角田裕毅 インタビュー 「僕は普通の20歳の男子ですよ」 / アルファタウリ・ホンダF1
角田裕毅は、2021年のF1世界選手権でアルファタウリ・ホンダからF1デビュー。2014年の小林可夢偉以来の日本人F1ドライバーが誕生する。

レッドブルがドライバーの宝石を見つけたという期待は高いが、日本人として21人目のF1ドライバーとなる角田裕毅がレースウィナーになれるかどうかは時が経たなければわからない。日本人ドライバーは、3人が表彰台を獲得しただけである。

昨年のFIA-F2をランキングで3位に終え、2年前のF1マシンでの走行距離を重ねている角田裕毅は、目の前に待ち受けている挑戦への準備は整っている。

先週のアルファタウリ・ホンダF1の2021年F1マシン『AT02』の発売の際に、チームは2021年にグリッドで最年少のドライバーとなる20歳の角田裕毅のQ&Aを公開した。

F2でたった1年でF1にステップアップすることを期待していましたか?
いや、まったく! ドライバーとしての僕の最終目標であるF1に到達するには、結果を出すだけでなく、運も必要です。これはコントロールできないことです。ですから、僕サイドでは、常に最善を尽くさなければならないことを知っていました。注目を集めて、夢を叶えさせてくれるボスに感銘を与えられるかどうかは僕の手にかかっていました。すべてのシリーズで、非常に素早く強力なペースを発揮する必要があるので、キャリアの最初からうまくやることにコミットしていました。F2での初年度に何が達成できるかを示すことができて良かったですし、F1に早く卒業できてとてもうれしいです。

F2はF1へのこのステップのためにあなたを十分に準備したと思いますか?
そうですね。たくさんのコースを経験できましたし、タイヤマネジメントについてもたくさんのことを学ぶことができました。F2は、高いレベルでレーシングチームと仕事をすることの理解を深めてくれましたし、スクーデリア・アルファタウリでこの開発を続けることに興奮しています。学ぶべきことは常にたくさんありますが、F2は非常に有益な経験であり、F1での次の冒険を始める前の良いウォームアップでした。

F2との最大の違いは何だと思いますか?
もちろん、クルマのスピードは大きな違いですが、シーズンがずっと長いということもあります。技術的な面では、多くの違いがあり、それはかなり大きなステップです。複雑な手順がたくさんあり、できるだけ早く学ぶ必要があります。チームは非常に大きいため、報告するエンジニアがたくさんいます。さらに、最小限のダウンタイムで23レースをカバーするために、肉体的にも精神的にも十分に訓練され、強いままでいる必要があります。これもF2との大きな違いです。

2018年のSTR13と2019年のSTR14、そして、アブダビでのヤングドライバーテストでの2020年のAT01を運転し、すでにスクーデリア・アルファタウリとの経験があります。フルシーズンで彼らと一緒に仕事をするのはどんなものになると思いますか?
とてもフレンドリーなチームで、彼らとうまく仕事ができると確信しています。僕は彼らの情熱と彼らがイベントに備える方法が気に入っています。最初から良い関係でしたし、シーズンを通してお互いについてもっと学ぶようになるにつれて、そこは改善するはずです。幸運にもシーズン前にスクーデリア・アルファタウリと時間を過ごすことができたので、彼らから多くのことを学び、チーム全体との強い関係を築き続けています。

F1での最初のシーズンにどのくらい興奮していますか?
スタートを切ることに本当に興奮していますし、特に鈴鹿で日本のファンの前でレースをするのを楽しみにしています。前回鈴鹿でレースをしたのはF4だったので、大きな違いになりますが、F1で自分の国を代表する機会を得られることに本当に興奮しています。また、多くの新しい国を訪れ、さまざまなトラックでレースをすることを楽しみにしています。日本を除いて、僕が最も楽しみにしているサーキットの1つを選ぶ必要があるとすれば、それはモナコでしょう。たくさんの歴史があり、非常にチャレンジングなサーキットです。でも、僕にとって最大のことは、スポーツの非常に多くのスーパースターとグリッドに並ぶことです。世界で最も偉大なドライバーと競争することは本当に名誉なことです。

なぜレーシングナンバーとして「22」を選んだのですか?
カートでレースをしていたときの僕の番号は11でしたが、F1ではすでにセルジオペレスが取っています。そこで、2009年にF1世界選手権で優勝したジェンソンバトン(尊敬するドライバー)の数字だったので、2倍の22にしました。日本のドライバーの佐藤琢磨が番号でもあります。

より速く運転するモチベーションは何ですか?
他のドライバーを倒したいし、F1でレースに勝つ最初の日本人ドライバーにもなりたいと思っています。

あなたはホンダによって長い間サポートされてきました。彼らとの関係はどれほど重要で、今シーズンは彼らに何を期待しますか?
ホンダはF4に参戦からサポートしてくれて、キャリアの中で非常に重要な役割を果たしてきました。今シーズン、最高の結果を出すことで、彼らに感謝の気持ちを伝え、運転を通して感謝の気持ちを表すように頑張ります。彼らにとってはF1での最後の年であり、本当に残念ですが、エンジンパワーが向上した彼らにとっては良い年になると思います。今シーズンの僕の主な目標は、チーム、僕自身、そして、ホンダのために良い結果を出すことです。


F1での最初のシーズンにチームメイトのピエールから何を学ぶことができると思いますか?
ピエールは本当に速く、F1ですでに勝利を収めています。すべてのドライバーの最初の目標はチームメイトを倒すことですが、彼は打ち負かすのが難しいでしょう。彼がスーパーフォーミュラでレースをしていて、僕がF4でレースをしていたときに彼に会ったことを覚えています。彼は日本での初年度にほぼタイトルを獲得できそうでしたし、特にヨーロッパのドライバーにとっては非常に困難なことです。彼は素晴らしい才能を持っており、彼がチーム内でどれほど統合されているかをすでに見てきたので、今シーズン、彼からできるだけすべてをを学ぶことを楽しみにしています。

あなたは2021グリッドで最年少のドライバーになります。それについてどう思いますか?
マックス・フェルスタッペンは17歳でスタートしたので、年齢を重視する価値はないと思いますが、2000年に生まれた最初のドライバーになれたことを光栄に思います。

レーストラックから離れた角田裕毅はどんな人ですか?
普通の20歳の男の子です。ゲームが好きです。レースをしていないときは、日本の友達とゲームをしています。エーペックスレジェンズやコール・オブ・デューティーなどのシューティングゲームが好きです。ゲームをプレイしているときに、嫌いな人を狙って撃つことを想像します…うまくいくと、頑張れます! また、ウェイクボードやスノーボードなどを屋外で行うのも好きです。ミルトンキーズンには屋内スノーボードができる場所があります。一般的に身体を動かすことが好きです。スポーツとゲームは僕の心をリセットするのに役立ち、その後は気分がすっきりします。でも、現実的ではないので、レースゲームは好きではありません。

F1での最初のシーズンの目標は何ですか?
今シーズンの僕の主な目標は、早く学び、できるだけ早く結果を出すことです。常に最善を尽くさなければなりません。そうすれば、シーズンがどのように展開するかを見ることができると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ