2021年02月のF1情報を一覧表示します。

セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンは独特の運転スタイルが必要」

2021年2月27日
セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンは独特の運転スタイルが必要」
セルジオ・ペレスは、一部のドライバーがレッドブルのF1マシンの取り扱いに苦労していた理由をすでに理解始めているようだ。

若く経験の浅いピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンが、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに一貫して匹敵できなかったことを受け、レッドブルは31歳のレースウィナーであるセルジオ・ペレスは2021年のドライバーラインナップに抜擢した。

【動画】 アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン

2021年2月27日
【動画】 アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン / 新型ノーズとフロントサスペンションが話題
アルファタウリ・ホンダF1 AT02のシェイクダウンの様子を収めた動画。2月24日(水)、スクーデリア・アルファタウリはイタリアのイモラ・サーキットで2021年F1マシン『AT02』のシェイクダウンを実施した。

角田裕毅とピエール・ガスリーが参加したアルファタウリ・ホンダF1 AT02のシェイクダウンは、フィルミングデーを使用して実施され、ピレリのデモ用タイヤで100km(イモラ・サーキットでは20周分)の走行に制限される。

F1:レッドブル・レーシング、eスポーツ専用施設の名称が決定

2021年2月27日
F1:レッドブル・レーシング、eスポーツ専用施設の名称が決定
レッドブル・レーシングeスポーツチーム専用施設の名称が『Red Bull Racing Erena(レッドブル・レーシング・イリーナ)」に決定した。

2020年12月、レッドブル・レーシングのeスポーツ部門が英国・ミルトンキーンズに新設する専用施設の正式名称を公募した。名称が採用された人には、マックス・フェルスタッペンとアレックス・アルボンのサイン入りゲーミングチェアPlayseat F1 Red Bull RacingとFanatec製のゲーミングギアがプレゼントされるという豪華な公募キャンペーンが展開され、約5,000人から名称が集められた。

フェラーリF1、2021年仕様のレーシングスーツを披露

2021年2月27日
フェラーリF1、2021年仕様のレーシングスーツを披露
フェラーリF1は、2021年のF1世界選手権でシャルル・ルクレールとカルロス・サインツが着用するレーシングスーツを公開した。

フェラーリF1は2月26日(金)に『TEAM LAUNCH』と題したオンライン発表会を開催。2021年に新たにチームを組むシャルル・ルクレールとカルロス・サインツが紹介され、チーム代表のマッティア・ビノットが2021年シーズンについて語った。

フェラーリF1 「SF21はストレートでのスピードを取り戻している」

2021年2月27日
フェラーリF1 「SF21はストレートでのスピードを取り戻している」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年F1マシン『SF21』が「かなりのスピードを取り戻している」と主張する。

2017年から2019年までコンストラクターズ選手権をメルセデスに次ぐ2位で終えてきたフェラーリだが、2020年はわずか3回の表彰台に留まり、ランキング6位まで転落。過去40年で最悪のシーズンとなった。

マックス・フェルスタッペン、メルセデスF1移籍の噂も「考えていない」

2021年2月27日
マックス・フェルスタッペン、メルセデスF1移籍の噂も「考えていない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンが今シーズン限りで辞めた場合、2022年のメルセデスF1のシートに結びつけられているが、そのような憶測にはあまり注意を払っておらず、“自分自身に集中している”と主張する。

今月初め、メルセデスF1は7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンと2021年シーズンをカバーする1年契約を結んだことを発表した。

フェルナンド・アロンソ、アルピーヌF1 A521の新車発表会を欠席

2021年2月27日
フェルナンド・アロンソ、アルピーヌF1 A521の新車発表会を欠席…自転車事故の影響
アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソが3月2日に開催される2021年F1マシン『A521』の新車発表会を大事をとって欠席することを発表した。

今月初め、フェルナンド・アロンソはスイスで自転車でトレーニング中に事故に巻き込まれ、顎を骨折して矯正手術を受けた。手術は成功し、2日間入院した後に帰国を許可されたアロンソは自宅で回復とシーズンの準備を進めている。

【動画】 アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』をシェイクダウン

2021年2月27日
【動画】 アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』をシェイクダウン
アルファロメオF1は、2021年F1マシン『C41』のシェイクダウンを完了させた。

アルファロメオF1は2月26日(金)、スペインのカタロニア・サーキットでフィルミングデーを使用して2021年F1マシン『C41』のシェイクダウンを実施。テスト兼リザーブドライバーを務めるロバート・クビサがC41の初走行を担当した。

ホンダF1 田辺豊治TD 「ホンダとして全力で角田裕毅をサポートする」

2021年2月26日
ホンダF1 田辺豊治TD 「ホンダとして全力で角田裕毅をサポートする」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、今年アルファタウリ・ホンダF1でデビューを果たす角田裕毅をホンダとして“全力”でサポートすると語る。

ホンダにとって、育成してきた角田裕毅をF1デビューさせることは悲願でもある。日本人F1ドライバーとしては2014年の小林可夢偉以来であり、ホンダのドライバー育成プログラム出身者としては2002年から2008年まで参戦していた佐藤琢磨以来13年ぶりのF1ドライバーとなる。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 34 | 35 | 36 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム