ホンダF1 田辺豊治TD 「ホンダとして全力で角田裕毅をサポートする」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、今年アルファタウリ・ホンダF1でデビューを果たす角田裕毅をホンダとして“全力”でサポートすると語る。

ホンダにとって、育成してきた角田裕毅をF1デビューさせることは悲願でもある。日本人F1ドライバーとしては2014年の小林可夢偉以来であり、ホンダのドライバー育成プログラム出身者としては2002年から2008年まで参戦していた佐藤琢磨以来13年ぶりのF1ドライバーとなる。

田辺豊治は「長年ホンダがサポートしてきたドライバーがスクーデリア・アルファタウリからF1デビューを果たすのはとても嬉しいですね」とコメント。

「角田裕毅は7年前の小林可夢偉以来の日本人ドライバーになります。彼はF1でこれまで経験したことがないような状況や困難に見舞われるでしょう。でも、彼はF3とF2で本当に素早く適応し、進歩してきたので、F1でレースをするたびに学んで成長していくと思います」

「彼は、特に日本から多くの注目を集めるでしょう。それは彼にとっては余分なプレッシャーになるかもしれなませんが、F1でも攻撃的なレーシング・スタイルを続けてほしいです。ホンダは全力で彼をサポートします」

角田裕毅も、ホンダのために良い結果を出したいと語る。

「ホンダはF4に入ってからサポートしてくれて、キャリアの中で非常に重要な役割を果たしてきました」と角田裕毅はコメント。

「今シーズン、最高の結果を出すことで、彼らに感謝の気持ちを伝え、運転を通して感謝の気持ちを表すように頑張ります」

「彼らにとってはF1での最後の年であり、本当に残念ですが、エンジンパワーが向上した彼らにとっては良い年になると思います。今シーズンの僕の主な目標は、チーム、僕自身、そして、ホンダのために良い結果を出すことです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / アルファタウリ / 角田裕毅