セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンは独特の運転スタイルが必要」
セルジオ・ペレスは、一部のドライバーがレッドブルのF1マシンの取り扱いに苦労していた理由をすでに理解始めているようだ。

若く経験の浅いピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンが、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに一貫して匹敵できなかったことを受け、レッドブルは31歳のレースウィナーであるセルジオ・ペレスは2021年のドライバーラインナップに抜擢した。

今週、セルジオ・ペレスは、シルバーストンで『RB16B』のシェイクダウンと2019年F1マシン『RB15』でのテスト走行を実施。レッドブルのF1マシンのハンドリングを初めて味わった。

「シミュレーター、そして、マシンで僕の注意を引いたものの1つは、フロントエンドのグリップレベルだ。グリップレベルがとても高い」とセルジオ・ペレスはスペインのメディアに語った。

「すべてのドライバーがこのマシンを最適化できるわけではない理由をすぐに理解できる。そこからベストを引き出すのは簡単ではない。でも、見つけるのが難しいそのウィンドウを見つけられれば、かなり速くすることができる」

さらに詳しい説明を求められたセルジオ・ペレスは次のように続けた。

「非常に独特のドライビングスタイルを必要とするマシンだ。かなり特有だ。でも、スーパーカーだ」

セルジオ・ペレスは、前任者のアレクサンダー・アルボンとマシンのハンドリングについて話しさえしたと語る。

「彼は以前のマシンを運転しているし、ドライバーとして僕がマシンに乗り込んだときに彼が何を話していたのかはすぐに理解できだ。これはレッドブルの最大の強みの1つだけど、困難にしている部分の1つでもある」とセルジオ・ペレスは語った。

セルジオ・ペレスは、“約5レース”以内にレッドブルの2021年F1マシン『RB16B』で完全にスピードを上げることを期待していると語った。そして、その後の彼の探求は現在の1年契約の延長だ。

「間違いなく、1シーズンだけで終わらせるつもりはないと思ってレッドブルに来た。何年も留まってチャンピオンシップに勝ちたいと思っている」とセルジオ・ペレスは語った。

また、セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングでマックス・フェルスタッペンのチームメイトとなることの高いプレッシャーに対処できると考えている。

「物事がうまくいかないとき、プレッシャーは大きな打撃を与えるものだ」とセルジオ・ペレスは語った。

「でも、経験を積み、以前に経験していれば、適切なことに集中することができる。この機会は僕のキャリアの素晴らしいポイントになり、うまくいくと思う」

セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1