スタイルが必要」
セルジオ・ペレスは、一部のドライバーがレッドブルのF1マシンの取り扱いに苦労していた理由をすでに理解始めているようだ。

若く経験の浅いピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンが、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに一貫して匹敵できなかったことを受け、レッドブルは31歳のレースウィナーであるセルジオ・ペレスは2021年のドライバーラインナップに抜擢した。

【動画】 アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン

2021年2月27日
【動画】 アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン / 新型ノーズとフロントサスペンションが話題
アルファタウリ・ホンダF1 AT02のシェイクダウンの様子を収めた動画。2月24日(水)、スクーデリア・アルファタウリはイタリアのイモラ・サーキットで2021年F1マシン『AT02』のシェイクダウンを実施した。

角田裕毅とピエール・ガスリーが参加したアルファタウリ・ホンダF1 AT02のシェイクダウンは、フィルミングデーを使用して実施され、ピレリのデモ用タイヤで100km(イモラ・サーキットでは20周分)の走行に制限される。

マックス・フェルスタッペン、メルセデスF1移籍の噂も「考えていない」

2021年2月27日
マックス・フェルスタッペン、メルセデスF1移籍の噂も「考えていない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンが今シーズン限りで辞めた場合、2022年のメルセデスF1のシートに結びつけられているが、そのような憶測にはあまり注意を払っておらず、“自分自身に集中している”と主張する。

今月初め、メルセデスF1は7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンと2021年シーズンをカバーする1年契約を結んだことを発表した。

ホンダF1 田辺豊治TD 「ホンダとして全力で角田裕毅をサポートする」

2021年2月26日
ホンダF1 田辺豊治TD 「ホンダとして全力で角田裕毅をサポートする」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、今年アルファタウリ・ホンダF1でデビューを果たす角田裕毅をホンダとして“全力”でサポートすると語る。

ホンダにとって、育成してきた角田裕毅をF1デビューさせることは悲願でもある。日本人F1ドライバーとしては2014年の小林可夢偉以来であり、ホンダのドライバー育成プログラム出身者としては2002年から2008年まで参戦していた佐藤琢磨以来13年ぶりのF1ドライバーとなる。

マックス・フェルスタッペン、RB16Bを巡る“情報戦”の重要度を軽視

2021年2月26日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、RB16Bを巡る“情報戦”の重要度を軽視
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、RB16Bを取り巻く秘密についての“情報戦”の重要度を軽視している。

2020年から2021年のF1マシンの変更点は、厳しい制限によって最小限となっているが、レッドブル・ホンダF1は、RB16Bの画像を公開することについてひときわ神経質になっているようだ。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム